生きている実感を感じると、心は軽くなる理由。

生きているという実感が、物質次元をより楽しいものにしていくエネルギーになります。

これは、心を満たした時に感じる感覚なのです。

 

心が満たされると、軽い気分になれます。

この軽い気分でいることが増えれば、自然と波動も軽くなりますので、思考も軽くなっていきます。

ここの連動性を感じることができれば、自分だけに集中することが、人生を楽しむためには割と大事だということも理解できるのです。

 

すると、自分のことだけに集中すればいいようになりますので、余裕が生まれます。

余裕がないのは、自分以外のところに意識が向いているからなのです。

 

アナタが自分以外のところに意識が向くと、周りもアナタのことに意識が向きます。

だからお互いに意識を向け合うことになるので、人間関係はうまくいきません。

「あの人が変われば、私は幸せになる」ということは幻想だということです。

 

どんなに周りに意識が向いて、そこが変われば人生は変わると思い込んでいても、その思考では楽しく生きることはできません。

むしろ、そこにエネルギーを注いでいくことで、より抜け出せない現実を体験することになってしまいます。

 

自分の意識した先に現実はできますので、アナタがどういう状態なのか。

どういうエネルギー状態なのかによって、現実はコロコロ変わります。

それを意識的に捉えることができているのかによって、変わっていることへの実感も変わるのです。

 

ここも、「変わった」と思えば変わりますし、「変わらない」と思えば変わらないのです。

そして、アナタがリバウンドすることなく変化していく時には、その変化を感じることもないくらい、ごく自然に変化していくことがほとんどなのです。

 

そういえば、そういうことがなくなった。

この変化が、もっとも効果的で、無理ない現実の変化になります。

 

もし、アナタが、目に見えて変化を欲しているときは、刺激が欲しいということです。

変化が欲しいのではなく、退屈な目の前の現実変えるという刺激が欲しいのです。

だから、現実でも、刺激的な現実を創造することになります。

 

刺激的な変化というものが、アナタの中でどういうものかによって、体験する現実は変わります。

 

何に興味を持っているのか。

どういうことを常に考えているのか。

好きなこと、嫌いなことは何か。

それによって刺激は変わるということになります。

 

心が満たされている時と、満たされていない時。

自分に集中できている時と、できていない時。

それによって、興味が湧くものも変わりますし、その時の気分によっても変化するでしょう。

 

その違いが、現実になるということです。

ここが、波動のことを理解していると、エネルギー自体を感じることができますので、「あ、あのときはこういうエネルギーだったんだ」ということがわかるようになります。

 

いつも覚えておく必要はないんです。

どんなオーダーをしたとか、どういう意識で捉えているのかとか、そういうことを常に覚えておくのではなく、感じておくんです。

感じておけば、「ん?」と、ふと疑問に思った時に、感じ直すことができます。

 

波動のことを何も意識することなく生きていれば、どこでどんなエネルギーを持って生きているのかを理解できませんし、思い出すこともできません。

でも、波動の感覚を掴んでいれば、思い出すこともそんなに難しいことではなくなります。

 

これも、自分に対して「この現実を作ったエネルギーはどこ?」とオーダーすれば、どんな時の自分の波動がそうなったのかを思い出せますし、理解することも可能です。

あの時のあの感覚が、今の現実を作るエネルギーだったんだということがわかれば、そのエネルギーを昇華することができますので、今の自分が感じるエネルギーを変えることができます。

 

重くなっている自分の根源を昇華することができれば、「なぜ重くなっているのか?」ということも理解できますし、理解さえできれば、そこから何をすることもなく問題は解決できます。

「だからどうすればいいんだ?」ということを考える必要もなくなるのです。

 

そうなると、見えない解決策を見つける必要もなければ、今の自分の感じていることも尊重できます。

自分の感じる気持ちを尊重できていれば、軽くなれるんです。

 

例えば、自分の感じることを意識できると「なんでいつもそうなるんだ」と呟くよりも、「あ、今、なんでそうなるんだって思った」と呟くことができるようになるんです。

自分を否定する呟きか、自分を感じて客観的になれる呟きか。

この違いによって、その後の自分の気分は変わると思います。

 

自分を責める時に感じる思い気分もなくなりますし、それを後から自分で感じる必要もありません。

その時間が重くならないので、軽くいられる時間を増やすことができます。

だから、余裕が生まれますし、意識する先が軽い方ばかりになるので、自然と毎日の現実も軽くなっていくということになります。

 

それを実現するためには、日々の小さな出来事を、自分にとっての軽い方を選べるかどうかです。

軽い方というのは、素直さが必要になります。

 

「こんなことを思ってはいけない」なんてことはありませんし、「こんなことを言ってはいけない」ということもありません。

感じたこと、言いたいこと、それを素直に自分とコミュニケーションができるかどうかが、大事なことになります。

それを感じないフリをしたり、言わない我慢をしている限り、アナタの現実におけるオーダーの質も変わりません。

 

オーダーが変わらないなら、現実は変わりませんし、心から満たされた状態も手に入らないんです。

 

オーダーを変えられるのは、アナタ自身ですし、いろんなオーダーを試してみて、自分にとってもっともしっくりくるものを選べるのもアナタです。

最初は、どういうオーダーをすればいいのかわからないと思いますので、アナタが軽いと思える思考から感じるオーダーをすればいいと思います。

でも、真実はいろんなところにあるのを忘れないでください。

 

「それしかない」という答えはありません。

「それしかない」という答えを提示できる人は、アナタ以外にはいないんです。

 

決まったものは何もありませんし、逆に決まったものを受け入れるのもアナタなんです。

退屈な毎日であっても、それを受け入れているのはアナタ自身ですし、そこから変えていくのもアナタでできます。

それさえ思い出すことができれば、コツさえわかれば、誰でも自分の現実は自分の好きなように作れるんです。

 

自分で作っていることを理解して、好きなようにできる意味をはっきりわかれば、生きている実感を感じながら、心も同時に満たされていく毎日になっていきます。

だから、軽くいられるんです。

 

社会や世の中、周りは関係なくなる意味もわかると思います。

どういう意味なのかがわからないと、それを実現することもできませんので、ぜひアナタ自身の現実で体験しながら、その意味を感じてみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』