選択肢が出てきたら自分で選ぶ。

 

情報を使ってみると、

自分に必要なことかどうかがわかるようになります。

 

情報という選択肢を知ることで、

チャンネルをかえることができるようになっても、

自分自身でそのチャンネルを変えると決めなければ、

目の前の現実というチャンネルが変わることはありません。

 

だから、

知ることも、

体験することも、

そのあと「自分がどうしたいのか」ということの材料になるだけで、

知ることだけで現実が変わるのではありませんし、

体験することだけで現実が変わるのではありません。

 

 

今まで1つしかないと思っていたところに、

2つの選択肢が現れます。

 

2つのうち1つを選ぶことができるから、

もし、選んだ方が自分に合わなくなったら、

合わないと感じたら、もう一つの選択肢や他の選択肢を選べることを知っているから、

現実を変えられるのです。

(こちらの記事も参考にしてみてくださいね

「軽い波動を知ることで現実を選べるようになる。」

 

 

フォーカスしたところに、エネルギーは流れていきます。

でも、フォーカスする場所すら知らなければ、

エネルギーを流す方向性を持つことができません。

 

それを探すために

選択肢を持っていることは大切なのです。

 

 

だから、知ることも大切ですし、

体験することも大切です。

 

それら以上に、

知った上で、

体験した上で、

 

自分はどうしたいのか。

 

何が体験したいのか。

どこにフォーカスしたいのか。

 

ということを決めることも大切なのです。

(”自分で”決めるための視点はこちらの記事もどうぞ

「答えを決めるのは自分自身。」

 

 

得た情報や、体験は日常で使ってみてください。

自分の目の前にある日常で使うから、

役に立つことがわかります。

 

わかるから、

自分の現実は、自分のフォーカス次第で変わることがわかり、

「変えられる」という自信を感じるきっかけになるのです。

 

 

自分の中にある選択肢を、

積極的に自分で選んでいくことができれば、

引き寄せたときに満足することが出来ます。

 

「引き寄せることが出来た」

と、感じられるので、

感覚を信じることができるようになります。

 

 

たくさん選択肢を得ることも大切ですが、

自分で選択肢を選ぶことも大切です。

 

 

お店に入って、

たくさんの料理名を眺めているだけでは、

料理は運ばれてきません。

 

「自分はこれが食べたいです。」

と、オーダーするから、その料理が運ばれてきます。

 

「なんでもいいので、食べ物をください」とオーダーしても、

出てくる料理に満足できません。

 

それと同じで、

自分の体験したい現実(料理)を選んでみてくださいね。

 

波動を体験できる講座を開催中♪

【9月29日】軽い波動を共有するぞプロジェクト!@兵庫西宮

※申し込み締め切りは9月21日までです。

【10月20日】5次元感覚を思い出す!対面5次元コンサルティング@東京

※申し込み締め切りは9月30日までです。

【10月21日】軽い波動を共有するぞプロジェクト!@東京

※申し込み締め切りは9月30日までです。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

5次元感覚を思い出し、物質次元を思う存分楽しんでいます^^ 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。 また、チャネリングを通じて、 「どうすれば物質次元を楽しめるのか?」 という情報を宇宙人と相談しながら、ブログを書いています。