思考パターンが同じだったら、体験する現実は同じ。

 

行動パターンは、自分の思考エネルギーの結果です。

何かを感じ、

何かを思い、

何かをしたいと思う時に、行動をとって

動いていくと思います。

 

そしてそれは、

自分の人生において、

物質次元を楽しむ上で、

とても大切な要素の1つです。

 

タイムラグが楽しめるということは・・・

 

例えば、

テレビゲーム、特にRPGゲームにおいて、

最初から全てが手に入っている状態で冒険に出ても、

全く楽しくありません。

 

やり始めた最初は、

楽しく感じるかもしれませんが、

だんだん飽きてきます。

 

これは、物質次元でも同じことなのです。

 

自分のやりたいこと、

夢と呼ばれるものが、

ほんの一瞬で手に入ってしまったら、

最初は楽しいかもしれませんが、だんだん飽きてくると思うのです。

 

そのために、

物質次元には、タイムラグというものがあります。

タイムラグがあるから、

作り上げることを楽しめるのです。

 

もし、工夫することを楽しめず、

結果ばかり、売上げばかりが気になるのであれば、

ちょっと立ち止まって、

「本当に作り上げたいものは何か?」

ということを感じてみてください。

 

これは、マインドで探しても見つかるものではありません。

ハートで探す必要があります。

 

マインドで探すと、答えは今までと同じ。今までと同じ答えということは・・・

 

マインドで探すというのは、

今までの物質次元における価値観の中から探すことになります。

 

ということは、

今思っていることと大差はないのです。

 

浮かぶアイデアも、

やりたいと感じることも、

今までと同じ。

 

つまり、

同じ思考エネルギーを流すことになるので、

同じ行動パターンになるのです。

 

もしそれが、

自分のハートが心から望んでいることであれば、

それを実現するためのアイデア、工夫が見えてきます。

 

でも、今までと同じであれば、

今までと同じ結果しか目の前には現れないのです。

 

これが、

「失敗例を参考にする必要が全くない」と言える理由なのです。

 

今までうまくいかなかったことは、

これからもうまくいきません。

 

もし、

マインドを優先して何かをして、

それがうまくいったら、それをやり続けることになるからです。

 

マインドで達成したことは、

結果的に苦しくなります。

 

最初は、やりたいことだと思ってやっていても、

気がついたら義務感に襲われるようになります。

 

ハートで感じたことをしていると、

そういった感覚に陥ることはありません。

 

もし、そうなっても、

「やめる」

ということが簡単にできるようになります。

 

そこに利害・損得がないからです。

すっきりとやめるという選択肢を選べるようになります。

 

ハートからもらえるもの。

 

ハートの感覚は、

そうやって新しいアイデアをたくさん閃きという感覚で教えてくれるのです。

 

そして、それを教えているのは、

他ならない自分だということを忘れてはいけません。

 

なぜ、

ハートの声を感じることが大切なのかというと、

自分がこの「テラ」という物質次元でやりたいこと、体験したいことを感じられるからです。

 

そして

それが、「できる」ということを思い出すことができるからです。

 

純粋に、

自分の「やりたい」と思える行動をとることができます。

 

見栄・エゴ・利害・不安という観点からの行動がなくなります。

だから、違和感もなければ、苦しさもないのです。

そういった世界を生きることができます。

 

自分が自分の生きる世界を作ることは、

誰にでもできることなのです。

 

まとめ

 

もし、

自分の生きる道がわからなくなったら、

純粋に「やりたい」と思うことをしてみると、

次が見えてきます。

 

そして、やりたいと思うことは、

大きなことである必要はないのです。

 

今この瞬間、どうしたいのか。

どこに行きたいのか。

何が飲みたいのか。

何が食べたいのか。

どんな感覚で居たいのか。

 

そんな些細なことから始めてみると、

自分のやりたいことはスッと見えるようになります。

 

小さなことから、

自分の「やりたい」

自分の「気持ち」を正直に表現できるようになるから、

大きなことと思えるようなことでも、自分の気持ちが見つかるのです。

 

最初から、大きなことだと思っていることを考えても、

変化させようと思っても、

マインドが騒ぎ始めます。

 

「好きな仕事は何か?」

ということを探す前に、

目の前の飲んでいるものを1番飲みたいものにしてみてください。

 

「好きな人はどこにいるのか?」

ということを探す前に、

目の前にあるものを自分の1番好きなものに変えてみてください。

 

小さな好きを

自分の中で変えていくだけでも、

その先にある世界は変化していきます。

 

意識して生きる時間が増えていきます。

そして、どれだけ意識して生きていないのかということもわかるようになります。

 

無意識というものは、

本来ありません。

だって、本来僕らは「意識」そのものなのですから。

 

でも、

今まで意識的に生きる感覚が少なかったために、

無意識領域のオーダーが、アナタの現実を作っていることになっているのです。

 

だから、自分が望んでいないものが現れるように感じるだけです。

自分の望んでいないものは現実には現れることはないんです。

それを思い出してみてください。

 

ハートの感覚を思い出すことで、

オーダー違いもなくなります。

 

物質次元は楽しいものです。

遊ぶものです。

苦しいものではありません。

「こんなもの・・・」と諦める必要もありません。

 

ただ、自分が物質次元を楽しむために、生きる

という選択を選んでみてくださいね。

 

関連記事

「マインドとハートのオーダが違う時に起こること。」

「自分の感覚を信じて遊んでいく。」

 


最高に軽く進化できるオンラインサロン

軽く楽しく生きるためのヒントが満載のオンラインサロンです。軽く楽しい人生に進化したいなら、ぜひこのオンラインサロンを活用ください。