【まとめ】波動の高い人特徴って?

 

「波動が高い」というのは、波動が軽いということです。

波動には高さ・低さではなく、軽い・重いの2種類があります。

そのどちらも、自分がどちらを体験したいのか?ということが重要なのであって、どちらが素晴らしくて、どちらがダメなものということでもありません。

 

そこで、今回は、波動が高い(軽い)人の特徴を挙げていきたいと思います。

そこに当てはまるかどうかということで、自分を判断するのではなく、挙げている特長を見て、「自分はどうかな?」と自分のことを俯瞰してみてください。

俯瞰することで、自分の状態や、軽さ・重さなどがわかるようになっていきます。

参考までにどうぞ!

 

 

話している言葉を聞く。

 

言葉は波動です。

言葉という音の波は、自分にも、その言葉を聞いた周りにも波動エネルギーを伝えていきます。

 

だから、楽しそうに話していると、話を聞きたくなりますし、つまらない話は聞いていて退屈になると思います。

それは、まさに言葉の文字ではなく波動を受け取っているということなのです。

 

自分自身を比べてみるとわかると思いますが、軽い波動に共振し、ご機嫌に過ごしているときで出てくる言葉と、余裕がなく必死なときの言葉、どちらが楽しそうな言葉を話していますか?

話している内容は、全然違うと思うのです。

その違いこそが、波動の違いとも言えるのです。

 

波動の軽い人の言葉は、楽しく感じたり、気持ちよく感じたり、フワッと軽くなった感じがしたりします。

目の前にいる人の話している言葉が、自分の感覚でどう感じるのか

それを意識してみてください。

 

波動の高さ(軽さ)が体験したいのであれば、アナタ自身がそう感じる人と一緒にいてみてください。

 

 

やっている行動を感じてみる。

 

波動が高く(軽く)なると、行動も変わります。

例えば、自分自身に置き換えてもらうとわかりやすいと思いますが、ご機嫌なときに取る行動や、余裕があるときに出来る行動と、不機嫌なときや余裕がないときに取る行動は違うと思います。

 

電車に余裕を持って乗れるときは、改札で目の前の人がもたついても、特に何も思わないと思いますが、目の前に乗りたい電車が来ていて、もたつかれると、「早くして!」と思うと思います。

 

そして、余裕がないときに出る行動は、尊重がなかったり、身勝手だったりします。

 

だからこそ、波動が高い・低い(軽い・重い)に関わらず、どんなときも余裕は大切です。

でも、余裕があるのに、余裕がないときと同じ行動を起こす方もいます。

それは、その人の選んだ行動なので、それ自体が良いとか悪いとかそういうことではありません。

 

ただ、自分のエネルギーを考えたときに、それをアナタも選ぶのかどうかということです。

 

余裕がないときのように(あくまで例です)、周りに尊重がなく身勝手な行動を起こしている人のエネルギーを想像してみて下さい。

そこにある自分の中のエネルギーをイメージしてみてください。

軽いのか、重いのか。

また、自分のその行動は、周りからどんな気分で見られるのか。

 

表立って、アナタの思考が出るわけではありません。

でも、自分はどういった思考でその行動を取ったのか知っています。

自分が知っているということは、そのエネルギーが共振し、自分の波動に影響を及ぼします

 

だからこそ、波動の軽い人の行動を見ると、とても気持ちよく感じるのです。

どんなに社会的に良いことをしても、なぜか気持ち悪く感じるというのは、行動している人のエネルギーを感じ取っているからなのです。

 

行動を感じると言うのは、行動自体を見るのではなく、その行動のエネルギーを感じてみてください。

すると、その人の中にある本当のエネルギーを感じられます。

 

 

一緒に居るときの自分の体の反応を感じる。

 

言葉と行動でもお伝えしてきましたが、大切なのは目の前の人の行動ではなく、アナタがどう感じたのか?ということです。

例えば、遅刻した人を待っていて、「怒る人」と「気にしない人」と分かれると思います。

それは、「遅刻」という同じ行動を見たとしても、別の側面で捉えているからなのです。

 

そして、そのエネルギーは、相手ではなく自分に返って来ます

遅刻で対立のエネルギーを出せば、アナタがその対立のエネルギーを感じ、自分のエネルギーを対立にすることになります。

だから、その対立のエネルギーを現実に引き寄せ、対立の中に生きることになります。

 

でも、遅刻をしても対立ではなく調和のエネルギーを出していれば(これはニコニコ何でも許すということではありません)、自分の中は調和のエネルギーになります。

(詳しくはこちら

「コミュニケーションが苦手なら・・・」

だから調和の世界を生きることになるのです。

 

相手がどんなことをしても、自分のエネルギーを感じるようにしてみてください

もし、ざわつくような感覚になったら、何が自分をざわつかせているのか、その原因を自分で探してみてください。

原因が見つかって、昇華することができれば、同じことが起こっても、アナタの中に対立の波はたちません。

対立の波が立たないということは、自分の中のエネルギーは変化しないで軽いままだということです。

 

アナタ自身が、それを理解できるようになると、自然に相手と自分が合うかどうかはわかるようになってきます。

「明確にこれが違うから一緒に居られない(居たくない)。」というよりも、「なんとなく感覚的に一緒に居たくない。」と思うようになります。

 

見分ける要因として考えるのではなく、あくまで感覚なのですが、自分のことがわかっているから、相手の特徴を掴むことができる、ということになります。

 

 

大切にしていることを聞いてみる。

 

アナタ自身に当てはめてみて欲しいのですが、自分の大切にしていることは、その人となりが出ます。

だから、聞いてみてください。

これも、大切にしていることが良い・悪いの違いはありません。

ただ、その話をしているときのエネルギーを感じてみてください。

 

本当にそう思っているのか。

心から大切にしたいと思っているのか。

 

言葉ではないエネルギーを感じることで、その人のことがわかります。

 

仮に、自分と違う価値観を持っていたとしても、自分の感覚がその人といて気持ちがいいと思うのであれば、それでいいのです

感覚として、自分と似ているのか。

また自分の大切にしていることを尊重してくれるのか。

ということが大切です。

 

これが正しい感覚というものはありません。

自分が正しいと思った感覚が正しいのです。

 

 

自分で自分の答えを出せているのかを感じてみる。

 

「自分で自分の答えを出し、それを実行できているか」

ということは、とても大切です。

 

この世界に、決まった答えはありません。

誰も、アナタの世界の正しさを決める権利を持っていません。

自分の現実を決める権利を持っているのは、自分です。

 

だからこそ、自由に決めることが出来ます。

どんな答えにしても、どんな行動を起こしても、自由です。

 

ただ、その答えや行動に乗っているエネルギーがどんなエネルギーなのかによって、体験する世界は変わります。

軽い世界に生きたいのであれば、調和のエネルギーで満たせばいいですし、重い世界に生きたければ、対立のエネルギーで満たせばいいのです。

 

その答えを自分で選べているのか。

自分でこっちと決められているのか。

 

それを感じてみてください。

 

波動が軽く、自分の楽しい世界を生きていると、すべてを自分で決めています。

それは、今まで書いたことを知っているからです。

 

自分の楽しい。

自分の軽い。

自分の調和。

 

そのエネルギーが自分を作り出していることを知っています。

 

「自分で決める」という権利を、他人に渡す必要はありません。

そして、みんなが選んでいることを選ぶ必要もないのです。

 

それが自立へとつながります。

軽く楽しい世界を生きている人は、自分の足で立っています。

 

 

依存の関係から抜け出す。

 

自分で自分の答えを決められる。

そして、自分の信じたことをやり切れる。

もし、壁にぶつかっても、自分の力で突破できる。

 

それが自立です。

 

アドバイスを聞くことはあっても、最後は自分だということを知っています。

だから、自分に起こっている出来事を人のせいにしません。

 

依存ではなく、提供しあうことが出来ます。

自分のできないことを人に頼めるし、自分のできることは、提供します。

 

そこに罪悪感は微塵もありません。

提供しあうことが、循環すること知っているからです。

 

だからこそ、ある意味とてもドライな関係です。

必要であれば一緒に居るし、必要でなければ一緒にいることはありません。

 

でも、べたべたすることもないので、とても風通しはいい関係性でいることができます。

 

波動が軽くなると、人と一緒に居る時間は短くなるかもしれません。

だから孤独を感じることもあると思います。

 

でも孤独と孤立は違います。

 

孤独を感じたら、スッと目をつぶって、自分の周りの存在を感じてみてください。

きっと、たくさんの存在を感じることができると思います。

 

人といる時間が長いからといって、それが充実しているわけではありません。

大切なのは、長さではなく、濃さです。

濃いエネルギーの交換が出来るのか。

それが大切なことなのです。

 

 

まとめ

 

波動の高い人の特徴はいかがでしたか??

 

「これが答えだ!」ということはありません。

だからこそ、アナタの感覚、アナタが「これが正解だ」と思うことが大切です

(この視点については、こちらの記事もどうぞ

「自信を持つことを決めるのも自分自身。」

 

そのために、自分の中の感覚に置き換えて、話を進めてきました。

 

この記事で、自分が当てはまるかどうかということは決して重要ではないのです。

そこを間違えてしまうと、ずっと誰かに提示された答えを生き続けることになります。

 

それは、とても不自由なことなのです。

 

自分の人生の答えは、自分の中にあります。

むしろ、自分の中以外に答えはありません。

 

ここから変えていくことは、自由です。

「軽く楽しい世界を生きて生きたい。」

「その世界にシフトしていきたい。」

もし、そう感じているのであれば、ぜひ、自分の感覚で自分の答えを見つけてみてください。

 

軽い波動に包まれて、調和のエネルギーを感じ、自分の真実を実行していけば、特別なことは必要ありませんよ。