波動エネルギーを確信できるトレーニング方法。

この記事では、波動エネルギーを確信できるトレーニング方法について解説していきます。

波動エネルギーは、この世界のすべてです。

今この記事を読んでいるパソコンやスマホも波動エネルギーですし、パソコンやスマホと、自分の目の間にも波動エネルギーが敷き詰まっています。

そして、自分の肉体も波動エネルギーなのです。

それらについて解説していきます。

 

波動エネルギーを確信できるトレーニング方法。

波動エネルギーを確信するために必要なのは、自分の感じているエネルギーの違いを把握できるかどうかです。

自分が「軽い」と思えば、その思考エネルギーによって周りの波動は軽くなっていきますし、「重い」と思えば、その思考によって重いエネルギーになっていきます。

ということは、言葉を使って自分の思考エネルギーを意識的にすることができれば、波動エネルギーの違いを感じることができるのです。

 

また、それらを感じる前に、自分の波動エネルギーを軽くしておくとよりわかりやすいと思います。

✔️自分の波動を軽くする方法は、以下の記事を参考にしてください。

【実践的なまとめ】波動エネルギーを軽く整える方法。

 

この記事で書いていることを実践されると、感覚にフォーカスできる状態を生み出せるようになります。

その状態を意識的に作ることで、自分の状態を軽く、感覚にフォーカスできる方法を生み出すことができるのです。

 

その上で、これから解説する方法で波動エネルギーを感じてみてください。

 

波動エネルギー自体を感じる方法(1)

1、両手を自分の前に出します。

2、両手の間に大きなボール(ソフトボールくらい)を作るイメージで手を広げます。

3、手で作った空間に「エネルギーを固めます」とオーダーすることで、大きなエネルギーボールを作っていきます。

4、できてきたなと思ったら、手を動かしてみてください。ボールがあるように感じると思います。

5、波動エネルギーの塊を思考エネルギーのオーダーによって生み出し、それを揉む感覚で掴んでみると、波動エネルギーがあることが理解できるはずです。

 

波動エネルギー自体を感じる方法(2)

1、(1)と同じように、両掌の間にエネルギーボールを作ります。

2、そのボールを机の上に置いて、手を話します。その時に、「置く」ということをしっかりとオーダーしておいてください。ただ手を離すと、エネルギーの癒着が弱い時に崩れてなくなってしまうからです。

3、ボールを置いたとこに手をかざしていきます。すると、ボールを置いたところとそれ以外の部分での違いを感じられるはずです。

 

ボールのように波動エネルギーを固めた部分は、むにゅっとした感覚を感じられると思いますし、肌感覚が違ったり、温度が違ったりすると思います。

最初は小さな変化や違いだと思いますが、その思い込みこそ、波動エネルギーを感じるためには必要なことなので、小さな変化でも「できた」と感じてみてください。

 

わからなかったら、同じ手順でもう一度やって、小さな変化でも掴んでもらえればと思います。

 

波動エネルギー自体を感じる方法(3)

1、2つのコップに水を入れます。

2、1つのコップをじーっと握って、そこに「軽いエネルギーをいれる」とオーダーし、意識をそこに集中してみてください。

3、20秒くらい経ったら手を話します。

4、2つの水を飲み比べてみてください。飲む感覚が違うと思います。

 

この方法は、飲むという行動によって、水の波動エネルギーの違いを感じることができると思いますので、よりわかりやすいと思います。

軽い波動でもいいですし、自分の好きな波動で構いませんので、いろんなエネルギーを水に入れてみてください。

そうすると、波動エネルギーを体で感じることができます。

 

波動があるから、エネルギーボールが作れるし、水も変わるんです。

波動エネルギーがなくて、思考エネルギーで動かしていないのであれば、エネルギーボールができることもありませんし、水の飲む感じが変わることもありません。

大きな変化を最初から求めてしまうと、ちょっとした小さな変化を見落としてしまいます。

最初はほとんど分からなくらいの変化だったりしますので、「勘違い?」と思う程度の変化でも、「できた」と思ってもらえれば、波動エネルギーをより理解できるようになると思います。

✔️自分でやってもよく分からないなら、こちらを受講ください。

波動マスタープログラム

 

自分はまだまだ分からないとか、ちょっとの変化だから信じないとか、そういう感覚を捨てていくことができれば、逆に波動エネルギーを理解できるんです。

その練習を繰り返していくと、自分の中に「この感覚」というものができるようになっていきます。

 

「この感覚は・・・」と感じることができるから、感覚で感じたものを受け取ることができるのです。

そして、それが「感じているものがあっている」と思えるから、自分の感じていることを素直に感じたまま受け入れることができるようになっていきます。

自分の感じたものを受け入れることができるから、自分の波動エネルギーを受け入れることができ、自分で作った現実を受け入れることができるので、自分の力で変えていけるようになっていくんです。

 

そのための最初のステップが、波動エネルギーを感じたことに対して「できる」という自信を生み出せうことになります。

自分を信じることも、何度も附に落ちる体験をしていくことで得られるんです。

情報と体験を積み重ねていくからできることでもあります。

だったら、それをしていけばいいというシンプルなことになりますよね。

✔️シンプルになったら、失敗という概念自体もなくなります。詳しくは以下のチャネリング記事を参考にしてください。

思考と行動の関係性が一致していくと、現実化はシンプルになる理由。

 

波動エネルギーを軽くすれば細かくなるし、重くすれば太くなる。

物質次元というのは、波動エネルギーを重くすることで、物質を生み出している世界です。

だから、自分自身の波動エネルギーが軽くなると、自分の体が粒子のようになるので、テレポートなども可能になっていきます。

空間から物質化することも全く同じことですね。

 

空気中にも波動エネルギーは敷き詰められているので、そこから自分の思考エネルギーを使って物質を生み出すことができます。

それが、空間からの物質化なのです。

空間にある波動エネルギーを物質レベルの重さにすることで固めることができ、それをコップだったらコップにすれば、コップが出来上がります。

それは、自分の肉体でもできるのです。

 

ただこれは、今の波動領域でやると相当なストレスがかかるのでできません。

波動が軽くなって、思考が軽い世界のものになればできるようになりますが、それも、それが当たり前の世界にならない限り難しいと思っています。

だから、重い世界とは、全く交わることがない世界を生み出す必要があるんです。

 

波動がわかれば、その辺りも理解できるようになると思います。

 

まとめ

波動エネルギーがわかると、エネルギーの違いを理解できるようになります。

そしてそれは、家族などの身内であっても、エネルギーが違うということを理解できるのです。

 

それが感覚的に掴めるようになれば、お互いが違って当たり前だと思えるようになります。

お互いが違うということが普通になれば、干渉し合う必要もなくなりますよね。

だから、気持ちのいいコミュニケーションが取れるようになりますし、自然とアナタの周りに人が寄ってくるようになります。

それも波動エネルギーのことがわかれば理解できるようになっていくと思いますし、マインドで理解しようとしなくても、もっと簡単に理解できると思います。

 

ぜひその辺りを、波動エネルギーから感じてみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』