オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

自分の足で踏みだしていく

2021/07/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

「小学校生活はどうですか?」
「ん?楽しいよ❤
「そっか、楽しいが増えてきたんだね。」
「うん♪」
そんなことを話しながら、
ひさしぶりに次男と二人時間。
 
休み時間に友達とやった
なぞなぞ大会が面白かったから
家でも書いて。
 
休み時間に友達が書いていた
四コマ漫画が面白かったから
自分もやってみる。
 
うん、そうか。
 
毎日、壊れたスピーカーのごとく、
学校生活を話してくれていて。
 
最近の様子を見ていれば、伝わってきていたけれど。
 
ある日を境に、
一気に教室で過ごす時間が増え
普通に授業を受けていて
給食を食べるようになっていた
 
嫌なことや不安がある日は、
家にいる間中、ひたらすそれを垂れ流し、
学校が見えるころには、それが消え、
登校していく姿に。
 
感情と行動をわけられるようになり、
感情に飲まれることが減り、
現実を自分の足で踏みだせるようになった。
 
本当に、たくましくなった。
 
何気なくやったことが
実はすごいことだったこと
 
できないと思っていたことが
やってみたらできたこと
 
わからない知らないと思っていたことは
教えてもらえたらすぐに理解できたこと
 
自分できめるだけじゃなく
決められたことをやっても
自分は自分のまま何も変わらないこと
 
自分には得意なことがあって
それが誰かの役に立てられること
 
好きなことや楽しいことが勉強の中にあったこと
 
やってみたら、その先に、
自分が想像していなかった自分がいたこと
その積み重ねはとても大きいね。
 
学校という場所と時間は、
自分を知るための、1つの場所でしかない。
学校はすべてではない。
 
たくさんの中の1つ。
 
ただ、その学校という場所は、
小学生という大切な時期に必要なことを
ちゃんと用意され、同時に自分で学ぶ機会がたくさんある。
 
与えられることと、
自ら得ること
この両方がある今の時代の学校。
 
その機会を、どんどん活用しながら、
1つ1つを通じて、自分がどんな人なのか、
どこで、何を、どんな方法で学んでいきたいのか。
 
どんなことをやっていきたいのか。
 
自分の答えを見つけていってごらん。
 
その答えが、次に進路を選ぶタイミングで、
自分が、どこでどうやって過ごしたいかを決める
大事な大事な軸になってくるのだから。
 
長男は、そんなこんなで、進路選びのタイミング。
 
小学校の先の進路について、
何回か、話をしている。
 
どんな可能性があるのか。
どんな選択肢があるのか。
 
学校で教えてもらっていることに加えて、
それ以外の情報も含めて。
 
自分は、こうしたいがあるようで、
心は決まっているみたい。
また変わるかもしれないけどね。
 
自分の人生、どう生きたいか、どう生きていくかは自由。
 
自分をどう表現して生きていきたいのか、
自分が選んだとおりの人生を生きていけるのが
大人の最高の楽しみだと思う。
(全部の責任が、自分にあるけどね)
 
1日24時間、
自分がどうやって過ごして生きていきたいのか。
 
やること
やりたいこと
それを踏まえ、
どうやって1日をデザインしていくのか。
 
引き続き、日々の生活を通じて、
自分なりの答えを見つけながら、
在り方をつかんでいってくださいな。
 
母は、
1日24時間を
いかに楽しく、幸せに生きるか。
 
そこに貪欲でして・・・
それを自分の人生が終わる瞬間まで
続けていくつもりございます❤
この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2021 All Rights Reserved.