自分のご機嫌を意識して方向性を決めると軽くなる理由。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

意識して自分のご機嫌を選べるようになることは、

軽く生きる感覚がわかるようになるきっかけになります。

 

全く何も意識しないで、自分の進む道や選択肢を選んでいると、

自分の思考エネルギーがどこに動いて波動エネルギーを動かしているかどうかが感覚的に掴めません。

だから、いつまでも、自分の体験したいと思う現実が現れないのです。

 

逆に言えば、意識することが感覚でわかれば、

いくらでも作ることができるようになります。

 

無意識はありません。

無意識は本来ないんです。

だって、そもそもが意識体な訳ですから、

無意識という概念は、無意識という概念を作り出している時にしかできないのです。

 

でも、なぜ意識する時間が減って、無意識と呼ばれるものが増えていくのか。

それは、そのように思考を使うことを習っているからなのです。

 

無意識を生み出すには、「慣れ」を作り出します。

つまり、反復させて、思考停止状態を作り出すのです。

 

何度も同じことをやっていくと、

それが当たり前になり、習慣になっていきます。

 

例えば、朝早く起きるという習慣を作り出すには、

全ての人が個性に関わらず、その時間に起きる社会を作り出せばいいのです。

 

だから、時間という概念を作り出して、

同じ時間に行動させるということをしていきます。

 

すると、

朝早く起きて、決まった時間に行動するという習慣を生み出すことができます。

 

そして、その習慣を毎日していれば、決まった行動を作り出せるようになるのです。

決まった行動は、無意識の時間になります。

 

そして、無意識領域を作り出すことで、

朝早く起きる以外にも、無意識というものが存在することを受け入れることになるのです。

 

受け入れる時に必要なのは、納得できる事象になります。

その事象こそ、何の確証もないのに、当たり前にしている「みんなが朝早く起きている」ということなのです。

 

そうやって、無意識を認知させ、

思考停止状態を作り出すことができれば、決まった行動を取らせることは難しくありません。

そして、その枠からはみ出た時は、

勝手に「おかしい」というレッテルを貼ってくれるので、非常に便利になっていきます。

だから、無意識に生きる時間が増えれば増えるほど、重い波動に閉じ込めるための情報を流しやすくなるのです。

 

無意識になったら、意識に戻す。

これまで通り生きていくと、無意識の時間が長くなっていきます。

そして、その無意識にある思考エネルギーが、自分の現実をオートメーションのように作り上げていくのです。

 

もちろん、

その無意識領域にあるエネルギーが軽ければ軽い現実を引き寄せることになりますが、

さっきもお伝えしたように、無意識というもの自体が、支配のために作られているものなので、当然のことながら、無意識領域にあるエネルギーは重いものです。

 

だから、現実は重くなります。

自分の中も、自然と重くなるのです。

 

では、どうすればいいのか?というと、

無意識にしていることを見つけてみてください。

これは、探すことに慣れるまでなかなか難しく感じるかもしれません。

 

だって、当たり前にやっていることなのですから。

自分が疑いようもなく当たり前にしていることを見つけるのは、至難の技です。

 

でも、感覚的に感じることができれば、

習慣を疑ってみることができれば、

たどり着けることもあります。

 

そして、その時にオーダーすることも1つの方法なのです。

 

自分で自分にオーダーする。

「自分にある自分の当たり前や無意識にしていることはどれ?」

と、自分のハートにオーダーすることで、気づかせてくれる現実を作ってくれます。

 

それは一見すると、都合のいいように感じない出来事かもしれませんが、

意識的にオーダーしていれば、気がつくことができます。

 

そして、

無意識にしていることに気がつけたら、

意識の中に持ってきてみてください。

 

それは、”受け入れる”ということです。

 

無意識は敵ではありません。

だから、「ああ、これ、無意識にしてきたんだ」

ということを受け入れることで、意識の中に持ってくることができます。

 

意識の中に持ってきて、

感覚的にご機嫌でないと感じたら、そのエネルギーを昇華してみてください。

 

エネルギーが昇華できれば、

もう自分の目の前に現れることはなくなります。

 

だから、ご機嫌になれるので、軽くなれるのです。

 

原因がわかって意識すれば、軽くなる視点は必ず見つかる。

今まで考えたこともなかった視点は、

自分の原因がわかることで見えてきます。

 

その視点で物事を見たとき、自分の現実は軽くなっていくのです。

 

そのためには、

意識的に生きる時間を増やすことが大切だということも、

今回の記事でおわりいただけたかと思います。

 

無意識を受け入れている間は、

意識的に現実を作るということは無理です。

だから、意識的にご機嫌を選んでみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。