受け取りを許可するから循環の中に入っていける理由。

循環には、受け取ってください。

それを許可するのも、拒否するのも自分自身なのです。

 

受け取り上手になれば、

アナタはいろんな経験を受け取れるのです。

 

それを思い出してください。

 

誰でも受け取ることができます。

モノもコトもすべて受け取れるのです。

そこに何か自分の価値観を持っているから、受け取れない状況を作ってしまうのです。

 

例えば、

「自分には受け取る資格がない。」

「受け取る自信がない。」

「してもらうのは、自分が非力だと感じる。」

などなど、挙げればキリがないですが、その価値観がブレーキをかけているのです。

 

本来、ブレーキをかけなければ、すべてを受け取ることができます。

それを思い出してください。

 

どんどん受け取ってみてください。

 

「ありがとう。」

と、素直に受け取ってみてください。

とても気持ちの良い関係を作ることができます。

(これが”提供し合う社会”にもつながっていくのですが)

 

もし、

アナタが受け取れる状態にいるのに、受け取らなかったらどうなるでしょうか??

それも考えてみてくださいね。

 

循環というのは、

提供することも大事ですが、

受け取れるということも大事です。

 

そのバランスが崩れると、しんどくなります。

空気を吸うばかりでも、

吐くばかりでもしんどいのは、想像できますよね。

 

それと同じです。

 

空気を吸って吐く。

これも循環です。

 

そして、

空気がなくなると心配することはありませんよね。

それは循環することを確信しているからなのです。

 

ということは、

どんなことでも、空気と同じような感覚を持つことができれば、

循環していると感じないで循環できている状態、

当たり前すぎてそんなことは考えない状態になります。

 

それこそ、受け取る許可も拒否もない世界です。

 

当たり前に提供して、

当たり前に受け取る。

 

そこには価値観が一切ありません。

価値観をつけるから、おかしいことになるのです。

 

出来事に意味はないことも思い出してください。

すべての現実は自分で作っているのですから。

 

だから、まずは、受け取ることを当たり前にしてみてください。

「いつもはもらわないけど、もらってみる。」

これもどんなことが起こるか?を体験出来るきっかけですよ。

 

関連記事

「好きなことを具体的にイメージできるから現実化します。」

「良いも悪いもすべて自分にとって必要な出来事である理由。」

「役割に特別な意味はないから、偉い人なんていない。」

「お金の正しい循環なんてものはない!循環はしているもの。」

「どんな些細な違和感も隠すことはできない理由。」

 

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』