【 NEW! 】かる〜い仲間と繋がるコミュニティ!詳しくはこちら!

本音を波動エネルギーで理解できるようになれば、ずっとラクに生きることができる。

波動エネルギーがわかるようになると、本音がはっきりと捉えることができるようになります。

それは、自分の感じるエネルギーの違いでよくわかるようになるからです。

 

波動エネルギーにはいろんな種類があります。

その大きな違いとして、「軽い」「重い」があるということになるんですが、細かく分けていくと軽い波動にも様々な種類があるし、重い波動にも様々な種類があります。

また、それぞれの持っている価値観によって、軽くなるものも違えば、重くなるものも違い、それを見つけるには、自分の持っている価値観が、出来事によってどういう反応をするのかを確かめる必要があるのです。

 

ここは、自分で判断していくしかありませんが、波動エネルギー自体を感覚で理解できるようになれば、それが可能になっていきます。

その判断が自分でできるようになると、自分が軽いと感じた出来事や価値観、思考を理解することができます。

「こうしていくと自分はご機嫌だ」と思えるからです。

 

そうなれると、そこから続いていく現実は、軽くご機嫌になれるもので作られていくので、スムーズに物事が進んでいくようになります。

物事がスムーズに進んでいくと、すごくラクに感じるようになるのです。

 

だから、自分が「こうしていくんだ」という本音を見つけることができれば、それに必要なもの、必要な行動を見つけることができるようになって、その行動も「とんでもないこと」のように感じることはなく、ちょっと小さなチャレンジをするような気分で取り組むことができるようになっていくので、行動することに抵抗を感じることもなくなっていくのです。

 

ラクというのは、何もしないという意味ではありませんし、オートメーション化されて現実が作られていくという意味でもないんです。

ここの意味を取り違えていて、行動できずに苦しんでいる人をよく見ます。

特に、「必要なものがそろう」という意味を「何もしないで運んできてくれるのをただ待っているだけでいい」と解釈される方が、より苦しんでいるように思えるのです。

 

それは、自分の本音では「動きたい」と思っているのに、そうではない行動、つまり「何もしない」という行動を選んでいるから、苦しくなっていきます。

 

もし、波動エネルギーを感化レベルで理解し、自分の本音も感覚レベルで理解できるようになれば、そうなることはありません。

行動するときも、行動しないときも、自分の意識で選ぶことができるようになります。

 

自分の意識で選ぶことができれば、その先にある現実がどういう現実であっても、納得して受け入れることができるので、いいと思えばそのまま、嫌だと思ったら変えるということができるようになります。

この「まずは受け入れる」ということをしない限り、判断しようがないのです。

 

そして、よく「ジャッジしない」という言葉をスピリチュアル界隈で見かけますが、このジャッジしないというのは、出来上がった結果に対して文句を言わないという意味であって、自分の嫌なことを受け入れるという意味ではありませんよ。

そこを勘違いしていると、嫌だと思っている現実なのに、それを受け入れるしかないと思い込み、「ジャッジしていけない」という判断によって苦しむことになってしまいます。

 

これも、本音を理解していれば、問題なくできることなのです。

 

自分の感じていること、自分の思っていること。

それらが全て本音だとわかるようになれば、そこから行動することもスムーズになれると思うのです。

 

「これだ」と思ったことに対して、すぐに行動できるようになれば、現実になるスピードは早くなります。

逆に、「これだ」と思っているけど、すぐに行動できないから、現実化は遅れてしまうので、どうしてもスムーズにいかないように思えるのです。

 

もちろん、タイミングによっては、スムーズにいかない、スピード感がない時もあります。

それは、その方が自分にとってメリットが発生するから、そういう現実を作っているのです。

 

そう思えるのも、波動エネルギーの流れをしっかり把握していて、現実化におけるメカニズムを理解し、意識の中に捉えることができているから、そう思えます。

無理に、自分の現実は自分で作っているし、メリットなんだ・・・

と思い込ませても、そう思えません。

 

だから、波動エネルギーをまずは理解する必要があるとお伝えしています。

波動エネルギーの流れと、自分の中のエネルギーの流れ。

これらを把握して、現実化の流れが「思考が先、現実があと」だと、はっきり自分の実体験で体験するから、そう思えるんです。

 

その流れの中に、自分の本音がはっきりとわかった状態で進むのと、迷いながら進むのとでは大きく違います。

迷いながら進むと、迷うという現実を作ることになるので、いつまでも迷うことになるのです。

 

そうなるとラクにはなれませんよね。

 

自分の本音がこれだと思って、それが周りではなく自分が納得していれば、それでいいと思えるようになるのです。

それがラクな現実ではないかと思います。

 

自分が自分の本音をしっかりと把握していれば、自分の体験する現実は自分が望んだものだけになっていきますよ。

今西の公式LINEはこちら!

公式LINEに登録すれば、 無料で「軽い現実の作り方 解説BOOK」がもらえます!
詳しくはこちら

ちなの公式ラインはこちら!

公式LINEに登録すれば、 無料で「最高のセックスの作り方のPDFファイル(1万文字)」がもらえます!
詳しくはこちら