現実はつながっていない。

 

現実は、すごくあやふやです。

人の数だけ視点があって、

人の数だけ答えがあります。

 

それが面白いわけですが、

まったく同じだったらどうでしょうか??笑

 

まさにロボットになりますよね。

 

同じ現実を見ていて、

同じ情報を手にし、

同じことに興味を持つ・・・

 

個性のかけらもないです。笑

 

でもこれって、よーく考えると、

「常識」と言われているものがそうだったりします。

 

同じ価値観を植え付けて、

民主主義だと少数の意見を無視するやり方・・・

これ以上は危険なので書きませんが・・・

 

というわけで、今日のメッセージです。

 

 

本日のチャネリングメッセージです。

 

今は今しかありません。

そして、今だと認知した瞬間、過去になります。

 

つまり、今を今だとマインドが感じた瞬間には、もう過去になって古くなっているのです。

 

その古くなった過去は、

パラパラ漫画のような形で、記憶として残ります。

 

だから連続しているように見えるだけで、

それぞれの絵はつながっていません。

 

つながっていないということは、

それぞれが独立しています。

 

その一つ一つに、思考と選択肢と決断が入っているのです。

 

思考して、選択肢を作って、それらのどれがいいかを選ぶ。

すると、次のパラパラ漫画を選ぶことができ、

また同じように、思考して、選択肢を作って、選ぶ。

この繰り返しが連続して、現実というものを作っているのです。

 

だから、

思考と、選択肢と、選ぶものが変われば、

次に見る絵は変わるということです。

 

同じような思考と、選択肢と、選ぶものであれば、

同じような絵になります。

 

時間という概念がなくなってくると、

そういったことに実感が持てるようになっていきます。

 

すると、いつどんなときでも、

自分がご機嫌になれる思考と選択肢を選ぶことができるのです。

(時間の概念についてはこちらの記事もどうぞ

「時間というものは幻想。」

 

パラパラ漫画で、それぞれが独立している絵なので、

絵を差し替えることができます。

 

これが過去を変えるということにもつながるのです。

 

絵を選びなおす。

そんなイメージです。

 

どんな絵を描くことも自由なのですが、

その絵を描くには何が必要なのか?ということを知っておく必要があります。

 

それが、さっきもお伝えしましたが思考エネルギーなのです。

 

思考エネルギーが、軽いものであれば、

出てくる選択肢も軽くなります。

選ぶ選択肢も軽くなります。

 

でも、思考エネルギーが重いものであれば、

出てくる選択肢も重くなりますし、選ぶ選択肢も重くなるのです。

 

次に描く漫画の絵が、

重くなるのはそういうことなのです。

 

もし、軽く生きたいのであれば、

思考エネルギーを軽く使ってみてください。

 

軽く使うには、自分が楽しくご機嫌で生きることです。

 

軽く楽しい波動に共振していれば、

そういった感覚はすぐに思い出すことができます。

 

思い出すことができれば、

頭の中にある思考エネルギーが軽くなるので、

いつも軽くて楽しい現実を作り出すことができるようになります。

 

現実の一つ一つは、つながっていないので、

いつでも切り替えられるのです。

 

この文章を読んで、軽い波動に共振すると確信すれば、

今この瞬間から変えることができます。

 

自分の自由にご機嫌な現実を、

この瞬間から作ってみてくださいね。

(ご機嫌な現実をつくるコツはこちら!

「ご機嫌な状態を作る方法。」

 

 

まとめ

 

例えば、

すべての現実がつながっていたらどうなると思いますか??笑

 

すべての記憶が明確で、

すべての出来事が単一的な直線のなかにある。

 

そんなイメージですかね・・・

 

記憶はすごくあいまいです。

人によって覚えていることが違います。

 

自分は覚えていても、

人は覚えていない。

 

そんなこともあると思いますが、

それは、どこに興味を持っているか、

必要だと感じているのか。

 

つまり、思考エネルギーをどこに流しているのか??

ということなのです。

 

思考エネルギーを流した先に、

現実ができます。

 

同じ空間にいると思っても、

見ている場所が違えば、感じ方は異なりますよね。

 

それは、それぞれが流している思考エネルギーが違うからなのです。

 

では、なぜ、同じような建物は見えるのか??ということですが、

それは社会にある共通認識に共振しているからなのです。

 

わかりやすく言えば、

テラの中の物質次元にある共通認識に共振していて、

それぞれがニンテンドー3DSをしています。

 

これが個人の意識です。

操作して動かすのが思考エネルギー、そんなイメージです。

 

そこにはソフトが必要ですよね。

 

それが共通認識です。

つまり、大元?というか、インストールしているソフト?そんなイメージです。

 

インストールしているソフトが、今見えている物質次元のテラのソフトになります。

だから、同じような建物や電車などが見えるのです。

 

ということは、ソフトを変えれば、見えるもの自体も変わっていくんですよ。笑

 

それを選んだもの自分なので、

選びなおすのも自分でできるのです。

 

そのキーポイントになるのが、

波動と思考の使い方だと思います。

 

ということは、一人ひとりが今まで遊んでいたソフトをやめていけば、

誰もそのソフトで遊ばなくなります。

 

それが、波動領域が変わって、

棲み分けていくということにつながるのです。

 

途中で話が変わっちゃいましたが・・・笑

そんなこともあるんだというくらいで読んでいただければと思います。

 

3次元ソフトを選ぶか、

5次元ソフトを選ぶのか、

それくらいの違いですよ~!!

(あわせてこちらの記事もどうぞ

「波動領域を変える。」