情報の取捨選択を意識してするようになると、重くなることがなくなる理由。

自分の見る情報や、聞く情報は自分で意識して選んでいくことが大事です。

そして、情報を選ぶ上で最も大事なのは、情報の中身とそこにあるエネルギーです。

 

情報の中身を見て・聞いて、自分の中がふわっと軽くなるのであれば、それは自分にとって軽くなれる情報だと思います。

逆に、情報を見ること、聞くことで自分が重く感じるのであれば、それは自分にとって重くなる情報になるのです。

 

ここで、権威や有名だから、すごい人だからと、この世界のアクセサリーを見ていると、それを見抜くことはできません。

「これだけ実績を出している人だから」という理由で情報を鵜呑みにすると、重くなってしまうということもあるということになります。

 

逆に、全く知らない人の情報でも、自分が「それだ!」と思うのであれば、その情報を聞くことで、自分のこれからを選ぶときの参考になるのです。

ここの選択を、無意識にしていると、自分の現実を意識して作ることが難しくなります。

 

何気なく情報を見てしまうと、それを受け入れるということと同じになります。

それはフォーカスできてしまうからです。

 

だから、テレビで同じニュースを何度も繰り返し行います。

内容がないにも関わらず、同じようなことをものすごく大きなこととして扱うことで興味を引き付けて、無意識領域に刷り込んでいくのです。

 

ただ見ているだけだから、大丈夫だということではありません。

見ているということは、フォーカスしているということです。

 

フォーカスは、そこに意識を向けるだけで、エネルギー的なリンクは起こるのです。

もし、エネルギーリンクがなかったら、自分の現実として目の前に現れることはありません。

ということは、ニュースを見ている時点で、そのエネルギーにフォーカスしていることになります。

 

そのニュースにある重いエネルギーに共振させるためには、とにかく大量に情報を流すのが手っ取り早いので、その方法をとっているんです。

それがテレビの役割になっているので、重要なのです。

 

だから、ただただつけているだけでも影響が出るので、鮮明に覚えていないけど、なんとなくそんなことを言っていたような気がするという状態になり、自分に似たような体験や、似たようなエネルギーの現実を作ることになるのです。

 

見たくないのであれば、見ないでください。

ここをはっきりさせない限りは、いつまでも重い情報に触れることになります。

 

それでもテレビが見たいのであれば、テレビを見ているということ積極的に選んでみるのです。

「自分は楽しむためにテレビを見る。」

という意識を持って情報に触れることができれば、自分が受け取るエネルギーを認識することができるので、それを昇華することもできます。

でも、無意識に、なんとなく選んでいると、自分がどんなエネルギーを受けているのかがわからないので、いざ意識して現実を作ろうとしても、無意識が大きすぎて、無意識のエネルギーの方が影響することで、意識したオーダーが通らないことになります。

 

だから、どんなにお願いしても現実化しないという現実になるのです。

 

どんな現実を作るにしても、仕入れる情報が必要になります。

それが、この世界で言われていることであれば、それは重い情報になるので、重い現実になります。

 

これは、この世界の仕組みを知ればよくわかることです。

 

軽くなるための情報は、表に出ていません。

これまでの常識や、よく言われていることのほとんどは、重くなるための情報です。

 

もし、本当に軽くなるための情報であれば、もうすでにこの世界は軽くなっていますし、軽くて普通になっているはずです。

でもそうではないということは、軽くならないんです。

 

軽くなるための情報は、マインドの外にあります。

それを得るには、マインドではない情報の受け取り方である感覚を知る必要があるです。

 

この方法が、閃めきやアイデアになるんですが、マインドを止めない限り、外から入ってくる情報を止めない限り、閃めきやアイデアが入り込む余地がなくなるので、得ることができないんです。

だから、マインドを止めるための方法として瞑想だったり、自分の中を整える方法だったりがあります。

ここまで理解して初めて、それらが役に立つんです。

 

それを「瞑想すればいい」と思って瞑想をするから、おかしくなっていきます。

自分の中を整えるにしても、あり方にしても、なぜそれらが必要なのか、それらをすることで何が得られて、どういう現実になっていくのか。

どういうエネルギーの違いがあるのか。

 

それらを理解できて初めて、実用化できるんです。

 

ただただ闇雲にやっていても効果はありませんし、効果を実感できないから、何も変わらないと思ってしまっているだけになります。

それは単純に「やり方」と「認識」を変えていけばそれで済みます。

 

そのための情報も、軽くなれるところからの情報を仕入れることができるから、軽くなれるのです。

話している人のエネルギーがどこにあるのか、どういうつもりで情報を発信しているのか。

そこをエネルギーレベルで判断できるから、自分が軽く楽しくうまくいく現実の作る情報を手に入れることができるようになります。

つまり、軽い情報を選べるようになるんです。

 

無闇に情報をたくさん仕入れればいいというわけではありません。

自分に合うもの、自分が軽くなれるもの。

それを仕入れてみてください。

そして使ってみてください。

 

使えば軽いものかわかります。

本当に軽いものは、軽くなれる実感と効果があるんです。

 

それは使った瞬間にわかります。

わかるのも、自分の軽い状態を理解しているからわかることになります。

 

毎日たくさんの情報を見たり、聞いたりしていると思いますが、その情報は、自分の意識の中でしっかりと軽いか・重いかを見極めて見てくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』