シンプルに考える効果。

物事はシンプルです。

やりたいか、やりたくないか。

したいか、したくないか。

 

それが判断基準です。

 

どんな理由であっても、シンプルになれれば、迷うということも楽しめます。

選ぶことを迷う楽しさです。

そこに深刻さを持ち込まないからこそ、選ぶことも楽しめるようになります。

 

考えることも、柔らかくです。

硬くなると、気分が楽しくありません。

だから、柔らかくなることをイメージして、ふわっとした感覚で考えることを意識するだけで、イメージすることも楽しくなります。

 

頭の中も、楽しくないことばかりが浮かぶなら、「柔らかく・・・」と意識をした後に、ボーッとしていれば、楽しいことを思いつくこともありますし、そのまま寝てしまうこともあると思います。

でも、それでいいんです。

楽しいことが浮かばないなら、浮かばないでいいんです。

 

楽しいことって、無理に考えるものではありませんから。

考えたくないなら、考えなくていいんです。

 

それに、ボーッとしているだけで、情報をキャッチしています。

それが、マインドの外にある情報と言われているものです。

自分が今まで考えたこともないようなアイデアやひらめきは、そこからきています。

だから、ボーっとすることで、そこにアクセスできるようになりますので、「こうなったら楽しそうだなあ」というイメージを、実現できるようになるアイデアが、ふとした時に浮かぶようになります。

これがボーッとする効果なんです。

 

思考はシンプルです。

柔らかいと思えば、柔らかくなります。

硬いと思えば、硬くなります。

 

柔らかく使えば、軽くなりますし、硬くなれば、重くなりますので、そこを意識してみてくださね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役【経歴】▶︎「人生をクリエイトする。(月4万PV)」の運営。▶︎ブログ運営4年経過▶︎波動関連のサービス運営●波動のような目に見えないものが面白くて研究してます●兵庫県出身のウォーキング/サウナ/温泉/食べること/電車好きです。