願いは忘れた頃に叶う???

 

願いは、忘れたころに叶います。

これはどんな引き寄せもそうですが、忘れたころに引き寄せられてきます。

 

なぜか。

それは、忘れるほど”今”を生きられているからです。

 

今を生きることが出来れば、

先のことは考えません。

(今を生きることの大切さはこちら

「今が次の現実を創る。」

 

「こうしたいな」と

意図する先をしっかりと決めておけば、あとはひらめきを頼りに進めばいいのです。

 

 

願いを何度も何度も見返したりすると言うことは、

執着にもなりますし、

 

例えるなら、

畑にまいた種を何度も掘り返すようなものなのです。

 

それでは

種は育たずに枯れてしまいます。

 

種が「願い」だとしたら、

種は、埋めてタイミングが来ればしっかり花を咲かせてくれます。

 

 

それと同じだということです。

 

 

いつまでも「種が咲くかな??」と見てられませんよね?

だから、願い(意図)をしたら、あとは忘れて楽しいことをしておけばいいのです。

 

待つことを、楽しむのです。

 

あとは、タイミングが来れば勝手に芽が出てきます。

それが忘れたころにやってくる感覚になるのです。

 

 

意図したら、願いごとを忘れて、今を楽しんでみてください。

まったく違うことをしてもいいと思います。

 

寝ててもいいと思います。

映画を見たり、

音楽を聴いたり。

 

好きなことをしながらタイミングを待ちます。

 

すると、

「ん?」

「これしてみようかな??」

と、思うタイミングがきます。

 

その「ん?」

というタイミングで行動してみてください。

 

 

種って、あとはほったらかしでは、芽は出ませんよね??

タイミングよく水をあげたりすると思います。

 

願って終わり、では枯れてしまいます。

そうではなく、水をあげるタイミングでアナタが動いてみてください。

 

そのサインが、ひらめきや「ん?」という感覚なのです。

(閃きについてはこちらの記事もどうぞ!

「閃きやアイディアは夢を実現するサイン。」

 

それを逃さずキャッチできれば、気がつけば願いは叶っていくでしょう。

 

 

願いは忘れたころにやってきます。

そして、

気がついたら叶っているのです。

 

意識して、何度も願い直しても叶うわけではありません。

 

それだったら、待ってる時間を楽しく過ごしているほうがいい気がします。

 

願ったら、忘れてみてくださいね~!