小さな「できた」が現実を変えるワケ。

 

小さな実感を感じてみると、

自分の「できた」と思えることが増えていきます。

 

その小さな「できた」を、自分の目で確認することで、小さな確信を持てるようになるから、

自分にとってちょっとしたチャレンジであっても、

それが自分の感覚で「できる」と思えるようになっていきます。

 

すると、

自分の外の情報に振り回されることがなくなっていきます。

 

自分の外にある情報は、自分の中から湧き出てきたものではありません。

 

外の情報によって刺激され、自分の中から出てくることはあっても、

自分の外にある情報が、自分の情報ではないことに気がつけると、自分を信頼できるのです。

 

自分を信頼できなくなったら・・・

 

もし、今の自分に焦りのような感覚があるのであれば、

ちょっとご機嫌に感じられないのであれば、

外の情報に振り回されていないか?ということを確認してみてください。

 

この世界に決まった答えはありません。

だから、『答えがない』と言いますが、

自分で「これだ」と思うものは答えなのです。

 

そこに、自分以外の確証も、お墨付きも、必要ありません。

 

自分の決めた答えに、確証やお墨付きが欲しいと思うのは、

自分の感覚を信じきれていないからであり、自分で「できた」ということを感じられていないからです。

 

ということは、

今の自分にとって小さなことから、確信や信頼を自分に取り戻すことができていけば、

自然に手に入るということにもなります。

 

大きなことを達成して、

大きな成功?と呼ばれるものを達成したら、自信ができる。

そんなことはないのです。

 

自信と物事が「できる」「できない」は別のところにあります。

それは、できることで自信を得られるわけではない、ということでもあるのです。

 

達成しても、次の目標が見えてきたら、またそこに向かって走り出します。

もし、”自信”が、目標を達成した時に得られるものであれば、

その繰り返しをしている間は、いつまでたっても自分に自信を持つことはできないのです。

 

答えは誰かが決めるものという思考操作。

 

だから、『答えが決まっている』

『誰かの決めた答えを速く見つけ出すことが素晴らしい』という教育をしていることになります。

 

いつまでも自信が持てないようにしておけば、

いつまでも重い波動に共振し続けることになります。

 

そして、誰かが決めた答え以外を答えだという人がいれば、

なんの疑いもなく「それは違う」と、枠の外に出ないように、勝手にしてくれるのです。

 

そういった社会に生き続けて、楽しいと思うのであれば、

『目標を達成した時に自信は得られる』

という価値観を選択し続ければいいと思います。

 

でも、今までその価値観で生きてきて、

本当に楽しかったか?ご機嫌だったか?

自分自身で感じてみてください。

 

そして、「楽しくない。もう嫌だ。」と思うのであれば、

自分のできるところに目を見てけてみてください。

それは何も特別である必要はありません。

 

例えば、歩くことも、

歩くことができない人からすると素晴らしい体験なのです。

ロボットでは決してできない、絶妙なバランス感覚を持って歩いていることを実感するだけで、「できた」ということが実感できるようになります。

 

「そんな当たり前のこと・・・」

と思っていると、いつまでも特別なことを追い求めることになります。

 

そして、その特別だと思っていることは、社会的に見て素晴らしいとされていることです。

社会的に見て素晴らしいことが、アナタにとってご機嫌であるかどうかはわかりません。

 

ということは、

自分のハートが「やりたい」と思っていることではなく、

マインドが「こうしたほうがいい」と思っていることをやっていることにもなるのです。

もし、マインドが言っている事を達成したとしても、満足感を得られない理由は、そこにあります。

(満足感についての記事はこちら

「マインドの満足から抜け出すために必要なこと。」

 

まとめ

 

自分のハートが望んでいることは、この物質次元で素晴らしいとされているところの外にあるのです。

それを見つけるには、自分の中にある情報にリンクする必要があります。

 

そうです。

最初にお伝えした、自分の中から湧き出てくる情報にリンクしない限り、

自分が本当は何を望んでいるのかがわからないのです。

 

そのために、小さなできたを積み重ねてくことで、自分の中から自信が湧き出てきます。

自分の中から湧き出てくる自信が、自分の選んだものを確信に変えていくのです。

 

だから、

日常の小さなことから、自分がどう思い、何を感じ、どうしていきたいと思っているのか。

そして、それを小さなところから実行できるのか。

ということが大切になってきます。

 

今までがご機嫌でないのに、

今と同じ波動領域、同じ思考では、ご機嫌でない現実を見る以外にありません。

 

その流れを変えるには、自分の今までの価値観を変え、思考を軽くするしかないのです。

そして、そのために必要な自信を、自分で取り戻す必要があります。

 

日常で当たり前にやっている事を、意識して「できた」という思考に変えてみてください。

それだけでも、自分の思考エネルギーの流れる先は変わります。

 

(自分の自信を取り戻す視点は、こちらの記事もどうぞ!

「まずは自分を満たすと必要なものはそろう。」