うまくいく現実を作る視点。

過去と今は関係ありません。

関係があるように思えるのは、感情がつながっているからです。

 

過去に起こった出来事があるから、今もその出来事を体験するということではなく、過去の出来事から感じた感情が残っているから、そこからイメージが出てきて、今も過去と同じようになるんじゃないかと考えてしまうだけなのです。

だから、過去にある感情を軽くさえできれば、昇華し切ることができれば、過去と同じ出来事が起こることはないのです。

 

過去と向き合うと向き合うというのは、そういうことになります。

出来事自体に対して向き合っても、何も変わりませんし、むしろ過去の重い出来事に共振して、今の自分がしんどくなります。

向き合うのは、感情だけです。

しかもそれは、頭で考えるものではなく、感覚で感じるものです。

 

どういう感情なのか。

どういうエネルギーなのか。

それをどうすれば昇華できるのか。

 

そこがわかれば、重い感情はすぐに消えていきます。

 

そこを、マインドで「こうすればよかったのかな」「ああすればよかったのか」と反省していても、エネルギーは変わりません。

反省というエネルギーは、自己否定なのです。

その時の自分の行動や考えを否定していることになります。

 

だから、過去の体験が失敗した体験だという認識になって、セルフイメージを下げることにつながるのです。

過去の反省なんてしても、それと同じ出来事は起こり得ないのです。

同じような現実は見ても、全く同じであることはないんです。

 

だったら、出来事に対して反省し、失敗体験として自分の中に残すよりも、自分がそこで「できてこと」にフォーカスを当てて、成功体験にする方が、よっぽど楽しいと思います。

その時の自分は、最善の行動をした。

ということにフォーカスを当てるのです。

 

何より、少なくとも「生きること」はできているのです。

反省してもしなくても、今のアナタは生きています。

それ以上に何が必要なのかということです。

 

生きるという成功体験があるから、今ここにいます。

死ぬという成功体験があるから、ここでの体験を終えられるんです。

シンプルですよね。

 

自分の体験を、全て成功体験にできるかどうかは、物事をどう捉えているか。

視点を変えられるか、見つけられるか。

そこが大事になります。

 

今まで、「できない」と思うところに視点を持って生きることに慣れていると、どうしても「できない」ところに意識が向くようになってしまいますので、「できている」という視点を見つけ出すことが難しいと思うかもしれません。

でも、難しいことではなく、ただその視点を見つける方法を知らないだけなのです。

 

そして、見つけたとしても、「自分が見つけたものだから信じられない」と思っていれば、それは見つけたことになりません。

誰かの答えを受け入れるように思考を操作させられているので、どうしても「答え」を探そうとしてしまいます。

これも、セルフイメージを下げる原因なのです。

 

答えなんて、自分で決めるものです。

真実も、自分で決めるものなんです。

 

誰の顔色を伺う必要もありません。

 

それこそ、「政府が決めたことだから従う」という謎の価値観があります。

嫌だけど従う、我慢して従う。

「専門家が言っているから正しい。」なんてことは1ミリもないんです。

だから、彼らがパーティーをすれば、怒りが出てくるのです。

 

そうじゃない。

彼らがしているんだったら、安全だということです。

そういう視点を持てるかどうかです。

 

柔軟な視点、多角的な視点。

それらがわかれば、全てが成功体験に変わっていきます。

成功体験に変わるから、「できる」現実を体験できるのです。

 

今の自分ができるから、これからの自分もできるようになります。

そうしていくと、自分で決めた答えで生きることが「こんなに楽なのか」と思えるはずです。

 

そこも、うまくいくから楽しいと思えます。

楽しいことをしていれば、楽しくなれる視点は見つかるのです。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。