オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

コロナとワクチンに思うこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

コロナがもたらしたものって、いろいろあると思うんだけど。

1つが、人の価値観や生き方を、あぶりだしたように思っている。

 

コロナというものへのとらえ方

マスクを含めた対策に関する考え方

社会に対する考え方

仕事や生き方、働き方

 

そして、今はコロナワクチンに対する考え方・・・

 

 

コロナのとらえ方、本当にそれぞれに違いがあるよね。

私の友人でも、全然違う。

似ている人も、同じ人もいれば、違う人もいる。

それが当たり前だし、なんとも思わない。

それぞれが選んでいることがそれぞれのすべてだし、

それぞれを尊重しあいながら、一緒に生きている。

どんな考え方だったとしても、その人と自分の関係は変わらない。

 

ワクチン接種に関しては、

「自分と違うこと」を許せない人が多いように感じている。

特に親密な関係の人に対しては、打ってほしいとか打たないでほしいとか・・あるんだね。

最近、立て続けにこの感じの話を聞く機会があって、びっくりした。

 

 
相手の考えは、相手のものだから・・
 
情報をシェアしてあげることはあってもいいけど、
 
情報を受け取るかどうか、それを参考にするかどうかすらも、相手が自由に選ぶことができる。
 
 

接種は任意。

接種を選んでもいいし、選ばなくてもいいし、どちらでもいいんだよ。

 

本人が考えて、本人に意思で決めたらいい。

納得するまで考えて、答えが出てから行動すればいいんだよ。

 

みんな、それぞれに自分の信じる情報をもとに、

自分の人生を決めればいい。

ただそれと同じように、自分以外の人は、

それぞれに同じように決めていく。

その考えが、自分と同じであろうと違おうと、どちらもいい。

その自由が、私たちに与えられているんだから。

 

自分の体と心は、自分のもの

相手の体と心は、相手のもの

自分の人生は、自分のもの

相手の人生は、相手のもの

 

親子であろうと、友人であろうと、一人一人違うんだもの。

 

それぞれの選択を尊重というより、違うことも、

違うことが許せないことも、許しあえる空気になったらいいなと、

そんなことを思った1週間。

この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2021 All Rights Reserved.