小さなところから変えていくという意味。

感覚がわかるようになると、「この感覚の時は、こういう時だ」とわかるようになっていきます。

例えば、自分のことを否定しているつもりはないと思っていたのに、自分のことを否定している感覚がわかれば、どこで自分のことを否定しているのかがわかるようになります。

これが、マインドでは理解できない感覚の領域です。

 

感覚の領域がわかると、日常における自分の思考や行動から感じる状態によって、自分のことがわかるようになっていきます。

些細なことや、当たり前にしていることが、案外自分のセルフイメージを下げることにつながっていることもあるのです。

 

そこを見つけていくためには、感覚を知る必要がありますし、自分の感じる感覚が「どういう意味なのか」を知る必要があります。

 

単純に「重い感覚がある」ということを知っていれば、そこに重さがあることはわかりますが、そこからエネルギーの種類を知ることで、さらに明確になっていきます。

例えば、重いエネルギーの感覚が、「対立」なのか「支配」なのか。

はたまた、対立の中でも、どういう対立なのか。

支配でも、どういう支配なのか。

 

そこを明確にしていくことで、エネルギーを細分化していくことが可能です。

細分化できれば、そのエネルギーが出てくる根源も見つけることができるようになります。

ちなみに「魔法」というのは、波動エネルギーを「支配」と「対立」で使ったものの表現です。

ハリーポッターの世界は、波動のことを支配と対立で使っている。

 

根源が見つかって、そこにあるエネルギーの状態が軽くなったり、解釈の仕方が変わることで、その根元から繋がっている現実が変化していくことになるのです。

だからこそ、大きなことよりも、小さなところを軽くしていく必要があります。

 

小さなところを変えるから、大きなところが変わるのです。

すると、大きなところがまた小さなところを変えていくことになります。

これが、循環という意味です。

 

小さいところから大きいところ、大きいところから小さいところ。

この流れが大事になります。

 

自分の中を変えていく、思考や波動を変えていくのも、同じ流れが大事ですし、社会という枠組みを変えていく上でも、その流れが大事なのです。

小さなところが変わるというのは、庶民の思考が変わるということです。

庶民という個人の思考が自由になれば、どんなに大きいと言われている国ですら、維持することはできないのです。

 

個人が自由に、自分の好きなところで生きることを選べば、どんなに法律や権力を使っても、それらの力は幻想でしかないことがわかります。

だから、国が変わるのを待つのではなく、一人一人の思考が変われば、国は勝手に変わっていくというか、変わらざるおえなくなります。

そのためには、思考を今までとは違うものにしていく必要があります。

 

そして、今までとは違う思考を見つけるためには、波動や感覚というものが大事になってくるのです。

そこがわかるから、別の価値観や考え方を知ることができます。

「この感覚は、自分にとってご機嫌ではないから手放す」と思えれば、そのエネルギーを昇華することもできますし、昇華できれば、新しい思考を見つけることもできるのです。

 

「こう考えればいいんだ」

「こう感じればいいんだ」

「これでいいんだ」

と思えるから、思考が楽になりますし、軽く感じることができます。

 

力が抜けて、楽に考えていても、今までと同じか、それ以上の楽しい現実になるという体験ができれば、「これで全く問題ない」と思えるようになるのです。

そこにも、小さな体験から、小さなできたを積み重ねて、その結果「確信」に変わっていきます。

小さなできたの効果は、以下の記事で詳しく解説しています。

小さな思考と小さな「できた」が、楽しい現実を作るワケ。

 

確信があるからできるようになるわけではないんです。

できたがあるから確信になるんです。

そこの捉え方を変えてみてください。

 

だから大事なのは、できるかできないかの事実ではなく、自分で勝手に「できた」と決めることなのです。

 

体験したい方向性、達成したい方向性。

それらを決めて、できたと思っていれば、何かしらできるようになっていきます。

その方法は、できたと決めるから浮かびます。

 

例えば、やりたいことがあるけど、時間とお金と労力を考えたら・・・と考えるのであれば、やりたいことを「できた」と思っていれば、タイミングがいい時に自分で動けるようになります。

動けないのは、「できない」と宣言しているからです。

それだけのことになります。

そこも、感覚を感じることができ、「できない」というオーダーに気がつけたら「あ、違う!キャンセル!」と思えるはずです。

 

その感覚を毎日の生活で生かせるようになると、自分の目の前が自分のエネルギーによって作られていることがわかるようになります。

その感覚に辿り着くためには、小さなところから思考や感覚を変えていくしかありません。

 

一足飛びに、その状態になれるわけではないんです。

むしろ、重い価値観や思考を持って、急にその現実になったら、重いエネルギーが流れまくることになるので、耐えきれないと思います。

それも、バランスと準備が必要だということです。

 

自分の中にいつも「できた」という呟きを入れておくだけでも、感じ方は変わると思いますので、やってみてください。

日常の言葉の大切さは、以下の記事で詳しく書いています。

言葉の使い方。何気ない日常での言葉使いが、自分の現実を作っているワケ。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役【経歴】▶︎「人生をクリエイトする。(月4万PV)」の運営。▶︎ブログ運営4年経過▶︎波動関連のサービス運営●波動のような目に見えないものが面白くて研究してます●兵庫県出身のウォーキング/サウナ/温泉/食べること/電車好きです。