波動エネルギーはリアルな現実を変える!実感できる理由と方法。

 

波動エネルギーがわかれば、軽い波動エネルギーや重い波動エネルギーの違い、さらには支配のエネルギーや対立のエネルギー、調和のエネルギーなどもわかるようになっていきます。

 

すると、

  • 自分が受けているエネルギーがどのエネルギーなのか。
  • 自分の出しているエネルギーはどのエネルギーなのか。

がわかるようになっていくのです。

 

自分の持っているエネルギーや、出しているエネルギーがわかるようになると、「変える」ということができるようになります。

 

何気ない日常会話で「支配」を出しているのであれば、それを「調和」に変えることで、言葉や人が変わっていなかったとしても、そこで繰り広げられるコミュニケーションは調和を感じられるようになっていきます。

その結果、今までは全然目を見て話せなかった相手でも、目を見て話ができるようになったり、言葉の使い方やコミュニケーションの取り方が変わっていくことになるのです。

 

これは、無理に自分を言い聞かせてできるものではありません。

「こんな言葉を使ってはいけない」と思いながらも、その言葉を使うということは、納得できていないことになります。

 

その状態で、自分を客観視しても自己否定を止めることは難しいと思うのです。

 

やっていることを変える前に、

自分の波動エネルギーを変えることで、

やっていることは自然と変わる。

 

これができるから、波動がわかればリアルな現実自体を変えていけるようになります。

 

波動エネルギーはリアルな現実を変える!実感できる理由と方法。

どんなに自分は嫌だと思っても、合わないと思っていても、目の前にしている時点で自分がそう思っているエネルギーが、自分から出ています。

だからと言って「自分はこんなエネルギーを持っているんだ」と失望する必要はないんです。

 

そもそも、失望するということは、それが「ダメ」なことという判断が混ざっていることになります。

軽いのがよくて、重いのがダメなんてことはありません。

どちらが好きかどうかです。

 

それだけなのに、今の自分の目の前は今の自分のエネルギーだとして、それを判断すること自体が重くなっている原因だということ気がつければ、自己否定がどれだけナンセンスかわかるはずです。

 

海が好きだけど、目の前は山だとして、そこに絶望している状態を思い描いてみてください。

そんなアナタに、アナタはなんて言葉をかけますか?

 

「山から出て、海に行けばいい」

そう伝えるはずです。

 

重い現実を見て、「自分の出しているエネルギーは重いんだ」。

これも同じです。

 

「重い世界から出て、軽い世界に行けばいい」

それだけのこと。

 

行く方法は、山から海に行くのと同じように、いろんな方法があります。

それも人によって好みが違うので、自分の好きな方法で行けばいいんです。

 

車が好きだったら、車で行けばいいし、

電車がいいなら電車で行けばいい。

徒歩がいいなら、徒歩で行けばいいし、

飛んで行きたいのであれば、飛べばいいんです。

 

ただ、行くということをしない限り、動かずして目の前に「えいやー!」と海を持ってこれる訳ではありません。

それは、SF映画の見過ぎです。笑

 

山から海に行くという過程を楽しめるのが、物質次元の楽しさなので、そこを飛ばすようなことはしませんし、軽く楽しんでいれば、移動することもまた楽しい体験や経験を得られるので、そちらの方が重要なのです。

車で行く道中も楽しいし、飛んでいく道中も楽しいんです。

 

✔︎ あわせて読みたい。
引き寄せにタイムラグがある理由とタイムラグを楽しく待てるようになる方法。

 

波動エネルギーとは?

物質次元という世界に、決まったシナリオはありません。

つまり、運命なんてものはないということになります。笑

 

何も決まっていません。

今の自分が、次の現実を決めるんです。

もう少し詳しく言うと、今の自分の出している波動エネルギーや考えている思考エネルギーが、次の現実を作ります。

 

軽い波動エネルギーを出せば軽くなりますし、重かったら重くなります。

それは、過去から流れてきているものではなく、この瞬間のエネルギーです。

 

つまり、どんなに過去が重かったとしても、今この瞬間そのエネルギーを切ることができて、自分が体験したいと思うエネルギーに変えることができれば、ここからの現実は楽しくなるということになります。

 

逆も言えて、ちょっと支配のエネルギーを出せば、自分にもそのエネルギーが返ってくることになって、過去がどんなに軽くても、その瞬間から重くなります。

だから、重い現実を体験することになるのです。

 

一瞬一瞬の違いがあるから、毎回違う現実を作り出せる。

極端な話、今を軽くして、次の瞬間に重くすれば、それに連動した現実になります。

 

そして、それくらい波動エネルギーは、思考エネルギーによって変化し、動いているのです。

意図すれば変わります。

それも慣れれば1秒もいりません。

思った瞬間に変えられます。

 

これと同じように、自分が好きだと思える波動エネルギーへと、瞬時に変えていけるので、「思考が先、現実があと」ということも腑に落ちますし、自分の波動エネルギーによって、自分の現実が変わるんだということが、わかるようになっていきます。

これは、どんなに言葉で理解しようと思っても、心のどこかで納得できていなかったり、腑に落ちていなかったら無理です。

 

綺麗な言葉には、一見すると説得力があるように見えますし、なんとなくマインドで納得できるように思えますが、自分の本心が納得していなかったら、いつまでも現実を変えるまでにはいかないのです。

 

✔︎ あわせて読みたい。
思考は現実化する!思考が現実化する仕組みと実現するための方法とは?

 

波動エネルギーとスピリチュアルの関係性。

「動かす」というのは、コントロールではありません。

こうするという「意図」だったり「意識」だったりします。

 

もちろん、その意図や意識が、達成しないこともあるんです。笑

それは、マインドとハートが一致していけば、なくなっていきます。

 

自分の思う意図や意識が、ハート(本心)と一致することで、コントロールでも願いでも観望でもなく、できる、達成できる確信に変わっていくんです。

 

ここの違いは、言葉にするとわかりにくいんですが、感覚的にはまるで違います。

 

何かにすがるとか、誰かに叶えてもらうとか、そういうことではなく、ただ自分が欲しいと思うこと、体験したいと思うこと。

それらを自分で手にすることができる確信を感覚で持っていられるような状態です。

 

ここに波動エネルギーや思考エネルギーの知恵や感覚を入れると、よくわかるようになります。

これをマインドでも理解できれば、ブレーキを踏むこともなくなるので、スムーズになっていきます。

だから、現実化のスピードは速くなるんですよ。

 

調和のエネルギーを出しているから、今の現実。

対立のエネルギーを出しているから、今の現実。

 

どちらがいいかを決めればいいですし、どちらであっても1つの素晴らしい体験だと思えるようになるのも、いつでも現実を変えていけるという確信から生まれることですし、それが何よりの安心感を生み出します。

いつでも再現できるわけですから、無限に楽しい現実を作り出せますし、無限に楽しくない現実も作り出せるんです。笑

 

そこまでわかって初めて、どんな現実も楽しめるようになると思います。

楽しめるだけの余裕を感じられると思います。

だから、軽い世界って楽しいんですよ。

 

穏やかな波を航海していくことも、荒波を航海していくことも、それぞれの楽しさを見いだすことができるのは、いつでも飽きたら、穏やかにも荒波にも変えられることを知っているからです。

それが腑に落ちて理解できるようになるのが、「波動エネルギー」という言葉になります。

 

まとめ

波動エネルギーが理解できれば、引き寄せも、思考の現実化も、本当の意味がわかるようになっていきます。

本当の意味がわかれば、自分で好きなように現実を作っていくということもわかっていくのです。

 

でもそのためには、軽い波動エネルギーを知る必要があります。

 

そこに共振して、自分の心から思っている事を見つけ出し、心からやりたいと思っている事を実行する事が楽しいという感覚を思い出す必要があるんです。

 

それがないまま、今まで通りの波動と思考を持っていると、重い現実を体験し続けることになります。

それもまた1つの選択肢ではありますが、自分が本当にどうしていきたいのか。

 

波動がすべて。

そこが理解できさえすれば、きっと思っている以上に楽しい毎日になっていきますよ。

 

✔︎ 音声でもお話ししています。
物質次元で5次元感覚を活かす方法 。

 

◆波動マスタープログラム◆

全国で実施!

「苦しさ」や「しんどさ」とはオサラバ。

詳しくはこちらをクリック!

よければシェアをお願いします!
ABOUT US
今西 史樹
スピリチュアルカウンセラー。チャネリングを通して得た情報と、かるい価値観と感覚を発信・提供。【経歴】▶︎2014年IT分野で起業▶︎ブログ運営▶︎セッション / ワークショップ / 講座開催【趣味】▶︎ゴルフ(ベストスコア94〈ハーフ44〉)/ ゲーム。