感情をコントロールすることはできない理由。

感情をコントロールすることはできません。それは、感じていることを感じないようにしようと思っても、自分の中から出てくる感情を押さえつけても、どちらも「我慢」になります。

 

我慢をするということは、コントロールではありません。

我慢は貯めることになります。貯めると溢れ出てきたときにどうしようもなくなるのです。

 

コントロールできて、人生楽しめるの?

 

そもそも、

感情をコントロールすることが素晴らしいのはなぜでしょうか?

 

人が持っている当たり前の感情があるからこそ、

物質次元を楽しむことが出来ます。

 

もし、感情が全くなければ、

無味乾燥な世界を体験することになります。

 

感情を出さないということは、

全ての感情を消すということにもなるので、

楽しい・嬉しいといった感情も感じられなくなっていきます。

 

エネルギーは判断しません。

マインドの都合がいいように動くことはないのです。

 

感じない方にエネルギーを動かせば、全てを感じなくなります。

だから、自分の本音であるハートの感覚がわからなくて、

いつまでも自分が楽しくご機嫌に暮らせるイメージも湧いてこないのです。

 

感情に、いい感情も悪い感情もありません。

たくさんある感情を、たった2つに分けることがそもそもできないのです。

 

そもそもコントロールは重い波動エネルギーですよ?

 

そして、

コントロールというのは、支配のエネルギーになります。

 

そのエネルギーを自分に出しているということになるので、自分の波動エネルギーが重くなります。

重くなるということは、波動領域も重いものになるので、体験する現実は重くなります。

 

また、自分がコントロールしているのに、周りにコントロールできていない人を見るとイライラすると思いますが、

それも、自分が楽しく感情を扱えていないから出てくるものです。

 

波動が軽くなってくると、

全ての感情を楽しめるようになっていきます。

 

それは、感情から、自分が本当に感じたいものがわかるからです。

 

楽しいと感じているときは、楽しいことをしているんだと思えますし、

楽しくないと思ったら、やめることが出来ます。

 

自分に合っていることも、

合っていないこともわかります。

 

自分が満足できることも、

満足に感じないこともわかるのです。

 

それらがわかるから、生きることが楽しくなります。

そしてこれは、感情をコントロールして得られる体験ではありません。

 

感情はコントロールするのではなく、楽しむためのツール。

 

では、どうやって、感情を扱えばいいのか?

ということですが、自分の感じた感情に素直になってみてください。

 

そして、そのエネルギーを相手にぶつけることをやめてみてください。

 

例えば、怒りを感じたら、

「今、怒りを感じている」

と、いうことを俯瞰視してみるのです。

 

すると、怒りを感じている自分がわかるようになります。

俯瞰視できれば、何に怒りを感じているのかがわかるようになるのです。

 

何に怒りを感じているのかがわかれば、

怒りのエネルギーを相手にぶつけることがなくなるので、

重いエネルギーが大きくなることはありません。

 

大きくならないから、自分の中で昇華できるようになります。

 

昇華することは、我慢することとは違います。

我慢は、溜め込むものです。

昇華は、なくなることです。

 

自分の重いエネルギー出す先を、人ではなくエネルギー空間に変えてみることで、

いくらでも重いエネルギーを循環させて、軽いエネルギーに変えることが出来ます。

 

軽いエネルギーに変えれば、

自分の中に溜め込む必要は全くなくなるので、

感情をコントロールしようとも思わなくなっていくのです。

 

そして、

自分の中が軽い波動に満たされたら、

怒りを感じることは減っていきます。

 

だから、いつも穏やかにいきていくことができるのです。

 

まとめ

 

感情をコントロールできません。

コントロールできることが素晴らしいわけでもありません。

 

そして、コントロールは支配のエネルギーを出していることに気がついてください。

 

自分に対して、支配のエネルギーを出しているということは、

自分の周りに対しても同じエネルギーを出しているタイミングがあります。

 

いつもそのエネルギーでいるわけではありませんし、

出していることを後悔しても、心配しても仕方がありません。

 

出していることがわかれば、

そのエネルギーを軽いものに変えていけばいいのです。

 

軽い波動がどんな感じなのか?を知れば、

重い波動を出していることがわかった段階で、すぐに切り替えることが出来ます。

 

だから、そこから先の現実は軽くなり、

自分から出てくる感情を楽しむことができるのです。

 

物質次元は楽しいものです。

楽しい遊園地のような場所なのです。

 

だから、そこにある感情も楽しむことができれば、

感情というものに振り回されることなく、自分のご機嫌な感情を体験することが出来ますよ。

 

関連記事

「エネルギーは判断しないのです。」

「自分を大切にするという意味とそこで必要になる具体的な方法。」

「人間関係は出す波動を変えれば自然に変わる。」

「”軽い波動”ってなに?軽い波動がわかる感覚をお伝えします。」

「波動領域は自由自在に変えていける。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!