すったもんだのハロウィンから学んだこと

おはようございます。

10月31日はハロウィンでしたね。

渋谷は大混雑だったようです。

日常とは違う、特別な雰囲気を求めて集まるのでしょうね。

我が家の息子も学校でハロウィンパーティをやったそうです。

そのための仮装が必要だ!と

前々日である29日の夕方にいきなり言われ
大慌てでした。

なぜなら、息子の要望が
ドラゴンボールの孫悟空の衣装じゃないと嫌だ!!

というものだったからです(汗)

ネットで注文しても、受け取りが間に合わない可能性が高い。

どうしよう・・・

ひとまず、コスプレ衣装がありそうな店へ探しに行こう!

と、夜に最寄りのドンキホーテやら、ショッピングモール
を探して歩きました。

しかし・・案の定ありません。
あるのは、魔女とか、パンプキン系、ミニオンズの衣装ばかり・・・

これは私の母に頼むしかない、

と思い頭を下げました。

明日朝イチで生地を買いに行くので作ってください!

と。

実は、私の母は洋裁の仕事をしていて服作りのプロだったのです。

翌朝、生地を買い、孫悟空の衣装に似た甚平の型紙を購入して
親子で服作りが始まりました。

型紙に合わせて布に線を引いたり、布を切ったり、
ミシンで縫う母の姿を久しぶりに見て、
さすがプロだな~と感心するとともに、

私が子供のころ、よく洋服を作ってくれたことを
思い出しました。

こんなに手間暇かけて作ってたんだなぁ・・・

孫悟空の衣装は無事完成し、31日に息子は笑顔で学校へ
出かけていきました!

この、すったもんだの出来事で気づいたこと。

①タイムリミットがあると、あきらめずになんとかしようと
するものだ!

②母のプロ意識は尊敬モノだ!

①は、基本的なことです。ゴールを決めたら後は行くだけ。
わかってはいるものの、なんとなく自分はいつも、
間に合いそうな、行けそうなゴールを
設定していたような気がしました。

ちょっとムリ、というゴールでも、なんとかなる!という
体験ができたのが新鮮でした。

②これまで、母が洋裁のプロということを人にあまり
言っていませんでした。
私の意識が父側だったからです。
私自身がサラリーマンだったので
サラリーマンの父にフォーカスしていたからかもしれません。

でも、私がフリーランスになった今、
同じフリーランスで服を作っていた母に
見習うところがあるんだよ、というサイン
を受け取った気がしました。

我が家にとってはすったもんだのハロウィン(笑)
皆様はどんな日でしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です