「ブロック」という言葉の本当の意味。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

言葉というものには、その人の思考エネルギーが現れています。

だから、どういう言葉を使っているのかで、どのエネルギーに共振しているのかを把握することができるのです。

 

例えば、「ブロック」という言葉。

この言葉の意味をどう捉えているのかで、その言葉から感じるものは変わります。

 

ブロックを障壁のようなイメージで捉えていると、その言葉を聞いたり、お金のブロックなどの言葉を聞くと、どうしてもよくないイメージをすることが多いと思うのです。

それは、ハードルを飛び越えるようなイメージが、前提として障壁という意味にかかっているからなのですが、本来、思考エネルギーにおけるブロックは、そういうものではありません。

 

あくまでブロックという表現をしているのですが、そのほとんどは「どこに意識が向いているのか」ということが、ブロックだと表現されているんです。

ここに気がつくことができれば、冷静に自分の向いているところを認識することができます。

 

例えば、「お金を出すことに恐怖があるというブロックがある」と言われたら、今の自分はそこに意識があるんだと思うんです。

ブロックがあるから、恐怖を持っているからダメなのではなく、ただ単に、何かしらの影響があってそこに意識が向いているだけなのだと認識するんです。

 

認識できれば、変えることができます。

恐怖がそこにあると思えれば、それは恐怖ではなくなるのです。

 

お化け屋敷で、お化けの出てくる場所がわかれば、何も怖くなくなりますよね。

それと同じことが起こります。

 

これが、「ブロック=障壁」だと思っていれば、お化け屋敷でお化けが出てくるのがわかっているのに、そこに意識を向けて、ただ怖がっている状態を作ってしまいます。

だから、結果的に「怖かった」という体験が残り、ブロックが見つかっても意味がないと思ってしまうのです。

 

ブロックという言葉の意味を変えることができれば、それもなくなります。

あそこにお化けがいることを楽しめるのです。

そうなれば、恐怖も楽しくなります。

 

怖いということを楽しめるのです。

怖がっている自分を楽しむというようねイメージになります。

すると、そこに流れる根本のエネルギーは、楽しいに変わります。

 

楽しいに変わるから、体験すること自体に対しての恐怖はなくなるのです。

だから、前に進むことができます。

 

お化け屋敷で、「ここにいけばお化けが出てくる、どうしよう・・・」と立ち止まっている状態が、ブロックを障壁だと感じた行動になります。

でも、ブロックを意識していることだとわかれば、「お化けが出てくるんだから、それ自体を楽しめばいい。どんなびっくり体験ができるかな?」となるのです。

ここの2つのイメージを、アナタの頭の中で具体的に感じてもらえれば、どちらが前に進めるのかがわかると思います。

 

そして、ブロックというものは、見つかりさえすれば、解決できるということもわかるのです。

 

何に意識が向いているのかがわからなければ、そこに流れている思考エネルギーや波動エネルギーのことを感じることはできません。

わからなければ、捉えられないんです。

逆に言えば、わかれば捉えることができます。

 

お金というものにおいて、「ここに恐怖があるんだ・・・」と、恐怖にフォーカスを当てれば、ずっとそこのエネルギーからは抜け出せないので、いつまでもブロックがあるように思えてしまいます。

それを解消しようとする行動をしても、根源のエネルギーが変わっていませんし、そのエネルギーを意識の中で捉えられていないので、軽くなれる行動をすることも、そもそもイメージすることもできないのです。

 

だからこそ、恐怖があることに対して尊重し、ただそれがあるという意識をすることで、自分の意識が向いているところを知り、フラットなエネルギーに戻すことができるようになります。

その状態になって初めて、新しい選択肢や、新しい現実、今までとは違う現実を作り出すことができるようになるのです。

 

それが、「ブロック」と言われているものの正体になります。

だから、ブロックというもの自体はないということです。

意識があるだけで、そこには何もありません。

ただ自分が、「何を思い込んでいるのか」ということになります。

 

それが、アナタの行動などを止める原因になっているので「ブロック」と言われているに過ぎません。

 

言葉の意味や定義、その捉え方を変えて、自分の気持ちが楽になる、軽くなるというのが、軽い世界になります。

わざわざ、自分から重くなる解釈をする必要なんて、全くないんです。

 

重くなった解釈を、重くなった状態で解決しようと思っても、その結果は重くなるのはイメージできると思います。

だからこそ必要なのは、物事を様々な角度で捉えることなのです。

 

その中から自分に合う考え方・価値観を選べばいいということになります。

ブロックという定義も、もしかすると、この記事で解説した以外の視点の方が、アナタには合う可能性もあるので、それを探してみてください。

探すことで、可能性が広がります。

 

情報という刺激から、アナタに合う思考エネルギーを見つけ出すことができるのは、アナタが自分で探すことです。

軽い世界は、アナタの中にあるのですから、それを見つけ出すのも、最後はアナタです。

 

ブロックという言葉1つをとっても、さまざまな視点と考え方があります。

その中から、アナタが最も気分よくいられるもの、情報を見たときに、それを自分の現実で軽く活用できるものを選んでみてくださいね。

よければシェアをお願いします!