オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

ズームイン・ズームアウト~俯瞰してみる~

2021/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

毎年視察に行っていたオランダ。

コロナの影響はまだ続ているので、まだしばらくは視察は叶わないなという状況です。

旅行にいくだけなら、可能でしょうけれどもね。

ただ、以前のように穏やかで落ち着いた自由さは、今のオランダには無いように感じているので、

行きたいタイミングでは無いですよね。

 

オランダに実際に行って感じること、対話の中から得れることはたくさんあります。

生きた財産は、やはり現地で五感と体験で得られるもの。

 

いけない間だけれど、

オランダ滞在中と習慣は変えずに、生活を続けています。

朝起きてオランダと世界の情報に目を通すこと。

オランダの子どもニュース

オランダニュース

・海外のニュース(BCCとCNN)

 

オランダ滞在中は、テレビからこれらのニュースが見れます。

その延長で、日本に帰国してからも変わらずチェックします。

 

ちなみに、日本のニュースも見ますが、海外版の日本ニュースをチェックしています。

(日本フィルターがかかって、日本に届いてないニュースが多いので・・)

 

オランダのニュースを通じて、オランダの教育のこと、社会のことを考える機会になります。

視察で知ることも多いですが、それぞれの背景や基本的な制度などは、

やはり時間をとって自分で調べないとわからないことが多いです。

 

視察前と視察後、帰国していろいろ勉強してきたけれど、

コロナ前の日常はけっこう急がしくて、俯瞰して物事を見ることが難しい部分がありました。

 

今は、時間にゆとりがあるのと、

オランダと少し距離がある生活をしているので、

「オランダ」を俯瞰してみることができています。

 

教育現場につながる部分の動向、制度など、

ニュースというリアルな動きとともに、学びを深めています。

 

「隣の芝生は青く見える」現象で、

どうしても過剰評価してしまいがちです。

それは、オランダのことを伝えている中でも出てきている現象で、

ある程度は仕方ないと思っています。

ただ、あまりにも過剰評価すると本質が見えなくなるし、

比較している「日本」という足元の場所にある価値が、

見えなくなってしまう可能性があるんですよね。

 

日本にある価値を、ちゃんと伝えていけるように。

それを生かすことにつながる「オランダや世界のこと」を伝えていける、

そんな自分で在りたいなと思っています。

 

いけないからこそ「俯瞰してみる」ことが叶う今。

引き続き、いろんな視点で探究を続けていければと思います!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2021 All Rights Reserved.