【 NEW! 】かる〜い仲間と繋がるコミュニティ!詳しくはこちら!

感情を味わうからこそ見える世界。

生きることは、喜怒哀楽があるから、楽しめるのです。

喜怒哀楽です。

喜びと楽しさだけではなく、怒ることも悲しむことも、必要なことだし、それがあるから、生きることを楽しめるのです。

 

その意味がわかるようになってくると、楽しむという意味もわかるようになってきます。

 

楽しむというよりも、味わえるようになるという表現の方が、合っているかもしれません。

人生を味わっていけるのです。

体験していくことを味わえるのです。

 

美味しい食べ物を味わう時間。

それと同じような感覚で、毎日の日常を味わっていくことができます。

 

味わうことが、楽しいのです。

味わえるから、物事の過程を楽しむことができます。

 

過程を楽しめるから、今いるこの世界に飽きることがないんです。

毎日同じ生活なんていう表現はできません。

しようがないんです。

 

毎日、自分が何をつくるんだろう。

どんな現実を創造するんだろう。

楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと。

全部が自分の体験として必要だから起こります。

 

この、「必要だから起こる」ということ。

そこを、感じてみてください。

 

どんなに必要ではないと思うことでも、必ず必要なのです。

今、必要なくても、必要性を感じなくても、何処かで必要だからそれを起こしています。

だったら、そのまま進めばいいんです。

 

どうしよう。

と、解決策を考える必要はありません。

 

必要なのは、解決することではなく、その瞬間を味わうことです。

楽しさも、苦しさもです。

そうすれば、選べるようになります。

 

必要じゃない苦しみを、選ぶことはなくなっていくのです。

だって、必要ではないことを味わうからです。

 

味わう=わかるようになります。

わかるから、変えようと思えるのです。

 

何が必要で、何が必要ではないのか。

自分が体験したいこと、やりたいことが何か。

それも、今という瞬間を味わうから出てきます。

 

喜怒哀楽を嫌うのではなく、感情を選別するわけでもなく、ただ感じたことを味わってみてください。

きっと、その先にある、ご機嫌になれる景色を見られるようになりますよ。

 

今西の公式LINEはこちら!

公式LINEに登録すれば、 無料で「軽い現実の作り方 解説BOOK」がもらえます!
詳しくはこちら

ちなの公式ラインはこちら!

公式LINEに登録すれば、 無料で「最高のセックスの作り方のPDFファイル(1万文字)」がもらえます!
詳しくはこちら