「怒り」は「恐怖」からできている。感情と上手に付き合う方法は「守っているもの」を探すこと。

 

最近、アンガーマネージメントといって

「怒り」をマネジメントすることが

大事と言われていますね。

 

 

怒りは恐怖と強い結びつきがあります。

参考記事:NOBITECHマガジン

 

この記事にあるように、

原始的な怒りは、恐れから引き起こされるんですが、

 

怒りは、自分が大切にしているものを守る感情です。

恐怖も、自分が大切にしているものを守る感情です。

 

同じなんですね~(^o^)

 

 

大切なものを守りたいときに

アドレナリンが出るか

ノルアドレナリンが出るか

で、

恐怖と怒りが区別されるようです。

 

 

 

例えば

自分が親ゾウだったとします。

 

子ゾウがライオンに襲われそうになったら・・・

 

ライオン!!

コイツぅ~ 大切な子ゾウに何するつもりだ~!!!

 

ってライオンに立ち向かいます。

その時の親ゾウの感情が怒りです。

 

 

小ゾウが親ゾウとのんびりお散歩しています。

その時、

ワーッってライオンが飛び出してきました。

その時は一瞬ビックリしますよね。

そして、襲われるんじゃないかと思って

怖くなります。

 

その時の子ゾウの感情が恐怖です。

 

 

わかりましたか?

 

ザックリ言うと

恐怖は、わからないことに対する感情
(想定外のこと)

怒りは、わかっていることに対する感情
(想定内のこと)

 

なんです。

 

だから、子ゾウは、次回ライオンが来たら

恐怖から怒りにシフトする可能性が高いですね。

 

 

つまり、

「怒り」は「恐怖」から始まっているのです。

⇒参考記事:スターウォーズは深い!その3

 

 

怒りと上手に付き合うには

恐怖と上手に付き合うことでもあります。

 

 

上手に付き合う

つまり、

怒りを感じないようにする、

恐怖を感じないようにする、

 

ということではありません。

 

 

怒りも恐怖も

人間にとって大事だから

現在の人類まで引き継がれているわけです。

 

必要な感情なんです。

 

だから、

怒りを感じてOK。

恐れを感じてOK。

 

 

 

そして、OKと思えるようになるには

何を守っているのかを考えるのです。

 

怒りは、自分が大切にしているものを守る感情です。

恐怖も、自分が大切にしているものを守る感情です。

 

だから、その感情によって

何を守っているのか、

 

それを考えるだけで

感情にOKと言えるようになるんです。

 

その方法は、⇒こちらの記事でご紹介しています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です