気に入らない現実を見たときにできる、気にいる現実に変える方法。

ご機嫌な現実を作る

周りを冷静に見て・・・

今、どんな現実を見ていますか??

そして、体験していますか??

 

その現実は、アナタの中の世界を投影している結果です。

 

だから、いくら外の現実を変えようと思っても、

自分の中が変わらないことには何も変わらないのです。

 

結果は、結果でしかありません。

 

映画館をイメージしてみてください。

 

アナタは映画を見ています。

スクリーンに映されている世界を見て楽しんでいます。

それが目を通してみている日常だと思ってください。

 

映画は、フィルムを変えなければ、ストーリが変わることはありません。

いくらスクリーン自体をいい物にしても、

フィルムを変えなければ、きれいに写るだけで映像は変わりませんよね。

 

だからフィルムを変える必要があります。

フィルムが、アナタの中の状態なのです。

 

アナタの中が、満たされていて、楽しいものであれば、

それがスクリーン(現実)に写されます。

でも、アナタの中が対立していたり、支配していたりすると、

それがスクリーン(現実)に写されるのです。

 

アナタの見ている世界がご機嫌になれないなら、

まずは、「自分の中がどうなっているのか?」を感じてみる。

 

そして、見ている現実の中で、「どこが嫌なのか。」

それも見つけてみてください。

 

「全体的になんとなく・・・」

と、ぼやっとしてしまうと、原因がわからなくなります。

 

フィルムは、まったく新しいものと取り替えてもいいですし、

編集して、切り貼りすることもできます。

 

全体を変えなくても、ご機嫌で過ごすことができるのであれば、

一部だけを変えればいいのです。

ちょっとずつ変えていくことで、ご機嫌なフィルム(現実)を自分で作ることができます。

 

見ている現実を変えようとしないでください。

見ているものは、結果に過ぎません。

 

結果を変えるのではなく、その結果を作った原因を見つけて変えてみてください。

そのためには、自分の中を感じる必要があります。

 

そして、ヒントは自分の映し出した現実にあるのです。

 

違和感のある現実を見たら、自分の中を感じてみてください。

 

変えるためのヒントは、自分の中にありますよ。