「初めて会った気がしない」会ったことがある感覚とは、何を示しているのか。

日々の生活をしていく中で、様々な出会いがあると思います。

 

そんなときにふと、

「前にどこかで会った??」

「初めて会ったはずなのに、初めて会った気がしない・・・」

と思う瞬間が時々あると思います。

 

「どう考えても、初めてなのに会ったことがある感覚になる・・・」

 

これは、エネルギーレベルでの交流があったと言えると思います。

もしくは、過去(前世というのはないのですが・・・)のどこか1部で会っていた・・・

ということも考えられます。

 

なかなか理解しにくいかもしれませんが・・・、イメージで受け取ってもらえると幸いです。

 

そのサインとして、会ったことがある感覚になるんだと思います。

双子の魂とかそういうのではなく、ただ、交流があってそのことを感覚レベルで覚えている。

そんな感じです。

 

もし、アナタがその感覚になったとしたら、その人のことを詳しく聞いてみてください。

たぶん、いろんな偶然が重なると思います。

 

それも、完璧なタイミングで訪れるので、

運命を感じるようなことになるかもしれません。

 

だから、

物質次元であったことがないからといってその感覚を無視するのではなく、

大切にしてみてください。

 

仮に相手が、「そうですか??」と言ったとしてもです。

 

アナタが、そうだと信じたものが、真実です。

そう思って人に会っていれば、どんどん面白いことが起こっていきます。

 

ただ、

素直に自分の感覚を受け入れていく。

それだけで面白くなっていきます。

 

タイミングが来たら会えますし、

タイミングが来たら離れます。

 

そこに執着することなく過ごすことが出来れば、気持ちのいい関係を作ることが出来ます。

 

会ったことのある感覚を楽しんでくださいね。

 

✔︎ あわせて読みたい。
見えない世界と見える世界はどちらもあって当たり前な理由。

 

✔︎ 音声でもお話ししています。詳しくはこちら↓
自分の体験している現実は、自分の出しているエネルギーで変わる理由。

 

よければシェアをお願いします!