引き寄せのタイムラグがある理由と楽しく待つ意味。

どんな現実も、物質次元で引き寄せるときにはタイムラグが存在します。

そしてそのタイムラグは、人それぞれ違うのです。

 

だから、

引き寄せが速い人もいるし、遅い人もいます。

そして、そのスピードの差は、ハートの声を聞いているか??によっても異なります。

 

引き寄せにおいて、マインドでは引き寄せることができない理由。

 

マインドで「引き寄せたい」と思うことは、

この物質次元に生まれてきてから得た知識・過去の経験などから思うことです。

 

でもそれは、本当に達成したいこと・達成したいものではないこともあるのです。

本音で達成したくないのに、達成できるワケないですよね。笑

 

もし、

アナタが心から達成したいと考えていれば、信じきることが出来れば、どんなことも可能です。

 

マインドでああだこうだ考えなくても、スッキリした気持ち

「こうなる。」

と確信していれば、自分の体験したい現実を引き寄せることが出来ます。

 

マインドで引き寄せようとしているときは、なかなかその状態で待つことはできません。

それは、頭で考えているオーダーだから、頭でさらにいろんなことを考えてしまうからです。

 

ハートから出てくるオーダーは、イメージです。

イメージは感情と感覚によって作られていきます。

 

感情と感覚は、マインドでなんとかなるものではないので、それら2つを使うことはできません。

だから、いくらマインドで、自分の都合がいいように考えを巡らせても、それが現実に与える影響はほとんどないので、現実化しないということになります。

 

タイムラグが早くなるというより、早く感じるようになる理由。

 

タイムラグにしても、

アナタが楽しくご機嫌さんでいれば、どんどん速くなっていきます。

そして、深刻にマインドで考えたことより、ふとしたことのほうが現実化していきます。

 

植木鉢にタネを植えて、何度も考えて掘り返したり植え直したりするよりも、

植えたことを忘れて別のことを楽しんでいれば、気がついたら咲いていると、

待っている時間も楽しんでいるので、待っている時間が短く感じるのです。

 

遊園地に行って、乗り物の待ち時間を友達と楽しくお話ししながら待つ時間と、

何もしないでただジーッとしているのとでは、感覚的に違うと思います。

 

その状態が、自然とタイムラグを短くしていくのです。

 

また、波動エネルギーが軽くなると、エネルギーの伝わるスピードが速くなるので、現実化のスピードも速くなります。

氷と水蒸気を比べてもらったら、どちらの方が進みやすいのか一目瞭然ですよね。

 

それと同じように、重い波動が氷で、軽い波動が水蒸気となります。

これが、体験したいと思う現実をオーダーする際に現実化のスピードに影響があるということです。

 

だからといって、タイムラグが短いことが良いこと、ではありません。

そこは誤解しないでください。

 

タイムラグが短い時もあれば、長いときもあります。

 

遊園地のアトラクションも同じです。

短い時もあれば長い時もある。

 

それは、

自分の現実に必要なタイミングがいつなのかによって違うのです。

 

ご機嫌でいれば、ハートの声も聞こえますし、

自分が本当に何を望んでいるのか??ということがわかってきます。

 

だから、自分がどうしたいのかということがわかるようになるから、タイムラグが短く感じるだけなのです。

 

タイムラグがあるから楽しめるし、飽きずに過ごしていける。

 

タイムラグを楽しんでください。

待つ時間も楽しいのです。

 

物質次元だからこそ、タイムラグがあります。

 

仮に、なんでも思考があっという間に叶ってしまう現実を、イメージしてみてください。

 

作り上げる過程を経験しに物質次元に来ているのに、なんでも叶ったらつまらなくはないですか??笑

 

引き寄せられないと思うタイムラグでどんなに焦っても仕方ありません。

体験できるときは出来ますし、出来ないときはできないのです。

 

焦る気持ちはわかりますが、冷静にゆったり待ってみてくださいね。

 

その余裕が時間を伸ばし、

必要なタイミングを作り出して生きます。

 

ゆったりと余裕を持って過ごしているから、進んでいく過程も楽しくなっていきます。

 

現実化の過程が楽しくなると、波動は自然と軽くなる。

 

なんでも瞬時に叶わないこの物質次元は、すぐに叶わないことが楽しい体験になります。

 

小さくできたことを楽しんだり、できないことを突破することを楽しんだりできる遊園地のような場所です。

でも、今の社会があまりにも重くて、エネルギーを搾取する状態になっているので、なかなかその楽しさを実感する余裕が出てきません。

だから、すぐに手に入るとか、すぐに欲しいものを手に入れたいとか、そういう思考エネルギーになって、手に入れることができない状況を嘆くことになります。

 

速くすること、素早くすること、それらが価値だと思わされているから、忙しくなるし、急かされるエネルギーに共振することになるんです。

 

どんな変化がないと思うような毎日でも、必ずどこは変化しています。

大きなところばかりを見ていると、どうしても小さな変化を見落としがちになってしまうのですが、小さな変化が積み重なっていくから、大きな変化を見つけられます。

そこの順番を逆にするから、「楽しくない」とか「変化がない」とか、そういうところに目がいくことになって、焦ってしまうのです。

 

そうではなく、ちょっと小さなところに目を向けてみてください。

小さな変化、小さな出来事、毎日当たり前にしていること。

それらを見ていれば、小さな過程を見つけることにも慣れていくのです。

 

すると、毎日が刺激的になります。

いつもとちょっと違うだけで、刺激になるのです。

 

その刺激から、また新しい現実になっていくことあれば、今までと変わらないように見えて、ちょっとずつ変わっていくことも出てくるんです。

その発見がまた楽しいと思えるようになります。

 

すると、小さなところにフォーカスがいくようになるので、さらに楽しい現実を見つけることができるようになっていくのです。

その繰り返しをしていると、タイムラグとか、もう頭の中から消えていると思います。

 

毎日に夢中になっていれば、マインドで考えた何かをオーダーすることは、なくなっていくんです。

すると、現実化のスピードが早くなります。

 

これが、軽い世界の楽しく生きている循環型の世界です。

そこにいると、次々に夢中になれるものが出てくるので、楽しい毎日になります。

 

まとめ

 

夢中になれるものは、夢中になってやっていればいいと思います。

後先考える必要もなければ、我慢する必要もありません。

ビジネスになるかどうかを考えるなんて、それこそ自分を見失っていきます。

 

ビジネスがダメというわけではありません。

それが目的になるから、おかしくなっていくんです。

 

自分が夢中になってやっていることを提供すれば、自然とビジネスになります。

その形を作っていくのは、自分の夢中になれる小さなことを見つけて、実行していく楽しさを感じられた時に出来上がっていきます。

 

その状態になれば、楽しく待っているのも、待っているだけではなく、待っているときも自分のやりたいことをやっているという循環になっていくでしょう。

すると、楽しいことをしているだけで、必要なものは揃っていくという環境を手に入れることができます。

 

関連記事

「現実化のタイムラグがどれくらい開くのかは、物事によって違う理由。」

「マインドとハートの決定的な違いはどこから得た情報なのかということ。」

「自分の心の声を聞くためには、2つのシンプルな方法が効果的。」

「どんな小さな現実も自分の思考エネルギーで作り出している。」

「軽い波動でいることが、重い感情を昇華する理由。」

 

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役【経歴】▶︎「人生をクリエイトする。(月4万PV)」の運営。▶︎ブログ運営4年経過▶︎波動関連のサービス運営●波動のような目に見えないものが面白くて研究してます●兵庫県出身のウォーキング/サウナ/温泉/食べること/電車好きです。