楽しむために生きるという選択。

 

生きるために生きているのではなく、

楽しむために生きる選択を選んでみてください。

 

 

生きるための選択と、

楽しむための選択は、

選んでみると、自分の身体の反応が違います。

 

 

無味乾燥な感じだった選択が、

フワッと楽しい感じに変わっていきます。

 

 

そのフワッと楽しい感じが、

自分や、自分の周りにある波動への刺激になり、

その結果として、楽しく生きれる現実を創造していくのです。

 

 

だから、

ただただ、衣食住のために生活をしているのがイヤだと思えば、

どうすれば、楽しく生きれるようになるのかを考えてみてください。

 

 

自分のことを考えられて、

それをさらに現実に動かすことができるのは、自分だけです。

 

生きるために生きることも、

楽しむために生きることも、

選んでいるのは自分、だからこそ変えられます。

 

 

楽しむために生きるには、

「どうしたいのか。」

「何が必要なのか。」

それを感じてみると、自分にとって本当に必要なものが見えてきます。

体験したい現実が見えてきます。

 

 

それがわかれば、

それをオーダーし、

閃きや直感が出てきたら、その感覚で行動してみると、

タイミングよくその現実を体験することができるようになります。

 

 

「今の生活がイヤだ・・・」

だけで終わると、そこから抜け出す方法は見つかりません。

 

イヤなのであれば、

「どうすればそこから抜け出せるのか?」を考え、

自分で自分のご機嫌を考えてみてください。

 

 

それが、生きるために生きることから、

楽しむために生きる世界へ抜け出す方法です。

 

 

妥協することなく、

自分にとっての1番いいと思える現実を探してみてください。

 

 

それは、今「できること・できないこと」という視点ではなく、

「やりたいこと」という視点で考えてみてください。

 

 

できるかどうかで考えると、

今の自分や、過去の自分からしか想像することができなくなります。

 

 

今、仮にできなくても、

それがやりたいことであれば、

自分がそれをやっているイメージを作って遊んでみることが大切です。

 

 

イメージで遊んでいると、

その思考エネルギーが次の現実を創り始めます。

 

 

楽しく遊んでいるときのエネルギーは、

とても軽いエネルギーなので、軽く楽しい現実を作っていきます。

(軽いエネルギーについては、こちらの記事もどうぞ

「ご機嫌な状態を作ることで・・・。」

 

 

そして、

方向性を「楽しく生きるため」という方向性にしているので、

そのために必要な現実を作り出していくのです。

 

 

イメージを使って遊びながら、

楽しく生きるために必要な体験を積み重ねてみてくださいね。

(必要な体験を積み重ねてみる!

「物事がスムーズに動くって?」

 

ふわっと軽い現実を引き寄せる仕組みがわかる
波動入門ワークショップ!

波動を感じ、思考の使い方を知ることで、
自分を殺して生きるのではなく、
自分のために生きるという意味が
納得できて腑に落ちます。

日程はこちら!

【大阪】3月3日(日)
13:00〜16:00 ¥12,960(税込)

【博多】3月10日(日)
13:00〜16:00 ¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら

 

ハートの声を感じて心がウルっとする
90分の個人セッション。

思考を軽くすれば、軽く生きる方法が見つかります。
そのために、自分の今の状態を客観視する必要があるのです。
一人では見つけられない軽くなれる解決策を、
一緒に見つけていきましょう。

【博多】 3月9日(土)
17:00〜18:30 ¥21,600(税込)

【兵庫・西宮】 随時受付中!
90分
¥16,200(税込)

【オンライン】 随時受付中!
90分
¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら


波動・思考・引き寄せについて知っておきたい
55の音声講座

波動や思考・引き寄せをもう少し深く知りたい方への音声講座です。この音声講座を通じて、今までの日常が、かる〜く、楽しいものになればいいなと思って話しました。文字ではなかなか伝えられない細かなニュアンスも、音声だったら伝えられるので、音声を通じてお伝えしていきます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・エネルギーコンサルタント・カウンセラー・webクリエイター 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。