自信がないときには、自分主体で考えられているかを確かめればいい理由。

自信というのは、

「”自”分を”信”じる」と書くように、

自分を信じている状態のことです。

 

自分の選択を信じる。

自分の心を信じる。

自分の行動を信じる。

 

など、自分主体で考えて、

「これでいい」と思えることが、自信を持てている状態です。

 

だからこそ、「自信がない・・・」

と感じているときは、

どこの視点から自分を感じているときなのか??を感じてみてください。

 

自分主体で考えられているか。

自分以外の誰かから、自分を見ている景色ではないか。

 

そう自分に聞いてみるのです。

 

相手視点で自分を捉えている間は、

いつまで経っても自分のやっていることに自信が持てません。

 

なぜなら、

相手の信じていることを体現したとしても、それは、相手が欲しいものであって、

自分が欲しいものではないからです。

 

だから、喪失感が生まれ、

相手から違った形でエネルギーをもらう状態を作ってしまいます。

 

それが形として、

エネルギーバンパイアになることもあるのです。

 

自信は、

自分からの視点で感じているときは、なくなることがありません。

疑うこともありません。

 

でも、自分以外の誰かの視点になった途端、揺らぐのです。

気持ちがざわつきます。

 

だからこそ、

自分を信じていないなと感じるとき、

自信がないなと感じているときは、

「どこの視点から自分を感じているのか、見ているのか」を、確認してみてください。

 

確認してみて、見つかると、変えることができます。

 

相手目線で考えていたな・・・

と、わかると、

「自分からの視点で考えます。」

と、意図し直すことが出来るのです。

 

でも、

もし、どこから自分を捉えていて、

どこから自分を感じているのかわからなければ、

今どこにフォーカスし、意図しているのわからないので、意図し直すこともできないのです。

 

自信がないと感じたときだからこそ、

自分自身の感覚・感性をもう一度感じてみる機会になると思います。

 

何度自信がないときを感じても、

視点を自分に戻せばいいだけということを知っていれば、悩む必要もなくなっていきます。

 

自信がないときだからこそ、自分を感じてみてくださいね。

 

関連記事

「エネルギーバンパイアから卒業するに自分を満たすといい理由。」 

「軽い波動で満たされた世界の”楽しむ”という意味。」

「自分の波動に集中することで、いつでも軽い波動でいられる理由。」 

「”自分らしく生きる”で止まるスピリチュアルの罠。」

「自分が自分に持っているセルフイメージをよりよく変える方法。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら