「お金というエネルギーを循環させる」と考えるのは、ただのおごり。

「お金」というのは、エネルギーの循環を表すツールの一つです。

それが、今は支配のために使われています。

 

そして、

まったく違う2つの価値観を僕たちに埋め込ませることによって、

どうしたらいいのかわからない混乱状態にさせています。

 

その価値観の一つは、

「お金は素晴らしいです。」

「たくさん持てばこんな暮らしが出来ますよ~!」

と、お金持ちの姿をテレビで流します。

すると、憧れますよね??

「私もこんな生活がしてみたい!!」と、思わせるのです。

 

そして、一方では、

破産した人の日常を流すのです。

 

「たくさん稼いだ人は、このように転落していきますよ~!」

というイメージを植えつけます。

 

すると、

「お金をたくさん持てば、優雅な暮らしが出来る!」という価値観と、

「お金をたくさん持ったら、転落して人生真っ暗!」という価値観を持たされることになります。

 

この2つの価値観の中で揺れ動き、

アクセルとブレーキを同時に踏むような状態になってしまうのです。

 

車で、アクセルとブレーキを同時に踏むとどうなるでしょうか???

そうです、動きません。

 

むしろ、

エンジン(人で言えば脳)が熱くなって、壊れてしまいます。

人間の場合、疲れてしまうのです。

 

このようにして、

思考を操作し、アナタがどこにも行けないように操作しているのです。

 

もう一度、「お金」というものの正体を見てみてください

「お金というのは何か?」を考えてみてください。

 

お金がたくさんある(銀行口座にたくさんある)から、楽しい生活が出来るのではありませんよね???

お金を使って初めて、何かをすることができるのです。

 

そして、お金というエネルギーが流れるから、

アナタの人生は面白くなっていきます。

選択肢が広がっていきます。

 

ただただ、握り締めていても、何にもなりません。

 

お金が減るということに対しての変化を怖がらないでください。

いくら握りしめても、握りしめただけでは安心できません。

減ったり、増えたりするから、その流れの中を生きていけるので安心できます。

 

川をいくら堰き止めても、そこにある水がなくなったらどうしようと不安になりますが、いつでも流れている川があれば、水を心配する必要はありません。

 

変化しないほうが不自然なのです。

変化することが自然なのです。

 

流れている川の辺りで水を飲む。

その感覚に慣れていってください。

 

お金で言えば、アナタが流せば、ほかの誰かにも入ります。

その人が流せば、誰かに入ります。

その誰かが、回りまわって、アナタに流してくれるのです。

 

それだけのことです。

循環させようなんて思わなくても、生きていれば流れていきます。

無理する必要はないんです。

ただ、自分が欲しいものを買っていけば、それでいいんですよ。

 

そうしていけば、周りもそうやって生きている人が現れてきます。

 

関連記事

「損しない生き方をやめてみると、損することがなくなる理由。」

「守りは循環を止める理由。」

「お金はエネルギーだとしたら感謝のエネルギー。」

「エネルギーは無限に循環していることがわかれば、安心感を得られるワケ。」

「共振する情報を選ぶことで、重い波動に惑わされなくなる理由。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!