オフィスやってみよう 木村祐理のオフィシャルサイト

オンライン授業のサポートしつつ思うこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。
Pocket

あちこちの大学で、オンライン授業のサポートに駆け回っています。

自分も授業があるんですが、

私は昨年1年、自分のほとんどのコンテンツをオンラインで実施したので、

今年は、もうやるだけ~という感じなんです。

 

そのあたりの知見をもって、

オンライン慣れしていない、でもオンラインで授業をしなければならない先生方の

あらゆるサポートをしています。

 

オンライン授業を1人でやろうと思うと、かなりきついんです。

特に人数が多い、慣れていないが重なると、

はっきりいって授業どころじゃない。

オンラインツールの操作にエネルギーをとられてしまうから、

本当にエネルギーを注ぐべき授業にエネルギーが避けないんです。

 

おそらく、それが先生方の一番のストレスだと思います。

これは、私が実際に経験したものでもあります。

最初は、誰かがオンラインの操作をサポートしてくれる、授業の補佐にはいってくれるとすごくありがたいんです。

授業に集中できる時間が増えるから。

少しずつ慣れてきたら、オンラインの部分で何をどれくらい準備しておけばいいかというのが、

経験からわかってくる。

それができるまで、正直すごくしんどいんだと思います。

 

ということで、いろんな大学でいろんな先生方のサポートをしているわけですが、

役得もありまして^^

 

先生方の授業を聞けるんです!

これ、私にとってとても幸せなこと~~!!!!

大学の先生の話って、マニアックだから面白いですよね^^

純粋に授業を聞いている立場と

先生側の立場と

両方の立場で授業を聞いているので。

授業が終わった後、ついついこういう感じに資料とか授業設計したら、

もっとやりやすいやろうな~と勝手に思いついて、少し悶々とします(笑)

 

こういう仕事、どなたかいただけませんかね?

 

コロナ禍において、他業種が交じり合い知見をシェアしあう。

ということが生まれ始めていますが、もっと加速したらいいのになと本当に思います。

 

学校現場でオンライン化の話が出ていますが、

すでにそれをやってきている他業種の人たちにサポートをお願いしつつ、

自分たちのやり方やデザインを見出したほうが、時短です。絶対に。

すでにやってきた人たちは、ある程度いろいろ試して、

円滑な実施デザイン、不具合の調整やリスク管理などをできるようになっているから。

 

その知見やノウハウは、遠慮なく参考にしたらいいと、私は思います。

わざわざ、同じようにゼロからやらなくていい。

たくさんの人の学びが、業種を超えてシェアしあえる、共同できるような動きが広がってほしい。

 

大学を駆け回りながら、心から感じています。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
人生は、いつからでも「アップデート」できる!自分のリソース(遺伝・資質・資源や経験)をまるごと力に変え、自分らしい人生@ゆるはぴ人生へのアップデートをサポートしています♪地球が、どの命も尊重しあう、みんなの場所になるように、今日もコツコツ活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 人生をアップデートしよう , 2021 All Rights Reserved.