オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

子どもがテストを持ってかえってきたら・・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

子どもが学校からテストを持って帰ってきたら、どんな会話をしますか?

我が家の会話は、こんな感じです。

「テスト返ってきたんだよ~」

「そうなんだ~見せて~」

「これ~~」

「(見ながら)テスト返ってきて、自分では(結果が)どうだったの?」

「うーん!思ったよりできたな!」

「そうなんだ!どのあたりができたとおもった?」

 

 

・・・みたいな感じです(笑)

 

持って帰ってきたテスト。

一番最初にきくのは、「あなたにとっては、どうだったの?」という質問。

この質問を一番大事にしています。

テストは、本人のものだし。

本人なりに、できたとかできなかったとか、感触とかあると思うんですよね。

自分の軸で、まずはどうだったかしっかり見ることが大事なので、

そのことを邪魔しないようにしています。

 

その会話が終わってから、終わり!ではありません。

必ずフィードバックします^^

多分、これは職業病です(笑)

 

できているところや、できるようになっているところを全部見つけて

必ず全部伝えます。

過去の姿と比べて、できるようになっていることも必ず伝えます。

・丁寧に字がかけているから読みやすい とか

・ひらがなばかり使っていたけれど、漢字が使えている とか

・自分の意見をかけている とか

・問題をよく理解して回答できている とか

・授業が理解できている とか

・きちんと理解できていないと解けない質問を解けている とか

・学校でしっかり理解してきている とか

10個~20個くらい、じゃんじゃんフィードバックです。

 

その上で、あまりにもできていない分野が見つかった場合は、

理解できていないかどうか確かめます。

これは、二人ともが学校に通っていなかった時間の学習で、

取りこぼしている可能性があるからで、

それが見つかったら、その都度、学習計画を理解の穴が開いているところを埋めるサポートをしています。

お直しを見ながら、理解の具合を確かめることもあります。

 

テストは、自分の学びの現在地を確認することができるもの。

ということを伝えているので、その視点で学校のテストを活用しています。

今できているところ、できていないところなど、自分の学びや理解の現在地がわかる。

自分のことは自分で見えにくいから、客観的に確認できるツールは便利だし、

自分のために活用していけばいいのだよ!

というスタンスを徹底してます^^

 

小学生は、このあたり疑問に思わないだろうけれど、

中学生になったら、このあたりの本質と学校の価値観の違いが

見えてくるかもしれませんね。

ある程度評価がちらつくことになる可能性が高いのですね。

評価を1つのフィードバックとして、

それをも自分の学びに効果的に生かせたら、最強!

その在り方が育ってくれたらと、思っています。

さて、どうなるかは、中学校に入ってのお楽しみ^^

 

話がそれちゃいましたが、

そのあたりも踏まえて、

「あなたにとって、どうだったの?」

が大切な、我が家の会話でした^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2021 All Rights Reserved.