ありのままの自分とは、すべてをさらけ出すことではない理由。

「ありのまま」

これを聞くと、ディズニーの『アナ雪』しか浮かびませんが・・・。笑

 

「ありのまま」ってどういうことでしょうか?

さっそく辞書で調べてみました。

「実際にあるとおり。偽りのない姿。ありてい。『有りの儘の話』『有りの儘を見せる』」

ということでした。

 

「偽りのない姿」、

つまり「建前と本音の境界線がない」ということですね。

 

実は、波動が軽くなってくると、建前ってなくなるんです。

なくなるというか、バレるというか。笑

 

テレパシーが使えるようになると、隠し事が出来なくなります。

思ってることが、相手に伝わってしまうので。

 

 

なんでこの話をしたのかというと、

建前だろうが、本音だろうが、「自分」はすべて知っています。

 

ここでは、何度もお話しているように、

”思考が先、現実があと”なのです。

 

つまり、

どんなに本音を隠そうが「自分」は知っているので、その本音を現実化してしまうのです。

 

ということはですよ、隠しても仕方なくありませんか?

 

「相手には伝わらない」と思ってるかもしれません。

でも、自分の現実はそちら(本音)に動くのです。

 

口では立派に言っていても、「なんかこの人、微妙。」って思うときは、だいたい本音を隠して接していますし。

 

「ありのままで生きよう!」と、肩肘張る前に、本音で生きていけばいいのではないでしょうか?

 

そうすれば、自然とありのままで生きられると思います。

 

「そんなことを言っても、私の一言で相手が傷つくのは・・・。」

 

傷つく原因は、アナタの一言ではありません。

確かにきっかけはそうかもしれませんが、傷つく原因は相手にある「タネ」にあるのです。

 

例えば、

背が高い人に「すごく背が高いですね。」と、言ったとします。

もし、その人が背が高いことをコンプレックスに思っていたら、

「なんでそんなこというの!!!」となりますが、

高いことを何も感じてなかったら、

「そうなんですよ~」で、終わります。

 

つまり、

相手がコンプレックスに思っているかどうかだけで、相手の反応は変わるのです。

同じ言葉であっても。

 

ということは、

アナタが何か言ったとしても気にする必要はまったくないのです。

 

ありのままに生きるのは素晴らしいことだと思います。

どんどん自分に正直になってくださいね。

 

関連記事

「感覚的に感じた違和感を、見て見ぬふりはできない理由。」

「”軽い波動”ってなに?軽い波動がわかる感覚をお伝えします。」

「比べるという思考を手放す。」

「マインドとハートのオーダーが違う時に起こること。」

「イライラやざわつきは”手放せるよ”というサイン。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら