目の前は、調和であり続ける理由。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

まず大事なことは、この世界には誰一人として同じ存在はいないということです。

これは人だけではありません。

動物も植物も、宇宙人も同じことです。

 

それぞれが、交わり合うことで、自然とその時1番のバランスが取れています。

その時の1番が「今」なのだとわかれば、何も守る必要はありません。

かといって、攻める必要もありませんよね。

 

ただ、今この瞬間に、もっともバランスが取れたものだから、自分の目の前にはその現実が広がっているということになります。

だから、今が1番なのです。

 

それが、どんな現実であっても、軽くても、重くても、それが今の自分にとっては1番なんだ。

自分の出しているエネルギーとしては、それが1番なんだと思えれば、自分の現実に対して、自分の力でどうにでもできることがわかるはずです。

そこが理解できれば、どの現実も作り出していけるようになります。

 

例えば、今の現実に対して不満があるなら、その不満をどうすれば解消できるのかを感じればいいということになります。

たくさんある情報の中で、どの部分に不満があるのか。

そこを明確にしたら、それが思考エネルギーとなってオーダーになります。

 

不満があるから、マインドで考えて「計画」する必要はありません。

むしろ、不満のエネルギーに共振して行動することは、不満にフォーカスを当てることになりますので、どうしてもそこから抜け出せない行動ばかりになってしまいます。

 

そんな時は、何もしない。

考えない。

ということが効果的なのです。

 

自分にとって、欲しいものがある場合も同じです。

欲しいものを手に入れるために、具体的なアイデアがなければ、それを無理に考え出す必要はないのです。

無理に考えることで、執着が生まれることもあります。

「何がなんでも手に入れる」という思考エネルギーがそれです。

 

ここも、「必要なものは必要な時に必要なだけ手に入る」ことを理解できれば、執着は消えます。

とはいっても、今必要なもの、そのバランスが取れているから、自分が自分として生きているのです。

ということは、もうすでにそれは理解していることになります。

 

マインドで理解しているかどうかではなく、感覚的にはわかっているから、現実が出来上がっているのです。

 

マインドで全てを把握することはできません。

例えば、なぜ何も考えていないのに、目の前に現実があるのか。

そこを説明することはできないと思います。

 

もし、マインドで現実を作っているのであれば、マインドが考えることをやめた瞬間に、目の前は真っ暗になると思うのです。

そうではないということは、マインドとは別のエネルギーがあるということになります。

それが、感覚レベルの波動や思考のことなのです。

 

そこが意識できれば、マインドとハートの2つを持って、自分の現実を意識することができます。

マインドとハートの調和があるから、今の目の前なのです。

 

だからこそ、その調和されている状態を、「軽くするのか」「重くするのか」を決めればいいということになります。

その決め手は、普段から何を考え、どこに共振しているのかということです。

 

そこを波動エネルギーで理解できれば、自分の共振したいエネルギーを選ぶこともできるようになります。

すると、新しいバランスでバランスで現実を創造していくのが可能になるのです。

 

今までとは違う波動で現実を作るから、そこでバランスがとられるような、そんなイメージです。

だから、波動エネルギーのことを理解すれば、現実を変えていくことができるようになります。

ちなみに、波動エネルギーのことはセルフワークでもなんとなくわかるみたいなので、以下の記事を参考にしてみてください。

波動が理解できるセルフワークについての解説。

 

波動があることがわかるだけでも、意識の中に入ります。

その上で、「この感覚は・・・」というものが理解できれば、今の自分がどういう現実を見たいと思っているのかがわかると思いますし、それが案外「今目の前にしているもの」だということもわかるはずです。

目の前は、自分の思い通りにしかならないことも、波動エネルギーがわかれば理解できます。

 

だから、波動エネルギーのことがわかれば、面白くなっていくのです。

楽しいことも、「え!」と思うようなことも、「ああ自分でうまく作っているなあ」と思えるんです。

 

そうなれば、自分のことだけに集中して生きることが、全体の調和にもつながることがわかると思います。

調和を目指すのではなく、自分がそうなったら、周りもそうなるんです。

その世界には、誰かが導いてくれるわけではありません。

 

というよりも、自分の足で進んでいけるのです。

だから、自由に生きていけるのです。

 

鳥は自由に空を飛びます。

木は自分で選んでそこにいます。

全ての存在が、それをお互いに受け入れているから、そうなっているのです。

 

ただ、ピラミッド社会という支配の世界にいるから、そう思えないことが起こります。

それは、「支配」の構造だからです。

その情報を見るのは、自分がそこに興味を持って、フォーカスを当てているからになります。

 

では、興味やフォーカスがなくなればなくなるのかというと・・・

なくなるんです。

 

自分の現実からなくなるというのは、自分の世界からなくなるということになります。

これが棲み分けなのです。

 

だからこそ、自分の好きなところ、ご機嫌になれるところに、興味・フォーカスを当ててみてくださいね。

よければシェアをお願いします!