行動習慣と思考の関係性について。

「習慣」って無意識にやっていることが、結構多いと思うのです。

なんとな~く歯磨きして、

なんとな~く顔を洗って、

なんとな~くご飯を食べて。

 

もちろん、それこそ習慣なのですが、

これも、どこかで意識的にやっていて、あるときから当たり前になっていくんです。

 

普段している何気ない行動も、

元は誰かに教えてもらって、思考して、アナタの現実になっています。

 

ということは、

アナタが意識的に何かをすれば、思考が働き、新しい行動が生まれるということです。

 

そして、積み重ねていけば、当たり前になっていきます。

 

そうすれば、行動習慣が変わるので、アナタの創造する現実が変わってくるのです。

 

ここで、良い行動・悪い行動というのはありません。

それは、間違えないでください。

 

楽しいか・楽しくないか。

それで現実を創ってみてください。

 

もし、

「楽しくないけど(生産性があがるから)、この行動をしていく。」

としたらどうでしょうか???

しんどくなりませんか???

 

それだったら、「楽しい!」って思える行動のほうが楽しくなるのかな??と思うのです。

 

”思考が先、現実があと”です。

 

アナタがどんな生活をしたいのか。

それが重要なのです。

酸いも・甘いも、アナタが決めることなのです。

 

もし、「ゆるゆるに、楽しく生きたい!」のであれば、それも可能だということです。

「無理だ!そんな人生甘くない!」そう思うから、そうなるのです。

 

すべてはアナタの思考から始まります。

それを忘れないでください。

 

習慣を変えるには、

まず、アナタがどんな生活を望んでいるのか???

をはっきりさせてください。

 

それがはっきりしないで習慣を変えても、人生は楽しくなりません。

 

「成功したい。」

では、アナタが考える成功はどんなのでしょうか??

 

それを考えた時に、「楽しい!」と心から言えるでしょうか???

 

「楽しい!」と心から思えることが見つかったら、習慣は変わります。

「こうしたい!」と強く願えば、それを実現するための行動が生まれます。

 

わかっていても行動できないのは、

アナタが本当にそれを望んでいないからです。

 

それに気づけば、

本当に望んでいるものがわかります。

 

行動習慣を変えたいと思うのはいいですが、

アナタの思考が大きく関わっていることにも気づいてくださいね。

 

関連記事

「ジャッジすることに良い・悪いをつけると苦しくなる理由。」

「波動は自分の中にあるものだから、自分の中が大事なんです。」

「思考を変えれば現実は変わるワケ。」

「無意識に考えてしまうときは、それを意識の中に持ってくる。」

「自分の表現とは、行動することに限った話ではありません。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!