「あること」を実行すればお金と親友になれる!

去年購入した本

金持ち指令

さとうみつろう著

 

を、何気なく読み返してみました。

面白い!!

 

会話形式で

かなりふざけて書いてあるので

ささーっと読める本です。

内容は深いんですけどね。

 

 

この本を読んで、

ここに書いてあることをそのまま実行すれば

お金持ちになれるよなぁ

 

 

と思いました。

 

購入した当初はそれほど思わなかったので

この数年で自分も成長したものだ

とテングになった気分です(笑)

 

 

なぜ、そのまま実行すればお金持ちになれる

と感じたかというと、

 

私が、既に本に書かれていることを

実施済み

だからです。

 

 

全てではないのですが、

一部やってみたんです。

 

 

その結果、今

お金に対する不安感

がなくなっているんです。

 

 

 

さらに、

私ってお金好きだなー

ということも、

素直に認められるようになりました。

 

 

先日たまたま

アマゾンプライムで

ドラマ「選タクシー」を観ました。

 

竹之内豊がタクシー運転手の役で出演し、

バカリズムが脚本の面白いドラマです。

 

そこで、

工場で働くある若者がバスの中で拾った宝くじが

1億円の当選くじだった!!

というストーリーがあるんです。

 

その若者は、

スマホで当選番号を確認したので

急いで銀行へ向かいます。

しかし、

いろいろな障害物に邪魔されて

なかなか銀行にたどり着けません。

 

そんな様子をドラマで見ていたら

ものすごく心臓がどきどきバクバクしたんです。

私も、その若者に共振して

まるで、自分が当選くじを持っているかのような

感覚になったんです。

 

早く銀行へ行って、

1億円をGETして、

ヤッターって言いたい!!

と、そう思いました。

 

こんなに心臓がどきどきバクバクしたのは

初めて告白した時以来です。(笑)

 

 

その時に、

あー、私、お金好きだ!

って思ったんです。

 

 

これまでは、

お金お金っていうのはハシタナイ、とか

お金の話はタブー

みたいに思っていました。

 

 

だから、

お金を直接やりとりするときは、

払うときも、受け取るときも

なんとなく抵抗感があったんです。

 

払うときは、喪失感、

受け取るときは、罪悪感

みたいな感じでしょうか。

 

 

なぜこのような感覚を持っているのかというと

 

幼少期に形成された信念・思い込みの

影響です。

 

 

 

父がちょっと高級なものを人にあげると

お金あるふりしてかっこつけて・・

と文句を言っていました。

 

 

 

更に、いただきものをしても、

有難く受け取る、というよりも

お返しのことばかり考えていました。

 

 

 

 

だから、私自身も、

誰かから受け取ることに

抵抗感や罪悪感を感じるようになったんです。

 

 

 

私は自分が「ダメな子」だと思っていました。

いつも足りないことを指摘されて

褒められた記憶がないんです。

 

 

お年玉をコツコツ貯金するのが好きでした。

預金通帳を眺めながら

その数字が増えていくのを楽しんでいたんです。

 

それは、

数字が増えることによって、

自分が認められたいと思っていたからなんです。

 

そのお金で

自由を感じたかったんです。

自分で自由にお金を遣いたい

と思っていたんです。

 

 

ここで、ちょっと誤解を解きたいと思います。

両親の言動が悪かったというわけではありません。

たまたま、私は抵抗感を作ってしまいました。

 

でも、

全ての人が、そうなるとはいえません。

 

たまたま私の性格が

そうさせただけなんです。

 

例えば

同じような言動を両親にされていたBさんがいたとします。

そのBさんは、

お金に抵抗感はありません、むしろお金に貪欲でした、

という場合だってあるんです。

 

 

大事なのは、

抵抗感があった、という事実

それを変えたいという意識だけです。

 

 

 

そう、

どのように

お金に対する抵抗感を手放し、

お金が好き♪

と言えるようになったのかというと

 

本にも書いてあった「あること」を

実行したからなんです。

 

 

その一部をご紹介すると

・神社のお賽銭をお札にする

・「お金がない」というセリフは言わない

・子供に好きなものを買わせる

・贅沢旅行に行く

です。

 

 

・神社のお賽銭をお札にする

電車で出かけるとき、

家から最寄駅の間に神社があり

通るときに必ず手を合わせます。

毎回ではないのですが、

お賽銭を入れます。

そのお賽銭をお札にしたんです。

 

そしたら、なんとなく

感謝の気持ちがわ~っと広がって

いい気分になりました。

 

是非やってみてくださいね。

 

 

 

・「お金がない」というセリフは言わない

お金がないから〇〇できない、

というセリフを言うのをやめました。

お金という判断基準ではなく、

楽しそうか、そうでないか、

必要か、必要でないか、

という判断基準にしたんです。

 

 

そうすると、あまりモノを買わなくなります(笑)

あと、楽しいことをとことん楽しめます!

 

 

・子供に好きなものを買わせる

我が家の子供は、

お年玉を自分で管理しています。

 

子供は私に何かを買うとき、

買っていい?と聞いてきますが、

基本ダメとは言いません。

自分のお金ですから、

自分の好きなように使ってもらっています。

あっという間にお年玉を使い果たしましたが(笑)

 

 

 

・贅沢旅行に行く

私は旅行が好きなんですが

これまでは時間がない、

お金がないと言い訳をして

我慢してきました。

 

その我慢を手放したんです。

楽しそうな企画があったら

行くようにしました。

人とのつながりや町とのつながりが

広がって、

ワクワクしています。

 

 

 

いつのまにか

お金に対する抵抗感がなくなって

感謝の気持ちが出てきました。

 

すると、

お金の流れがでてきたんです。

 

出て、入ってくるという流れが。

 

以前は

「出すこと」に抵抗を感じていたのですが

気持ちよく「出せる」ようになりました。

 

私にとっては

大きな変化です。

 

いってらっしゃい~

また来てね~

 

 

と言ってお金を使います。

 

 

よく来たね~

ありがとう~

と言ってお金をいただきます。

 

 

みなさまも、

・神社のお賽銭をお札にする

・「お金がない」というセリフは言わない

・子供に好きなものを買わせる

・贅沢旅行に行く

をやってみてくださいね。

 

 

お金とお友達になって

毎日が楽しくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です