お金というエネルギーの循環。

 

「お金」というのは、エネルギーの循環を表すツールの一つです。

 

それが、今は支配のために使われています。

 

そして、

まったく違う2つの価値観を僕たちに埋め込ませることによって、

どうしたらいいのかわからない混乱状態にさせています。

 

 

その価値観の一つは、

「お金は素晴らしいです。」

「たくさん持てばこんな暮らしが出来ますよ~!」

と、お金持ちの姿をテレビで流します。

すると、憧れますよね??

 

 

「私もこんな生活がしてみたい!!」

と、思わせるのです。

 

 

そして、一方では、

破産した人の日常を流すのです。

 

 

「たくさん稼いだ人は、このように転落していきますよ~!」

というイメージを植えつけます。

 

 

すると、

「お金をたくさん持てば、優雅な暮らしが出来る!」

という価値観と、

「お金をたくさん持ったら、転落して人生真っ暗!」

という価値観を持たされることになります。

 

 

この2つの価値観の中で揺れ動き、

アクセルとブレーキを同時に踏むような状態になってしまうのです。

 

 

車で、アクセルとブレーキを同時に踏むとどうなるでしょうか???

そうです、動きません。

 

 

むしろ、

エンジン(人で言えば脳)が熱くなって、壊れてしまいます。

人間の場合、疲れてしまうのです。

 

 

このようにして、

思考を操作し、アナタがどこにも行けないように操作しているのです。

 

 

もう一度、「お金」というものの正体を見てみてください

「お金というのは何か?」を考えてみてください。

 

 

お金がたくさんある(銀行口座にたくさんある)から、

楽しい生活が出来るのではありませんよね???

 

 

お金を使って初めて、

何かをすることができるのです。

 

 

そして、お金というエネルギーを循環させるからこそ、

アナタの人生は面白くなっていきます。

握り締めていても、何にもなりません。

(お金は感謝のエネルギーです。詳しくはこちらの記事をどうぞ

「お金はエネルギー。」

 

 

変化を怖がらないでください。

 

 

変化しないほうが不自然なのです。

変化することが自然なのです。

(変化についてはこちら

「エネルギーは無限に循環している。」

 

 

その感覚に慣れていってください。

 

 

そうすれば循環するので、アナタに入ってくることが増えていきます。

アナタが流せば、ほかの誰かにも入ります。

その人が流せば、誰かに入ります。

その誰かが、回りまわって、アナタに流してくれるのです。

 

 

ぜひ、アナタから始めてみて下さい。

「誰かがやったらやる。」

ではないのです。

 

 

少しずつでいいので始めていってみてくださいね。

 

ふわっと軽い現実を引き寄せる仕組みがわかる
波動入門ワークショップ!

波動を感じ、思考の使い方を知ることで、
自分を殺して生きるのではなく、
自分のために生きるという意味が
納得できて腑に落ちます。

日程はこちら!

【大阪】3月3日(日)
13:00〜16:00 ¥12,960(税込)

【博多】3月10日(日)
13:00〜16:00 ¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら

 

ハートの声を感じて心がウルっとする
90分の個人セッション。

思考を軽くすれば、軽く生きる方法が見つかります。
そのために、自分の今の状態を客観視する必要があるのです。
一人では見つけられない軽くなれる解決策を、
一緒に見つけていきましょう。

【博多】 3月9日(土)
17:00〜18:30 ¥21,600(税込)

【兵庫・西宮】 随時受付中!
90分
¥16,200(税込)

【オンライン】 随時受付中!
90分
¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら


波動・思考・引き寄せについて知っておきたい
55の音声講座

波動や思考・引き寄せをもう少し深く知りたい方への音声講座です。この音声講座を通じて、今までの日常が、かる〜く、楽しいものになればいいなと思って話しました。文字ではなかなか伝えられない細かなニュアンスも、音声だったら伝えられるので、音声を通じてお伝えしていきます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・エネルギーコンサルタント・カウンセラー・webクリエイター 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。