思考の癖を変えるにはクセだということを認識する。

自分が体験する現実は、自分の思考エネルギーの結果です。

だから、思考エネルギーを変えれば、次に体験する現実という結果は変わります。

 

思考エネルギーは、

マインドの都合のいいように動くわけではなく、ただ、思考した通りに現実を作っていくので、

自分の思考の癖があれば、その癖をそのまま反映した現実を作ることになるのです。

 

癖だとわからない限り、癖はわからない。

自分の思考の癖を見つけるには、

癖だと認識しない限り、見つかることはありません。

 

癖というのは、当たり前にしていることです。

当たり前は、疑うこともないので、していて普通になっています。

 

それを見つけるとなると、自分一人でやるには至難の技ですし、

日常における自分の思考を疑えるかどうかにかかってきます。

 

ただ、それも、「自分の思考の癖はどこにある?」とオーダーすれば、見つかることもあるのです。

見つからない時もあります。

それは、見つける必要がないからです。

 

いつも同じ現実を見て、「ご機嫌じゃないなあ」と思った時に、思考の癖は見つけるものです。

思考の癖を見つけることが目的なのではなく、

思考の癖を見つけて、見ている現実を変えて、楽しく生きることが目的なのです。

 

だから、

ご機嫌ではない時に限って、思考の癖を探せばいいということになります。

 

オーダーして、自分の普段の思考を感じていると、

「あ、ここかも?」という直感を感じることができます。

 

その感覚は、確証を得られるまで大きな反応ではないかもしれません。

小さくても、感じたという事実はあるので、それを頼りに感じたことを信じてみることが大切です。

 

思考の癖がなんとなくわかったら、それを自分の納得できる視点から感じてみます。

 

例えば、「いつも先回りして行動していることがご機嫌ではない」という感覚を感じたら、

これがなぜご機嫌でないのか?という理由を感じてみます。

 

すると、

先回りしてしまう理由も、

先回りした時の自分がご機嫌ではない理由もわかってくるのです。

 

その理由が納得できれば、自然に昇華することができるので、

次からはちょっと行動を変えてみようと思えるのです。

 

そうしていると、それを試す現実を作り出します。

その時に、今までと同じように先回りするか、

ちょっと待ってみるか、

という2つの選択肢を見つけることができます。

 

これが思考の癖を認識して、選ぶ現実を変えるタイミングなのです。

 

何気ない癖を意識的に変えると・・・

2つの選択肢のうち、自分がご機嫌でいられる選択肢を意識的に選ぶことで、

そのあとの現実の違いを認識することもできます。

 

今までだったら、先回りする方を選んでいてこういう現実になっていたけど、

ちょっと待ってみたら、その方がご機嫌でスムーズに物事が動いた。

 

この2つを体験することができるので、

どちらが自分のご機嫌な現実で、その現実を作るための思考エネルギーはどれなのか?ということがわかるようになるのです。

 

すると、

今までの思考の癖を、癖ではなく1つの選択肢に変えることができます。

 

選択肢というのは、無意識に選ぶことがありません。

 

意識的に選ぶことができるようになれば、

ふとした時に選び直すということもできるようになるのです。

 

例えば、

何気なしに先回りしていたことに、ちょっとしてから気がついたら、

その気がついた瞬間に、待つという選択肢に変えることができます。

 

今までだったら、それに気がつくこともなく進んでいることが、

気がつけるようになると、気がついた瞬間変えられるのです。

 

変えられることがわかれば癖はなくなっていく。

癖というのはありません。

癖は作られたものです。

 

最初は選択肢の1つだったものが、

何度も選ぶことによって、それを選ぶことが当たり前になっていきます。

それが癖の正体なのです。

 

いつも自分の思考エネルギーを意識していると、

毎回同じことを選ぶことはなくなります。

 

同じことを選ばないから、目の前の現実も違うということがわかるので、

同じ現実はないと言い切れるのです。

 

そして、いつもの景色が違って見えるので、飽きる・つまらないということもなくなります。

 

一日中家にいても、そこで見える景色は、思考エネルギーを変えれば変わります。

同じ会社に行っても、思考エネルギーを変えれば変わります。

 

自分がご機嫌に過ごすことができる思考エネルギーを選び続けていれば、

いつもご機嫌で楽しい現実を作ることは簡単になっていくのです。

 

それは、1度体験して、使い方を思い出すことができれば、誰でもできるようになります。

思考エネルギーを使わないで現実を作ることは無理だからです。

 

自分が普段からしている思考エネルギーを客観的に感じることができれば、

いくらでも思考エネルギーの流す先は変えることができます。

 

癖と思っていることでも、

その癖がついたタイイングがあるので、取ることもできるのです。

 

だからまずは、

「自分の思考エネルギーがどこに向いているのか」

「何を考え、どんなことを考えているのか」を客観視してみてくださいね。

 

思考の癖を楽しいものに変えてみる。

自分の思考の癖がわかり、それが自分にどういう影響があったのかがわかると、それを使って楽しく生きるものに変えることができるようになります。

例えば、今までだったら「疑いの目」や「粗探し」していた思考が癖だったのを、「楽しめる目」や「いいところを見つける」ような思考に変えれば、出来事自体の見え方が変わっていきます。

 

ニュースをみていたとしても、粗探しをしているときに感じる情報と、いいところを見つける時に感じる情報は、圧倒的に楽しいことに目がいっている方が、楽しく感じられるのです。

 

同じ情報でも、受け取り方によって大きく異なります。

その違いは、自分の毎日の生活に大きな影響があるのです。

 

それが波動エネルギーに共振するということになります。

 

粗探しをしているときは、重い波動エネルギーに共振することになるので、重いまま生きることになりますが、それをいいところを見つけるようになれば、楽しくなれる側面を見つけることができるので、軽い波動エネルギーに共振することになるのです。

この違いは、小さいようでとても大きな違いになっていきます。

 

まとめ

思考の癖を、自分が楽しめる方に変えてみてください。

自分が楽しく生きるための価値観や思考に変えていくだけで、毎日の出来事に対する感覚が変わります。

 

自分の受け取り方や考え方次第でいくらでも変わるということは、思考の癖を変えれば楽しくも、辛くもなるということなのです。

 

アナタがどんな毎日を生きていきたいのか。

楽しくいきていきたいのであれば、楽しいことを考えていればいいのです。

 

すごくシンプルですが、それが楽しく生きるための1歩になります。

 

アナタの頭の中が楽しいことで埋め尽くされていれば、軽く楽しい毎日になります。

だからこそ、自分の頭の中を楽しいもので満たしていくことが大事なのです。

 

そして、それができるのは、アナタ自身しかいません。

誰かが代わりに変えてくれるわけではないんです。

 

自由に決めていくことができます。

自由に決められるからこそ、好き勝手に考えればいいと思います。

そこに遠慮も、我慢も必要ありません。

 

自分が最高に楽しいと思える頭の中を作っていくことで、自然とアナタの波動エネルギーは軽くなります。

軽くなっていくことで、そのエネルギーが周りに伝わり、さらに楽しいものになっていくのです。

 

まずは、思考の癖を見つけて、それを解決し、楽しくなれる思考を見つけてみてくださいね。