思考の回路を変えると同じ現実は見なくなるワケ。

 

軽くなればなるほど、

思考の現実化が速くなります。

 

それは、身軽になっていくからです。

 

何でも出来ることを思い出していくと、

チャレンジすることに何も考えなくなります。

 

やってみることが先になるので、

悩むことが減るのです。

 

悩むことが減れば、

「思考する」

「アイデアや直感が出てきたら行動する」

という流れがスムーズになります。

 

だから、

「思考する(イメージする)、行動する、現実になる」

という循環が生まれ、あっという間に現実化できているように見えるのです。

 

まさに、”思考が先、現実があと”

なのです。

 

ただ、軽くなってくると、

思考によっては体験したくない現実を引き寄せるスピードも速くなります。

 

 

例えば、

ふと、「これができない・・・」

と思ったら、出来ない現実ばかり引き寄せてきます。

 

出来ないと思った瞬間に、そこにエネルギーが流れるので、

次の現実もできないと感じる現実になります。

 

だから、

波動が軽くなってくると、

自分の思考に気をつける必要が出てくるのです。

 

 

自分の中を整えることはとても大切なことです。

それと同じく、自分のイメージを作り出す映像には十分注意してみてください。

 

例えば、

自分の過去の思考回路を思い出す(刺激する)ような映像を見ると、

過去の感情にリンクすることになります。

 

リンクすると、過去に持っていた思考回路が開いて、

過去のエネルギーを今の自分のエネルギーにしてしまうことがあります。

 

確かに、手放しきっていたら、

情報として思い出しても、感情が揺らぐことはありません。

 

でも、過去の感情をわざわざ引っ張り出す必要もないのです。

 

その映像を見なければ、過去にリンクすることはなかったはずです。

(もし、手放したいと思えば、手放してみてください

「感情のエネルギーを手放す方法。」

 

 

そして、

リンクせずに、フォーカスしていなければ、

その感情は自分の中にありません。

自分の中にないということは、今には影響がないということなのです。

 

 

「できない」という思考回路に入ったら、

出来ないと思う現実ばかりを体験することになります。

 

そのほかの、

自分の体験したくない現実を体験しているときも同じです。

どういった思考回路が開いているのか。

 

我慢なのか。

被害者になっているのか。

孤独なのか。

 

もし、自分が体験したくない現実を体験したら、

どの思考回路が出てきているかを俯瞰して感じてみてください。

 

軽くなればなるほど、

1つの重い思考回路で、受け取れる現実が変わります。

 

自分の中だけでなく、

周りの影響(映像以外にも、周りにいる人の思考エネルギーなど)もあると思いますので、

自分にとって必要のない思考回路が出てきたと思ったら、

「共振しません」

と、意図してみてくださいね。

(周りに共振するとはどういうことか?

「波動が軽くなるといろんな影響を受ける。」

 

 

何もしなければ、飲み込まれてしまうことがあります。

必要のない思考回路はしっかり断ち切ってくださいね。

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!