意図の使い方。

 

意図するというのは、

行きたい方向性を決めることです。

 

 

例えば、

車のカーナビに住所を入れると、

そこに連れて行ってくれるように案内してくれます。

 

 

その住所が方向性です。

その方向性に「行く」と決めることが、

意図するということなのです。

 

 

意図を使うには、方向性が必要です。

 

 

方向性がなければ、どこに向かえばいいのかわかりません。

 

 

それは、カーナビに住所を入れないのと同じなのです。

市町村だけを入れても、目的地にたどり着きませんよね。

 

それは、現実化も同じで、

具体的に方向性を決めるから、

その現実を体験すると意図することが出来ます。

 

 

これも、旅行と同じですが、

例えば、「○○県にとりあえず行きたい!」

という意図を持って、そこに行ったとします。

 

 

すると、

その県にはたくさんの市町村があります。

その中で自分の興味が沸く市町村を選んで、

新しい方向性が出来上がります。

意図する場所も変わります。

 

 

すると、その市の中にある、

あるスポットが気になり、

そこに行くことにしたら、

そこでも新しい方向性と意図ができあがります。

 

 

そうやって、

方向性が小さくなっていき、

意図がはっきりしてくるのです。

 

 

最初は漠然としていた目的地でも、

大きな方向性を決めて、

それを意図し、

進んでみると次の方向性に出会います。

 

方向性は1つではなく、たくさんの選択肢があると思いますが、

その中で、自分が意図したいものを選ぶことができるのです。

 

 

意図して進んでいると、

また新しい方向性を知ることが出来ます。

 

 

その繰り返しが、この物質次元の楽しさであり、

過程を楽しむということなのです。

 

 

意図を使うことは、誰もがしていることなのですが、

それを意識的に使ってみてください。

 

 

毎日、小さなことでも

自分がご機嫌になれる方向性と意図にしてみるだけでも、

景色は変わります。

 

 

何気ない選択でも、

自分の体験したい世界を意図していれば、

そちらに進むことが出来るのです。

 

 

「自分がどこに意図しているんだろう。」

ということを俯瞰して見てみると、

どこに向かってエネルギーを流しているのかがわかります。

 

 

エネルギーを流すということは、

それを現実化させるということです。

 

 

エネルギーは判断しないので、

流せば現実になります。

(エネルギーは判断しないことについては

「エネルギーは判断しないのです。」の記事をどうぞ)

 

 

だから、

「自分のご機嫌なところにエネルギーを流す」と

意図することは大切ですよ。