波動の低い人との付き合い方と改善するための方法。

波動の低い人との付き合い方についてです。

 

まず、知っていただきたいことがあります。

アナタが会っている人(目の前にいる人)は、アナタと波動が合う人です。

 

波動が合っていなければ、アナタの目の前に現れることがないのです。

家族でも、パートナーでも、職場でも、全て同じです。

波動があっているから、アナタの目の前にいます。

 

だから、

アナタが「この人は波動が低い」と思っても、

会っているのであれば、アナタの波動と変わりません。

 

意見が合わないから、

感覚が合わないから、

その人と私は波動が違う・・・

 

というのは、

波動が合わないのではなく、意見が合わないだけです。

 

価値観が違います。

でも、価値観は違って当たり前なのです。

その場合はまず、話し合ってみてください。

 

お互いの意見を尊重し話し合えば、

分かり合えることもあるのです。

 

分かり合えなかったとしても、

自分の意見と、相手の意見を尊重して、新しい方法を生み出すこともできます。

 

そうすれば、合わないと思っている人でも合うことがあるのです。

 

まずは、それをしてみてください。

 

 

そして

どうしても波動が合わなくなってくると、

アナタの目の前に現れなくなります。

 

それが、家族だろうと会社の人であろうとです。

同じ空間にいても会わなかったり、

目の前にいるのに全然違う世界にいる感覚になります。

 

波動が合わなくなると、そういうことが起こるのです。

 

会社であれば、

もしかすると、アナタが辞める事になるかもしれませんし、

相手が辞める事になるかもしれません。

異動ということも考えられますよね。

 

どんなことが起こるのかは、誰にもわかりません。

未来は決まっていないのです。

 

そして、

それを決めるのもアナタだということです。

 

 

もし、

アナタが目の前の人にすごくイライラしていたとしましょう。

 

そのイライラは、相手に原因があるわけではありません。

アナタがイライラしていることは、アナタの中に「タネ」があるのです。

「タネ」というのは、イライラの原因です。

 

それは、アナタが昔からよく注意されたことだったり、

禁止されていることだったり、

例えば、「早くできることがすごい」という価値観だったり。

 

アナタがイライラする人と会うことは、

アナタの「タネ」を見つけるための体験なのかもしれないのです。

 

それを波動が合わないからといって片付けてしまうと、

また同じことが別のところでも起こります。

 

それは、アナタのエネルギーが何も変わっていないからです。

 

なぜ、自分はこの人と会っているのか??

そして、イライラなどの「タネ」はどこにあるのか??

を考えてみてください。

 

自分も相手も否定することなく、ただいろんな視点で考えてみるのです。

 

嫌々一緒にいても、相手も嫌な気分になります。

そうすると、アナタの波動が重くなるのです。

 

ぜひ、アナタ自身の中に目を向けてみてください。

そうすれば、楽しい関係になる方法を見つけ出すことができますよ。

⇒波動をマスターするプログラムはこちら

 

関連記事

「出逢う人はエネルギー場で承認している?!」

「コミュニケーションが苦手なら、エネルギーを敏感に感じ取っている証拠。」

「”すべては自分”だから、今の現実も変えていける理由。」

「体験するから自分の中から答えが出てくる理由。」

「軽く楽しく生きるために執着を手放す理由。」

 

軽い波動を共有するぞ!プロジェクト
波動の入門ワークと軽く楽しいお話。

軽くラクに生きるために必要な「波動」という感覚を知るワークと、今まで聞いたことのないであろう「ぶっ飛びまくった楽しい」お話しするワークショプです。軽くなると決めているならお越しください。

東京・兵庫/西宮で開催。

詳しくはこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。