自分と向き合う時間の使い方。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

気になることをやってみると、

それがなぜ気になったのかがわかるようになります。

 

そして、今気になることでも、

ちょっとタイミングがズレると、気にならないことになったりするのです。

 

ちょっとのズレであっても、

それが今できるか、できないのかということは、大きく違いを作ることになります。

 

自分が感じた気になることの先にご機嫌が見えるなら、

それが自分の「今やりたいこと」なのかもしれません。

 

今は今で、未来は未来。

 

どんなタイミングであったとしても、

タイミングはいつでも来ています。

 

たとえ、どんなに歳をとっていたとしても、

どんなに若かったとしても、

気になることをするのに、年齢は関係ありません。

 

「若かったらできる」訳でもありませんし、

「若いからできない」ということもないのです。

 

今この瞬間、「気になる」と思うことは、

それにどんな理由をつけたとしても、今がタイミングだということなのです。

 

タイミングを受け取ることができて、

閃いたことを行動に移すことが出来れば、そこで得られるものがあります。

 

もちろん、行動して得られること自体が、

都合がいいことも都合の悪いと思うこともあるかもしれません。

でも、それは、自分が行動した結果、得られることなのです。

 

すると、自分の思考エネルギーがどこを向いているのかがわかります。

もし、「歳が・・・」と思っていて、気になっていることを行動に移せば、

歳が気になる現実を作ることになるのです。

 

その体験をして、「歳は関係ない」と、

はっきり自分の中で納得し、変えることを決めるから、現実は変わっていきます。

 

「歳は関係ない」と自分で納得するために、その現実を作ることになっているだけで、

一見すると、都合の悪いことであっても、必要なことだということになります。

 

「その体験をしたくない。」

「都合の悪いことはいやだ。」

と、向き合うことをやめれば、今までと変わらない人生を作っていくことになります。

 

それは、思考エネルギーが変わっていないからです。

 

世界一周旅行に行って、人生が変わらないのも同じです。

行って帰ってきて、当分の間は、刺激から現実が変わったように思いますが、時間が経つにつれて戻っていきます。

 

それは、根本的に思考エネルギーを変えていないからなのです。

 

変えるということは、

自分で決める必要があります。

 

自分で決めるから、変えていくことができます。

自分で決めるから、納得できます。

 

だから前に進めるのです。

 

誰かの意見を聞いて、

それを元に自分の思考エネルギーを作っている間は、

自分のご機嫌な現実を作るのは無理なのです。

 

どれが外からの情報で、

どれが自分の中からの情報なのかがわからないと、

いつまでも、自分の中が満たされることはないのです。

 

そのために自分と向き合う時間が必要なのです。

 

むやみに何でも向き合う必要なんてない。

 

自分と向き合う時間は、

自分のことを知り、自分が本当はどうしたいのか?を知るための時間です。

 

だから、必要な時に、必要な時間だけ向き合えば、

ずっと向き合っている必要はないのです。

 

それこそ、修行のように、

じーっとしていなくても、マインドを止めることはできます。

 

一瞬でマインドは止めることができます。

瞑想は形ではないのです。

 

向き合う時間が長いから、自分のことをよく知っているということでもありません。

自分の過去をたくさん知っていても、

いろんな過去と向き合っても、

結局のところ、今、心から笑っていなければ意味がないのです。

 

例えば、何か気になることがあってやりたいと思った時、

やりたい自分を止めるものがあれば、

その時に、止めているものと向き合う時間を作ります。

 

「歳だから・・・」

という理由が最初に浮かぶのであれば、

「なぜそれを考えるのか?」ということを感じてみるのです。

これも、マインドで探しても見つかりません。

 

自分のマインドを止めて、じーっと感じるのです。

すると、何となくここかもしれないという原因を感じることができます。

 

写真で見えたり、映像で見えたり、

理解できたり、そんな感覚を感じることができます。

 

その絵が見えた時、

「なぜ、どうして、どこからそれを感じるようになったのか?」ということがわかれば、

それを昇華することができます。

 

昇華するというのは、その場面を感じ切るのです。

言えなかったことを言ってみたり、思い出す過去にエネルギーリンクを繋いで、タイムスリップをして、過去を作り変えることで、今を変えることもできます。

 

そうしていくと、

自分の中がスッキリして、行動をすることへの抵抗がなくなっていくのです。

 

抵抗を感じた時、その時だけ向き合えばいいのです。

それ以外は向き合う時間ではなく、自分が楽しくご機嫌になれる時間にしてみてください。

 

大事なのは、向き合うことではなく、楽しく生きることです。

そこを間違えると、いつまでも相談することをやめられず、

自分で答えを決めることができない状態が続きますよ。

 

関連記事

「マインドを止める方法。」

「ご機嫌でいるためには自分にとっての1番を選ぶ。」

 

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。