信じる・決めると現実は動く。

いつもお読みいただきありがとうございます^^

 

★ お知らせ ★

 

◆・◆・◆カードリーディングの予約受付中です◆・◆・◆

自分の状態を知って、どういう方向性に進むのか??
それをカートを通じて感じてみてください。
自分の中にある答えを探していきましょう!

兵庫と東京でやっています。

 

⇒詳しくはこちら

 

◆・◆・◆5次元アイディア会議◆・◆・◆

このサービスは、ご自分で事業をされていたり、
個人事業を営んでおられたり、
もうすでに自分で進まれている方に向けてのサービスになります。

煮詰まったり、アイディアが浮かばなかったり、
一人で考えることに限界を感じたり・・・

現状を突破したい方におススメです。

東京・名古屋・大阪・神戸でおこなっています。

 

⇒詳しくはこちら

◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆

 

では、今日のお話です!

 

現実を動かしたり、

現実を変えるには、

自分がなりたい状態を決めて、信じることが重要になります。

 

 

「信じる」

というのは、

100%信じるということです。

 

「100%信じる」というのは、空気を吸うことが当たり前だと思うレベルで信じられるということになります。

 

 

最初は、100%といかなくても、

小さな「出来た」を積み重ねていくことで、確信に変わります。

 

「確信」

これを感じることができたら、100%です。

 

 

あとは、疑わずに待つだけになります。

タイミングが来れば、現実が変わったり、動いたりしていくのです。

 

 

もちろん、タイミングがあるので、焦ることもあると思いますが、

タイミングは完璧なので、それを信じて待ってみてください。

(タイミングは、すべて完璧です。詳しくはこちらを読んでみてください)

 

 

そして、信じる以上に、

決めることが重要です。

 

 

決めなければ、何を信じていいのかわからないからです。

 

 

 

決める。

 

アナタがどんな現実を望んでいるのか。

それを決めてください。

 

具体的に、はっきりと決めてください。

(無料メルマガ『自分の内なる声を聞くぞ!大作戦♪』では、「アナタ」を確認するための情報をお伝えしています!ぜひ使ってみてくださいね。⇒ 無料メルマガはこちら

 

 

例えば、

「毎日寝てたいけど、収入がなくなるのは嫌だから仕事やならきゃ・・・」

という、「けど」という言葉を使ってイメージしないでください。

 

 

「けど」というのは、どっちつかずの状態になってしまいます。

 

 

それは、カーナビに、2つの住所を入れるようなものです。

2つもいれると、カーナビはどこに連れて行けばいいかわからなくなります。

 

 

「ここだ!」と決めてください。

「自分の現実はこうするんだ!」と決めてください。

 

 

決めるだけで、動き出します。

 

そのあとは、先ほどもお話しした「信じきる」ということが大事になります。

100%信じるのです。

 

 

 

自分の現実は、自分で決めることが出来ます。

そして、自由に思うままにすることもできるのです。

 

自分が1番望んでいる現実を、決めてください。

 

 

まずはそこが、スタートです。

そこから、どうすればその現実が手に入るのかを具体的に考えてみてください。

 

 

分かれ道になった時には、直感やひらめきを頼りに進んでいけばいいと思います。

(直感について詳しくはこちらの記事をどうぞ)

それが、今まで理解できない選択だったとしても。

 

 

アナタの人生は、アナタの人生です。

自分で決めてみてくださいね。

 




5次元感覚で3次元を楽しむ♪
7日間で自分の声を聞くぞ!
大作戦♪

3次元を最大限楽しむには、5次元の概念が重要です。でもその概念はアナタの中に眠っていますよ~!






リーディングdeハートにリンク

カードリーディングを通じて、今の状態を知り、今よりもより豊かになるヒント・新しい方向性を得てみてくださいね~^^












5次元アイディア会議

5次元感覚で行うビジネスコンサルです。
アイディアが出てこない、現状を突破したい方にオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

世の中が楽しく、軽い波動で満ち溢れた世界になるために”楽しく”奮闘中。 「せっかくだったら人間の持っている力を最大限発揮して、地球をおもいっきり楽しんじゃえばいい!!」 そのための情報(ブログ・メルマガ)を提供し続けています。