【 NEW! 】かる〜い仲間と繋がるコミュニティ!詳しくはこちら!

軽い世界に単一の答えはない理由。

好きなこと、得意なことだから、ずっと永遠にできる。

そういうことではありません。

 

好きだから、得意だから、疲れなんて感じない。

それも違います。

 

好きでも得意でも、飽きる時はあるんです。

好きでも得意でも、体が疲れることはあります。

 

そこの考え方を変えてみてください。

すると、好きなことや得意なことが、変わらないと思います。

 

ずっと永遠にやっていられるかどうかなんて、誰にもわかりませんし、それを決め込む必要もないのです。

逆に、飽きているのにやり続けることで、それが好きではなくなることもあります。

でもそれは、それ自体が根本的に好きではなくなったのではなく、ただ単に飽きたからだということです。

 

そこを忘れてしまうと、好きなことを楽しむことができなくなります。

「あれ?これが好きだったはずなのに・・・」と、たった一つの反応で変わってしまうのです。

だから、好きなことが何かわからなかったり、考えがはっきりしなかったりします。

 

好きなこと、得意なことでも、気分が乗らないのであれば、やる必要はありません。

それこそ、提供する必要もないのです。

そういう時は、その時に感じるやりたいことをしていればいいと思います。

 

例えば、今まで好きだった食べ物が、なんとなく飽きている感覚があるなら、それを食べ続ける必要はありません。

むしろ、今食べたいものを食べればいいんです。

 

それが、どういう食べ物であっても、今の自分が体験したいものなのですから、それを楽しめばいいのです。

食べ物自体には、なんの問題もありません。

食べ物に対しての価値観が、影響するだけです。

 

波動が軽い食べ物もなければ、重い食べ物もありません。

そんな判断は、基準がないので誰もできないのです。

だから、自分で決めればいいということになります。

 

好きな食べ物だと思っていても、なんだか体が重く感じるのであれば、それが自分には合わないものです。

「波動が軽い」といわれているもの(そんなものはありませんが)を食べたからといって、アナタの波動が軽くなることはないのです。

むしろ、「波動が軽い食べ物」という判断自体のエネルギーは、イコール「今の自分は重い」という思考が前提にあることになりますので、「それを食べている自分は重い」というエネルギーを出すことになります。

その結果、重い自分を自分を創造することになりますので、気分が良くなりません。

 

これは、行動も同じです。

好きでやっていることが、飽きているのに続ける意味はどこにもないのです。

 

飽きているのに行動するのは、「我慢」のエネルギーになります。

それこそ「しなければ」になっているのです。

それでは、楽しく行動することができませんので、それをやっても楽しむことができません。

だから、好きで得意だと思っていたのに、嫌いになったり、やりたくなくなるということになります。

 

仕事も同じです。

好きなことを仕事にしていても、飽きる時はあります。

そんな時は思い切って「提供しない」ことを選ぶのも大事なのです。

 

飽きているのにやり続けるのは、それもまた我慢になり、「好きなことを提供しているはずなのに、どうして楽しくないんだろう・・・」という状態を生み出すことになるのです。

だから、休憩することが必要になります。

 

軽くご機嫌に生きているから、疲れないわけではないんです。

軽くご機嫌であれば、疲れたことも1つの体験であり、楽しめることなのです。

 

それこそ、疲れるからこそ、体験できることもあるんです。

それもまた肉体を持っている今だからこそ、その体験をすることができます。

 

疲れていることを楽しめるから、何が必要なのかも理解できますし、その結果として回復も早いのです。

活力やエネルギー不足も、欲しいものがわかっていれば、すぐに解消することができます。

 

知らず知らずにエネルギーバンパイアしなくて良くなるんです。

エネルギーバンパイアについての解説は、以下の記事にあります。

疲れている時は、特になりやすいです。

エネルギーバンパイアの特徴と奪われた時の感覚。

 

自分がそういう状態になった時の対処法を知っていれば、自分の中からエネルギーが湧いてくるのを待てます。

だから、いつでも軽く生きることができます。

「今はこういうタイミングだから、ゆっくりする」と思えるんです。

 

ゆっくりするといっても、体を動かさないことがゆっくりではありません。

ここでのゆっくりの意味は、自分の中を平和で穏やかにするという意味です。

 

だから、自分の中がそうなれる方法を使えばいいと思います。

歩くことでそれができる人もいますし、温泉などに浸かることでできる人もいます。

大事なのは、頭でそのことを考えない状態を作れるかどうかです。

それができれば、方法はなんでもいいということになります。

 

軽く生きるというのは、みんな違う現実や状態なので、何かの単一の定義で表せるものではありません。

だからこそ、自分で「軽くて当たり前」を体験していくしかないのです。

自分にとってもっとも合う場所を見つけ出せたら、それが1番ご機嫌でいられる場所になります。

 

自分の体験していること、感じていることが、自分の真実ですよ。

今西の公式LINEはこちら!

公式LINEに登録すれば、 無料で「軽い現実の作り方 解説BOOK」がもらえます!
詳しくはこちら

ちなの公式ラインはこちら!

公式LINEに登録すれば、 無料で「最高のセックスの作り方のPDFファイル(1万文字)」がもらえます!
詳しくはこちら