10月22日に超次元ワークショップ 〜その❶〜を開催しました。

 

初めての波動を体験してもらうワークショップを東京で開催しました。

3名の素晴らしい方々と時間を共有することが出来ました。

 

初めてということもあり、どんなワークショップになるのか僕自身がとても楽しみでした。

 

でも、当日台風が迫ってきていたこともあり、行きの飛行機が揺れに揺れていて、酔いそうになりました。笑

それでも、神戸空港7時10分という早い時間帯だったので、遅れたり、飛ばないということはなかったのでよかったです。

 

ただ、CAさんはずっと着席したままでした。

そういうときって、何度もCAさんの電話が鳴るんですよね。

落ちたらどうなるんだろう・・・なんて思っていたら、上から

「大丈夫だよ。」って。笑

 

いやいや、肉体持ってる気持ちになってよ~!って思ってました。笑

 

そんなことがあったので、東京出張は絶対新幹線!って心に決めたのを覚えています。笑

やっぱり、大地から離れるのって気持ち悪いんですよ。

なんていうか、飛ぶことの抵抗というより、離れることへの抵抗というんでしょうか・・・笑

そんなときはいつも、テレポートしたいなあって思っています。

 

さて、ワークショップの様子ですが、最初は緊張もあったんですけど、時間が経つにつれて緊張もなくなり、波動を体験するころにはマインドも止まって感覚にフォーカスすることができるようになっていました。

ワークショップで大事なのは、どこまで感覚にフォーカスできるのか?ということと、マインドを止められるか?ということなのです。

マインドを止めて感覚にフォーカスできれば、波動を使いこなすことは簡単です。

慣れてきたら、意図するだけで使いこなせます。

 

そんな体験を提供できたかなあと思います。

 

ワークショップでしか、波動を体験する機会を作っていません。

それは、波動に興味があるかどうかというのがとても大切だからです。

 

どんなに波動を実感しても、本人が否定すれば波動を感じられなくなります。

例えば、街中で急に波動を伝えても、「?」となりますよね。

だから、タイミングが来ないと波動は伝えられないんです。

そして、それは僕から何かアクションを起こすのではなく、相手が興味を持ってもらわないとできないのです。

だから、波動の体験はワークショップのみの提供になります。

 

ただ、波動を知れば、感じることが出来れば、自分の現実を変えられることも事実です。

その真実を知っているからこそ、伝える必要があるなと思っています。

それを信じるかどうかは、僕ではなく人それぞれです。

この記事の著者

今西 史樹

世の中が楽しく、軽い波動で満ち溢れた世界になるために”楽しく”奮闘中。

「せっかくだったら人間の持っている力を最大限発揮して、地球をおもいっきり楽しんじゃえばいい!!」

そのための情報(ブログ・メルマガ)を提供し続けています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

5次元感覚で
3次元を楽しむ♪

今西 史樹
(いまにし ひとき / HITOKI IMANISHI)
現在は、世の中が楽しく、軽い波動で満ち溢れた世界になるために”楽しく”活動中♪

「せっかくだったら人間の持っている力を最大限発揮して、地球をおもいっきり楽しんじゃえばいい!!」

そのための情報(ブログ・メルマガ)を提供し続けています。
詳しくはこちら

ページ上部へ戻る