気になるところに思考エネルギーは流れている理由。

思考エネルギーは、自分が気になったところに流れていきます。

そこには、判断がありません。

 

だから、どんなに軽く生きたい!と思っていても、

日常で気になるところが不安だったり、

ふとしたときに考えていることが不安であれば、

そこに思考エネルギーが流れているということになります。

 

だから、意識しているときにいくらオーダーしても、

日常で不安を考えていたら、そちらがオーダーされることになるのです。

 

ということは、日常でご機嫌な思考を流していれば、

自然に軽く楽しい世界に共振することになるのです。

 

そのためには、

不安を昇華する必要があります。

原因を探す必要があります。

 

でもそれも、マインドで探して見つかるものではないんですね~~!!

 

本日のチャネリングメッセージです。

フォーカスした先に、思考エネルギーが流れます。

簡単に言うと、気にしたところに思考エネルギーが流れるということなのです。

 

ということは、

自分の気にしているところにエネルギーがあり、

そのエネルギーが自分の現実を作っていることになります。

 

例えば、自分にとって軽くご機嫌になれることが気になって考えていれば、

その現実を体験します。

 

逆に、自分にとって重くなることが気になって考えていれば、

その現実を体験するのです。

 

だから、楽しくご機嫌なことを考えていれば、

自然と目の前にある現実は軽く、楽しいものになっていくということが言えます。

 

もし、

軽く楽しい現実を体験したいと思いながらも、

気になっているのが不安だったら、その不安のエネルギーを引き寄せることになるので、

体験する現実は不安になります。

 

そんなときは、不安エネルギーを手放し、

「なぜ、不安エネルギーを感じているのか?」という原因を探してみてください。

 

”探す”と言っても、

マインドで探すとわからなくなります。

本当の原因ではなく、

別の原因を作り出すこともあるのです。

 

自分の不安エネルギーが出てきたら、

そのエネルギーが出てきていることを認めて、

「今、自分は、不安エネルギーを感じている。だから、この原因を探します」

と、意図してみてください。

 

すると、フワッと原因になっている映像?やその時の一場面が浮かんできます。

覚えていないような場面でも、

原因が浮かび上がってくるのです。

 

その場面を感じて、

自分の話している言葉やエネルギーを感じることで、

なぜ、不安だという価値観が出来上がったのかがわかります。

 

原因がわかって、

それを認め、受け入れることができれば、

昇華し、その価値観を手放すことができます。

 

すると、今まで気になっていたことが気にならなくなり、

一切考えなくなるのです。

 

一切考えないということは、

思考エネルギーがそこに流れません。

 

思考エネルギーが流れないというのは、

「(気にしていることを)考えないようにしないと・・」

と思っていることとは違います。

 

考えないようにしないと・・・と思っている間は、

気になっているのです。

 

気になっているなら、

それを昇華すればいいだけになります。

 

思考エネルギーは常にどこかに流れています。

どこかに流れているから、”今”目の前の現実を体験できるのです。

 

その流す先を、せっかくだったら軽くご機嫌になれる方に流してみてください。

 

気になるというのは、

思考エネルギーがそこに流れて、そのエネルギーと共振しているということなのです。

 

支配者たちはそれがわかっているから、

映像などを通じて、悲惨な情報を何度も流しているのです。

 

自分の現実を作るのは自分です。

どこに思考エネルギーを流すのかを意識するということを知るだけで、

いくらでも変えられるということを知っておいてくださいね。

 

まとめ

気になるから見ちゃうときは、

それに興味があるということです。

 

見ちゃうんだったら、

思う存分楽しんでみればいいと思うんです。笑

 

重くっても、

軽くっても、

どちらであっても、見るなら思い切って見ることが大事だと思います。

 

すると、

後悔?することがないので、エネルギーが残らないんですよね。

不完全燃焼にならないというか。

やり残しがないというか。

 

気持ちよくやってみて、

気持ちよく受け取っていれば、

なんにも残りません。

 

僕は、気になったことがあったら、メッセージにあるやり方をやっています。

それをやる時って、ものすごく重くなるんです。笑

 

だから、まずは一人で原因を探して、

会話ができるようになったら、誰かを通じて、話しながら解決していきます。

 

それをしているときは、

すごく大変です。

 

心に刺さっている鎖を抜くような感覚なので、

ちょっと痛いんですよ、ハートが。笑

 

でも抜ききったら、

多少考えることがあっても、共振することはなくなります。

 

考えても、

「ああ、考えてる~♪」

と、冷静に見ることができるので、

思考エネルギーが流れないんです。

 

だから共振しなくなって、

気が付いたら、気になっていたことは考えなくなっています。

 

そうなると、

不安はなくなっていきますよね。

 

というか、そもそも不安ってものはないんですよ。笑

 

過去と向き合う時は、

気になっていることの原因を探す時だけです。

 

それ以外でいくら自分の過去と向き合っても、なんにも意味はありません。

むしろ、重い過去と向き合ったら、過去のエネルギーと共振するんで重くなります。笑

 

気になることがあれば、

それがなぜ気になるのかを感じてみてくださいね。

スポンサーリンク




面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』