自分と周りを比べるから、セルフイメージが下がる理由。

 

完璧を求めないでください。

完璧を目指すから、動けなくなります。

 

最初からすべてできる人は居ません。

そして、すべてうまくやれる人もいないのです。

 

だからこそ、楽しいと思ったことをやってみてください。

小さくても、少なくてもいいから、「やってみる」のです。

 

 

自分なりに今までやったことがないことをやってみるから、

新しい世界を体験することができます。

その新しい世界が気に入れば、そのまま進めばいいですし、

気に入らなければやめればいいのです。

 

でも、やりたいと思っているのに、やらないという選択を取ると、

それもわからないままになってしまいます。

 

だから、自分で動いてみるしかありません。

他人と比べるのではなく、自分のやれることをやってみるしかないのです。

 

動いてみると、自分以外のことに目が向くことがあります。

今からやろうとしていることで、

自分よりできている??と思い込んでいる人を見ると、動けない感覚になるかもしれません。

 

そんなときに思い出して欲しいのですが、

アナタは、アナタでしかないのです。

 

周りを見て、自分の位置を確認しないでください。

それはただの幻想でしかありません。

 

周りを見ることを先にしていると、いつまでたっても幻想を追い続けることになります。

幻想は、つかめません。

 

アナタのやりたいことを幻想にしないでください。

幻想ではなく、体験できるのです。

 

自分の中から(心から)体験したいことは、体験できるのです。

それを思い出してください。

 

 

もし、「ああでもない」「こうでもない」とマインドが騒ぐなら、

マインドの騒がない小さなことから始めてみて下さい。

その行動のサイズを他の人と比べるのをやめてみてください。

 

 

アナタがそれでいいと思える行動だったら、それでいいんです。

そこに、大きい方がいい・小さい方がいいという判断は必要ありません。

 

 

小さいことを積み重ねていたら、気がつけば、その現実を体験しています。

その体験を経験できると、大きく動かすことも抵抗なく動かせるようになるのです。

 

 

やりたいことがあれば、

まずは、マインドの騒がない小さなことから始めてみて下さいね。

 

関連記事

「マインドとハートの違い。」 

「体験しに3次元にいる。」 

 

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』