意識して選択肢を選んでみる。

 

自分の選んでいるものを意識してみることが大切です。

 

無意識に選んでいることを、

意識的に選ぶようにするだけでも、

「自分がなぜ、今の現実を体験しているのか?」

その原因がわかるようになってきます。

 

 

”思考が先、現実があと”なので、

自分の感じたこと・選んだことを、現実に創造していきます。

 

 

そして、

それは自分にとって都合のいいようには動いてくれることはなく、

自分の本音が思ったとおりの現実になるのです。

 

 

例えば、

本当は食べたいと思ったのに、

値段を見て食べなかったとします。

 

これは「我慢をする」「不安」という思考になるので、

次の現実も我慢や不安を体験する現実を作り出していきます。

 

だから、いつまで経っても、

食べたいものは食べられませんし、

満足感も得られなくなります。

 

 

それは、食べ物を食べることだけに当てはまるのではなく、

すべてのことが同じなのです。

 

 

自分の本音とは違うことを選ぶのを辞めてみるだけでも、

今までとは違った現実や体験、感覚を得ることができます。

 

 

自分の中が満たされること、

身体がフワッと温かくなることを、

意識的に感じることを選んでみてください。

 

 

「本当はこうしたい。」

と思うことにフォーカスしてみるだけでも、

「どうすればそれができるのか?」というアイデアが見えてきます。

 

 

本音を感じて、

本音から来るアイデアを感じることができれば、

前に進むことができます。

 

前に進めば、また次のアイデアが見えてくるので、

そのアイデアを実行することができます。

(アイディアについてはこちらの記事もどうぞ

「閃きやアイディアは夢を実現するサイン。」

 

 

そうやって、意識的に現実を作っていくことができるので、

自分で自分の現実を作っていることも、はっきりわかるようになるのです。

 

 

すべて自分で選んでいます。

意識的にも、

無意識的にも、

選んでいないものはありません。

 

 

選んでいなければ、自分の目の前の現実として起こることはないのです。

 

どんなことも、

自分が選んでいるのであれば、

せっかく選べるのであれば、

自分の楽しいことを、意識的に選んでみてはどうですか?

と思います。

 

 

自分のご機嫌で、楽しいことを意識的に選ぶことで、

自信がつきます。

 

自分で自分の答えを決めることにも慣れてきます。

だから、どんな現実でも引き寄せることは簡単なのです。

(軽い世界についてはこちらの記事もどうぞ

「5次元はどこにある?」

 

 

どんな小さな選択も、

意識的に選んでみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・ブロガー 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。