ラクでいいじゃん♪

  1. ほのぼの日記
  2. 28 view

自分の欲しいものを表現するコツ。

 

「こうしたい。」

この気持ちや意図って、案外思っているよりも強く思っていても

いいものなのかもしれません。

 

私が今まで生きてきた価値観の中では

  • 「自分」をあまり出さないように・・・
  • 我が強くならないように・・・
  • わがままにならないように・・・
  • その場にいる人たちがHAPPYになるような「自分」でいる・・・

そんな風な生き方をしていたこともあり、

いざという時に

「自分がどうしたいのか?」がわからなかったり、

「こうしたい!」という気持ちの表現方法がわからなかったりするのかなあと考えていました。

 

「自分」を出しまくる

我が強い

人のことを考えずに行動する

悪いこと(ー。ー)

こんな方程式が自分の中にあったのかなあ。

 

でも、よくよく考えてみると

自分のやりたいことを発する時って

別に相手のことを何も考えていないわけではないし、

「いやだ」「やりたくない」という相手に無理やりやらせようとも思わないし。

 

なんか、自分のやりたいことの表現方法を、私は知らずに生きてきたんじゃないか・・・?

だから「自分のやりたいことがわからない」っていう状態にもなるんじゃないか・・・?

って、思うのです。

 

例えば、私がパン屋さんを営んでたとします。

「今日はなんのパンを焼こうかなあ」と考えた時に

よく買いに来てくれるAさんはいつもウインナーパンを買ってくれる。

だから、「ウインナーパンは絶対焼こう」って思いますよね。

一方、Bさんは特にこれといったパンではなく、いろんなパンを楽しんでくれているから

「はて、今日は何を焼こう?」となります。

 

「これが欲しい!」と決まっている人の要望にって、応えやすい。

だって、もう決まっているから。

 

これって、

自分の「こうしたい!」っていう表現方法にも繋がるんじゃないか!

そう思ったのです。

 

「こうしたい!」

そのままどストレートに、言っていいんです。

 

「これやりたい!」

相手がやりやすいからとかではなく、自分がやりたいこと、ただそれだけでいいんです。

 

「やりたい!」

何も考えず、ただシンプルに。

 

OKだったら、「やった〜^^♪」です。

NOだったら、「ほんならこっちは?」とか「ん〜わかったあ。」です。

その答えに対しても、シンプルに。

 

そう考えると、やっぱりシンプルが一番なんですね。

そんな風に、もっと「自分」を出してもいいのかもしれません。

 

ほのぼの日記の最近記事

  1. 実は歯医者さんが、好きだった。

  2. お散歩は絶品コース。

  3. 洗濯物。ときどき魔女の宅急便なお話。

  4. 「節約」の思考って、小さな我慢の始まりなんじゃないかと思うこと。

  5. 子供の泣く表現からわかる「泣く」ことの理由。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

ゆうちゃん

日々の生活でやってみたこと、考えてみたことなどを書いています。すきま時間にちょっとハッピーになる読み物。そんなブログになると、おもしろいなあ。

プロフィールはこちら

最近の記事

  1. ほのぼの日記

    実は歯医者さんが、好きだった。
  2. 気楽なキモチになる

    なんで「猫になりたい」と思うのか?
  3. 料理を楽しむ

    【写真付き】牛乳とスライスチーズで作る簡単カルボナーラの作り…
  4. 映画を楽しむ

    前向きハッピーな気持ちになれる、おすすめ映画5選【洋画】
  5. ほのぼの日記

    お散歩は絶品コース。
  6. ほのぼの日記

    洗濯物。ときどき魔女の宅急便なお話。
  7. 気楽なキモチになる

    優雅な休日の過ごし方。たまにはお一人様も、良いね。
  8. ほのぼの日記

    「節約」の思考って、小さな我慢の始まりなんじゃないかと思うこ…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。