守りは循環を止める理由。

イメージしてみてください。

 

循環しているという確信を持って生きている姿を・・・

 

そこに、不安や恐れはありますか??

 

どんな物も、人も、体験も、

循環し、提供しあっている状態で、

不安や恐れを抱くことの方が難しいと思います。笑

 

つまり、

この世界にいる人たちが、自分が提供したいことを提供し合えば、

勝手に循環していくのです。

 

それがなぜ、物質次元のテラではできていないのか・・・

 

そこに支配構造の仕組みが隠されていますよ~~!!

(このお話は、書きたくても書けませ~ん(+o+))

 

 

本日のチャネリングメッセージです。

 

守ることはできません。

物質も、そうでないものも、

守るということは、循環を止めることになります。

 

そして、守るという言葉を感じてもらえればわかると思いますが、

とても固いのです。

 

例えば、ダムを作ることによって、水の循環は自然ではなくなります。

だから、ダムの貯水量を上回ると決壊し、壊れてしまうのです。

 

ダムが壊れた結果、

自然な流れでは起こりえない量の水が大量に流れることになります。

 

それは、結果的に破壊を生むことになるのです。

 

お金に関しても、同じことが言えます。

 

節約して使おうと思うと、ずっと節約する現実を体験しますし、

何かあったときのために・・・と、貯めていたら、その”何か”が起こって、自分が楽しくご機嫌になれないところにお金を流すことになるのです。

 

他には、

子どもが転ぶことを先回りして助けたとします。

その子は、転ぶとどうなるのか?ということを体験できません。

 

その結果、バランスを崩して転んだ時に、手を突くことができず、

大きなケガにつながります。

 

それも、小さな転ぶという自然な体験をしていれば、防げることなのです。

先回りする必要はまったくありません。

 

 

守るということは、

エネルギーが内向きに流れます。

 

エネルギーが内向きに流れるということは、

ダムのように、水が溜まっていくことになるのです。

 

溜まるということは、

いつか決壊します。

 

大雨であっても、自然の循環のままに流していれば、

問題は起こりません。

 

お金に関しても、自分の思うままに使っていても、

問題は起こらないのです。

 

これも、”思考が先、現実があと”ということになります。

 

ということは、

なぜ、最もらしい理由をつけてダムを建設しているのか。

最もらしい理由をつけて節約という価値観を広めているのか。

 

そういったことが行われている理由は想像がつくと思います。

 

物質次元を生きていく中で、

まったく同じ価値観に、たくさんの人が押し込められています。

 

その結果が、常識や倫理観と呼ばれているにすぎません。

だから、いくらでも変えることができるのです。

 

話は戻しますが、

守るということはできません。

 

だからと言って、攻める?ことも違います。

ただ、自然な循環を思い出してみてください。

 

必要なものを受け取る。

提供したいことを提供する。

すごくシンプルなはずです。

(提供の意味についてはこちらの記事もどうぞ

「楽しくできることを提供し合う。」

 

そうしていけば、「循環させなければ・・・」と思わなくても、自然に回っていきますよ。

 

 

まとめ

 

必要なものが必要なだけ手に入るということがわかると、

守る意味もなくなっていきます。笑

 

「どんな楽しいことをしていようかなあ。」

「どんなことしようかなあ。」

そんなことを考える時間が増えるのです。

 

例えば、

自分がこんな生活がしたいと思ったら、

その生活に必要なものはすべて揃っていきます。

 

”揃っていく”というのが大切です。

思考して、待っていて、すぐにそうなる・・・

というのは、物質次元では無理・・・ではないんですけど、

もう少し軽くならないと思い出せませんね。笑

 

イメージはできるんですが、

まだ実現できてません。

 

だから、今は物質次元のやり方をしているんです。

 

オーダーして、ピンときたことをやる。

これの繰り返しです。

 

すると、必要なものはそろっていきます。

 

守るわけでも、

攻めるわけでもなく、

ただ、ピンと閃いたことをやるだけなんです。

 

欲しいものを買う。

やりたいことをやってみる。

 

それで、十分いろんなものが手に入ります。

 

手に入る過程が、この物質次元の楽しみなんですよね。

「どんな閃きが来るかな??」

「どんなアイデアが出てくるかな??」

 

そんなことを考えていたら、

前に進んでいることになっています。

(閃きや現実化についてはこちら

「閃きやアイディアは夢を実現するサイン。」

 

そのくらい前に進んでいくことは、自然にできることなんです。

つまり、どの人も持っている力だということです。

 

行動力がない人はいません。

行動力がないんじゃなくて、

・肉体的にただ疲れている

・エネルギー不足

・これだ!と思うものがない

そんな状態だと思います。

 

ということは、その状態を解消すれば、

行動できるようになるんです。

 

逆に言えば、

どんなに頭の中で

「行動しなくちゃ!」

と思っても、疲れていたり、エネルギー不足だったら動けない・・・

ということなのです。

 

そりゃそうなんです。

ガソリンのない車なのに、アクセルを踏んでも動きません。

それと同じことをしようとしているんですから。笑

 

物質次元で体験したい現実は、

諦めなければ必ず手に入ります。

 

というよりも、本当に体験したいことは、

諦めるという選択肢は出てきませんよ~!!

 

波動体験セミナー
【 軽い波動を共有するぞプロジェクト!】
〜人間関係・健康への活用編〜

■ 東京:6月15日(土)

■ 兵庫・夙川:6月22日(土)

■ 兵庫・夙川:7月13日(土)

詳しくはこちら


軽い視点が欲しいなら
今西に相談してみる

誰にも言えないこと、周りに相談できないこと、頭の中がぐっちゃぐちゃで一人では解決できないことがあるならこちら。



ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。