波動とテコの原理と自転車の乗り方。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

波動がわかるという状態。

波動エネルギーという、目に見えないものを捉えるためには、今まで使ってこなかった感覚を頼る必要があります。

今まで使ってこなかったものですので、どうしても「ん?」と思うようなことも出てくると思いますが、それはワークで解決できるものです。

僕も波動を知った最初は「こういうことかな?」という程度の理解でしたし、そこから毎日波動を意識することで、確信を得ることができました。

 

ワークを実践することで、波動というものがアナタの意識の中に入ってきます。

意識の中に入るだけでも、日常において様々な感覚の違いを楽しめると思いますし、これまでとは違った感覚、考え、気分を体験できるはずです。

 

テコの原理を当たり前に知っている世界。

例えば、「テコの原理」というものがありますよね。

これは、それがどういうものなのかを理解しているし、実際に使うことがあるから、わかることになります。

もし、アナタがテコの原理を知らなかったら、重いものを持ち上げるときにすごくパワーを使うことになりますよね。

 

でも、テコの原理を知っていれば、それをやってみることもできます。

そして実際にできたら、「それが本当なんだ」と思えるはずです。

 

波動も一緒です。

波動という知識を知って、それを感覚と意識の中で感じることができ、実際に日常で試してみるからできるようになります。

 

波動を知らない状態は、たくさんの力で物を持ち上げるのと同じ。

知らなかったら、重いものをただ人力で必死になって持ち上げていたものが、テコの原理を実践することで、必死にならなくて済むのと同じように、波動がわかれば、この物質次元の原理を知ることができるので、力を入れる必要もなくなります。

だから、軽い気分で生きることができるのです。

 

イメージしてもられば、よくわかると思いますが、重いものを必死になって持ち上げるのと、原理を使ってスイっと持ち上げるのとでは、その後の体力が違うと思います。

これが、波動を感覚で知っているか、感覚で知らないかの違いと同じなのです。

 

波動というものが、感覚でわかれば、「あれ、こんな楽しくしていてもいいの?できるじゃん」と思えます。

さらに、今までと同じ現実を作るにしても、軽い気分で進んでいるだけで、今までと同じ現実、もしくはより楽しくなれるものは作れるようになるんです。

 

波動が軽くなるから、思考も軽くなる。

考え方や価値観、自分の現実を作っている思考エネルギーは、波動エネルギーを軽くしていれば軽くなっていきます。

それは、軽い波動に共振している自分がわかるから、知ることができるのです。

 

シンプルに、気分がいい時と、気分が良くないとき、アナタの考えることや行動は変わりますよね。

変わって普通なんです。

気分がいい時は、何があっても楽しいと思えるはずですが、気分が乗らない時は、無理に楽しいと思い込ませても、楽しくないはずです。

 

これって、どの波動エネルギーに共振しているのかが関わってくるのですが、共振している波動エネルギーを変えずして、浮かぶことを変えるのは難しいのです。

だから、大元である「自分の共振している波動を軽くする」必要がありますし、逆に言えばそれができれば、思考は軽くなるということになります。

 

波動が軽くなるから思考も軽くなる。

重い波動のまま、どんなに思考術を学んでも、思考を変えようとしても、新しい考え方を思い込ませようとしても、それでは軽くなりません。

軽くなるためには、大前提として軽い波動でいることが大事なのです。

 

そのエネルギーに共振した状態であれば、セルフイメージも高くなりますし、そこから出てくるアイデアも軽くなれるものになります。

思考を変えたいのであれば、思考単体をなんとかするのではなく、波動というもっと大きな視点で捉える必要があるんです。

 

自分のご機嫌が生み出す現実。

自分がご機嫌であるから、周りは自然とご機嫌になります。

周りのためにご機嫌になる必要はありません。

結果的に、周りには伝染していくんです。

それが波動エネルギーになります。

 

逆に言えば、アナタの共振している波動エネルギーを変えない限り、何も変わらないんです。

 

自分が軽くなるから、周りは軽くなるかもしれません。

自分が幸せになるから、周りも幸せになるかもしれません。

 

なぜ、「かもしれない」という表現になるかというと、アナタの周りがそれを望んでいるのかがわからないからです。

望んでいるかどうかがわからないことを、アナタが考える必要もないということです。

 

波動を学ぶと結果的に、周りのためにもなります。

自分のために、自分で生きるんです。

自分のために、軽くしていればいいんです。

その上で周りがどうなるのかは、周りの自由だということになります。

 

僕の場合は、僕が楽しくなればなるほど、幸せになればなるほど、豊かになればなるほど、周りは同じようになっていきました。

とは言っても、関わる全員が同じようにそうなったわけではなく、僕と同じような方向性を持っている方や、楽しみたいと思っている方はそうなったのです。

 

合う・合わないが別れるからこそ、人間関係はより風通しのいいものになります。

一緒にいたいと思える人に対して、尊重が当たり前になっていくのです。

これが調和の世界だと思います。

 

無理をする=尊重はそこにない。

一緒にいたくない人と一緒にいる、誰でも仲良くしていくのが、調和の世界ではありません。

アナタが合わないと思っているのに、その人と一緒にいるのは、アナタ自身の想いを尊重できていないということになります。

ということは、出ているエネルギーは「重い」んです。

その状態で人間関係がうまくいくはずがないんです。

 

それをやめれば、新しい人間関係を作っていくことができるのです。

それも、波動がわかれば、「できる」と思えるようになります。

 

なんでも自分で作ることができると思えるのも、波動エネルギーというものが意識の中に入って、実際に日常で感じてみて、ご機嫌な方に動いていくからわかることです。

 

波動を実感できるワークについて。

波動を実感できるワークについて、いくつかまとめています。

文章での解説を読みたい場合は、以下の記事がおすすめです。

【実践的なまとめ】波動エネルギーを軽く整える方法。

波動エネルギーを確信できるトレーニング方法。

波動エネルギーがわかると「できる現実」の作り方がわかる理由。

 

動画での解説は以下の記事にまとめています。

波動が理解できるセルフワークについての解説。

 

自分でやってもよくわからないのであれば、体感しにきてください。

波動マスタープログラム

 

僕が、アナタのエネルギー状態を見ながら、感覚が最大限感じられるポイントをガイドしていきますので、わかるようになると思います。

 

まとめ

波動エネルギーは一度わかれば、意識しなくてもわかるようになっていきます。

それこそ、自転車に乗るのと同じことです。

 

一度でも乗れるようになれば、乗り方をいちいち思い出さなくても乗れると思います。

それと同じように、波動も1度意識の中に持ってくることができれば、特別意識しなくても、感覚を使いこなせるようになるのです。

だからこそ、波動の感覚を思い出すことができれば、これから生きていく時間が、軽くご機嫌になっていくと思います。

 

波動の面白さをぜひ体感してみてくださいね。

よければシェアをお願いします!